goods and life +

WordPress の replytocom の問題を解決する方法

監視対象の URL 増えてませんか…(´・ω・`)?

WordPress を使ったブログでコメント欄を開放していて、記事にコメントがついている場合、Google ウェブマスター ツールで、「クロール」→「URL パラメータ」を開いてみると、パラメータ replytocom のところの監視対象の URL が増えてません?

もし、こんなふうにパラメータ「replytocom」の監視対象の URL がたくさんあるなら…

監視対象のURL

何も指定していない場合、もしかしたら同じページが無駄に重複になっているかも。

以前に、WordPress の replytocom の問題を解決するというプラグインを入れてみたことがあるんですけど、なぜか特に効果が見えず、パッとしなかったので削除したんですけど、よく考えると、いっそクロールしないようにしてしまえばいいだけじゃないのかと。
もし重複になっているなら、クロールさせないようにしましょう。
…てことでやってみました。

replytocom の問題を解決する方法

・URLパラメータを設定する
replytocom の URL形式が重複してクロールされている場合、Googlebot にクロールさせないようにパラメータを設定できます。

Google ウェブマスター ツール → 「クロール」→「URL パラメータ」のページを開き、パラメータ replytocom の行にある「編集/リセット」の「編集」をクリックし、以下のように設定することでクロールさせないようにできるので、replytocom の重複の問題は起こらなくなります。

パラメータ:replytocom
このパラメータで、ユーザーに表示されるページ コンテンツが変化しますか?
→「はい」を選びます。

このパラメータがページのコンテンツに与える影響を選択してください。
→「ページ指定」を選びます。

このパラメータを含む URL のうち、Googlebot でクロールする URL を選択してください。
→「クロールしない」を選びます。
(Googlebot からコンテンツを隠すことができます。パラメータの他の設定よりも優先されます)

この設定で保存すれば、パラメータ replytocom をクロールしない指示が出来ます。

replytocom をクロールしない

これで、パラメータがついているだけで全く同じページを重複してクロールしなくなるので、Googlebot はサイトをより効率的にクロールできるようになります。
クロールしない指定をする前にすでに重複の扱いになっているものは、時間とともにそのうち消えてくれるはずです。
というかしばらく時間が必要だけどその後放置でこの問題は消えてくれました。

…というお話なのさ

Configuring URL Parameters in Webmaster Tools

わりと簡単〜(*゜▽゜*)♪

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top