goods and life +

たまに雪が積もるときれいかも♪

寒いけどね (*゜▽゜*)♪

京都雪だ!、このところの雪は結構積もるタイプの雪質なのかもしれないです。
鉄塔とかにもべたっとへばりついてるみたな感じだし、パラパラしてないというか。
日中の日差しがあっても簡単に溶けてないみたいだし、溶けた雪が冷えて固まってたり、凍ってなくても硬く踏み固められてたら足元がけっこう危ない。

賀茂御祖神社かもみおやじんじゃ、通称、下鴨神社にお出かけしようと思って観月橋駅の近くまで来たら、橋の歩道の上の雪が踏み固められてほとんど凍ってる、みたいなことになってて危なかった(笑)

観月橋から見える宇治川の景色もこんなことになってて、寒い。

観月橋の駅の近くの宇治川

でも電車に乗ったらもう寒くないし、って感じで。
出町柳に到着したら、目の前の鴨川デルタがこんなことに…

鴨川デルタ

川の上流、「法」の字はもう見えない、貴船の山の方もすごいことになってそうな予感。

北側の山

「大」の字も白い、スキー場かと。
これじゃスカイライトか UV かサーキュラー PLフィルタがいりますね。

送り火・大文字

鴨川デルタに上陸、なんかでかいピカチュウかジバニャンかこれは…

鴨川デルタ

鴨川デルタではなぜかスズメが餌探すのに必死。
厳寒に備えて切羽詰まってる割には雪で遊んでるようなのもいて、わりとかわいい。

雲が途切れたら、ときどき青空が覗く感じです。でかいのもたくさん飛んでる。

青空と鳶

なんか気持ちいい。

青空と葉っぱ

鴨川が冬景色、ここはどこ?って感じ。

鴨川冬景色

川にはいつもの鴨とか鷺とか鵜とか鳶とか。
鳥は寒くても水が冷たくてもあんま関係ないのね。

高野川沿いにある木に実がいっぱいついてた。

高野川沿いにある木

この木はなんていうんだろうなー、知らない。

高野川沿いにある木

糺の森に入ったところすぐの河合神社の屋根はすごい雪が積もってました。
あと、今日は糺の森の中に食べ物関係の屋台がびっしりでちょっとイカ臭かった(笑)
森の中を流れる小川も冷たそう。

糺の森を流れる小川

時々紅葉が雪の上に落ちてるのがすごい可愛かったりする。

途中で焚き火をやってて暖をとる人がいっぱいいて、焚き火なんて何年ぶりだろう…。
木が燃えてるのに不思議と臭くないんですよね、糺ノ森の木の焚き火。
よく乾燥させてるからなのかもしれないけど、いい感じで燃えて暖かい。

焚き火

あっという間に下鴨神社に到着、式年遷宮のためのお白石が雪の下に。

お白石

さざれ石にはそんなに積もってないですね。

さざれ石

もう少しで楼門。

下鴨神社楼門

と思ったら門の前もその奥の拝殿への入り口にもいっぱい人が並んでるし。

下鴨神社楼門前

未年のデカい絵馬、賀茂御祖神社って書いてあります、こっちが本当の名前です。
いっそのこと下鴨神社って呼ぶのをやめたらいいのにね。
左側に見えてる「入口専用」って書いてあるところを過ぎたら本殿、大混雑中。

賀茂御祖神社絵馬

ときどき雪がドシャっと落ちてきます。
糺の森の中でも罰ゲームのように頭から雪をかぶっちゃう人がわりといておかしかった。

雪が落ちてくる

境内にはいろんな種類の植栽があるんだけど、この赤い実が雪と馴染んで綺麗だった。

赤い実
赤い実アップ

雪に朱色、綺麗でした。
この輪橋上流は御手洗池で、みたらし祭の足つけ神事のときはこの御手洗川の中を裸足で歩いて、井上社の献灯台に灯明します。
御手洗池のあぶくがみたらし団子の語源だったりします、みたらし団子大好き。

ここに掲載した写真は全部 Leica D-LUX (Typ 109) の「風景モード」で jpg 撮って出し。
このカメラ、暗い場所でもよく写るんですけど明るい曇り空の時もいい感じ。
風景モードじゃなくて、普通にナチュラルでもよかったのかもしれない、というか、ちゃんと撮るなら RAW がおすすめ。

下鴨神社は京阪の出町柳で降りてちょいと歩くだけ、だけど京都はまた今夜も雪が積もってるので、ちょっとたびとはきものでは厳しいかもしれない。
出町柳駅からバスに乗れば金閣寺や銀閣寺なんかもすぐですし。

初詣がまだの人におすすめ(*゜▽゜*)♪

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top