goods and life +

お正月名物「死後裁きに会う」

こいつらなんなの (´・ω・)?

お正月といえば…
大きめの神社周辺でだいたい見かける初詣の頃のいやな風物詩「人は死後裁きに会う」がきっちりいてました。
もうね、そのテープやかましいし、邪魔やし。

死後裁きに会う

なんでいきなりこんなとこでテープ流してんのよ?

うるさいし、動けないのわかってやってるんだな〜これ。
迷惑じゃないですか、ヘブル人への手紙9章27節ですか、正しい行いですか、攻撃的じゃないですか、ああそうですかそうなんですか。

お正月早々 TPO とか全くわきまえない胡散臭い人らにあれこれ言われる筋合いなんて誰にもないはずですし、ほとんど嫌がらせ目的にしか見えないんですけど(笑)
てかほんとに道路使用許可とってるのかと、見せてみろと。

ていうか、それが何であっても「求めてない人に強制配布」するのはスパマーの行動、キャッチと変わらんというか、迷惑防止条例とかでなんとかできないのかなこれ?

もしかして昭和のサラ金の看板が廃屋に貼ってあるところなんかに「神と和解せよ」とか貼っておどろおどろしい雰囲気出してるのってここなんじゃね?
なんていうか、喜びではなくほの暗い想念が伝わってくるしヤバいっすよ!


 

(…いきなり愚痴ってますが、最後の方にこっそり綺麗な写真も置いときます)

とにかく三が日って動けないわ!
ていうか、人多いのでちょっとずつしか進みません。
みんなが動けないこの状態を見越して変なテープ回してやがるな、と(笑)

伏見稲荷大社人気ありすぎワロタw
今日は踏切のずいぶん手前、お京阪の伏見稲荷駅をでたところあたりから警備員が複数立ってて、道を真ん中で割って右側通行です。

そういえばちょっと前に駅にもこういう案内が出てました。

参道は右側通行

やっと JR踏切の遮断機が開いたとおもったら今日は神幸道(裏参道)へは直進できない。
道路も右側に迂回するようになってて、なにもかもすべてが右側通行の日。

右へ曲がって JR稲荷駅のある方へ、普段見かけないお店の呼び込みがやかましい。
見かけた記憶にないだけに胡散臭い、呼び込みのおっさんも胡散臭い。
駅前の最初の大鳥居をくぐって表参道へ、これがまた動かない。

動けない

それもそのはず、人が多いだけじゃなくて表参道すべてが屋台で埋め尽くされてすごいことになってる、しかし今は屋台を選んでる余裕なし(笑)

動けないぞ

楼門の入り口付近では警備員が誘導、御手水はちょっと待てばちゃんと使えました。

動けないって

楼門をくぐるとそこで勝手に広がらないように誘導のテープと三角コーンがあって、外拝殿の手前で左右に分かれるようになってました。

外拝殿の手前で左右に分かれる

なんとなくというか仕方なしに左に流されてみる、動かない。

外拝殿の手前で左右に分かれる-2

外拝殿を通り過ぎると階段のところで結局また合流するんですけど、動かない。

階段のところで合流

やっと本殿の前まで来れた、結構時間かかりました(笑)
この時期、混雑と危険防止の観点からガラガラの鈴と鈴緒は全て外されてます。
この辺りで、注連飾りの稲が稲か稲でないか論争をずっと繰り広げてるおじさんたちがいたんですけど、どう見ても稲です。

やっと本殿

この辺でも本殿で参拝後の人が通ることもできないくらい後ろからせっかちに詰めてくる人がいるので、警備員が「人が通れるスペースを詰めないであけてください」って旨をずっとアナウンスして頑張ってくれています。
というかちょいキレかけ?

相変わらずものすごい人気、いいことなんだけど。
とはいっても、さすがに奥社奉拝所を過ぎたらわりと普通に歩けます。

わりと普通に歩けます

この辺まで来るともう普通に歩ける感じ。

普通に歩けます
熊鷹社を越すあたりからまあまあ普通に歩けます

新池のほとりにある何かの実と雪解け雫がかわいかった。

新池のほとりにある何かの実と雪解け雫

葉っぱよりも小さいお塚が半分雪に埋もれてた。

葉っぱよりも小さいお塚

熊鷹社の朝・日中・夜、そして真夜中

  • 熊鷹社の朝

四ツ辻を越したあたりの夕焼け時、街にあかりが灯り始める頃。
こういうのがずっと普通だと思ってたけど普通じゃなかった、贅沢ですよね。

雪と葉っぱと風のアート、雪の上のもみじの落ち葉がかわいかった。

雪と月明かりの静かな夜

夜になっても人気。

夜になっても人気

どうですか?、美しいでしょ。
いろんなものが見える伏見稲荷大社、参集殿の和風御膳もおいしいよ。
お正月の時期はお食事処いなりのカレー(家庭のママ風のものすごい普通のカレー)がメニューにないのがちょっと残念だけどまあしょうがない。
明日5日は大山祭、稲荷山七神蹟の外玉垣に注連縄を張る注連張神事が行われます。

伏見稲荷大社って毎日のように違った表情を見ることができるというか、そういうところ。
何を感じ取るかはその人しだい。

来なくていい人まで来てるのは何故なんだろ?
けど、ぶっちゃけ正直言ってなんかすげえマナーの悪いというか常識が通用していない人が年々増えてる感じなのだなー、特にこの何年かで。
千本鳥居は二手に分かれてて、この時期は右側通行してくださいって大きく掲示してあってもそれでも逆行してたりするしね〜、どうなんだろ。

あと馬鹿みたいに大声とか奇声出すのもいるし、いいからもう騒ぐなとマジうるさいわと。
普通はお山の参道を歩いてたら鳥のさえずりやら葉っぱや木の枝やら木の実が落ちる音やら沢の音が聞こえるようなところなんです、それがもうやかましい声しか聞こえないのはおかしいでしょ、大声出さないと耳が聞こえない老人でもあんなうるさくないわと。

それとちょっとありえないような人までが来てる、来なくていい。
どういう気持ちで来てんのかわかんないけど、そこらに使い捨てカイロとかティッシュとか飴の袋とかポイポイ捨ててあるし、悪質な落書きや、神域の樹木を傷つけて彫り込んだ落書きも増えてるし、沢の土手に缶コーヒーの空き缶が投げ捨てられてる。
いままではこういうのはなかったし。

最近になって、手すりや設備などのファニチュアにはスラム街のようなスプレーの落書きやらインクペンを使った落書きもある、空き缶、ペットボトル、ゴミ、お菓子の包み紙、ティッシュペーパー、袋をポイ捨てするキチガイ、これヤバい。

こういうの、これはヤバい、こういう民度の人が来るのはヤバい。
こんなの今までなかったもんね。

  • スプレー、こいつは手首か腕が捥げたほうがいいですね。

神域の植物に汚らしい落書きを刻み込むキチガイも来てる、これほんとマジキチの所業。
これはヤバい、器物損壊の犯罪でもあるし頭おかしい人が来るのヤバいヤバい。

ところどころ設置してある道案内の看板にも気色の悪いシール、一時あっちこっちに貼られてた例の力士シールみたいな気色悪いのが貼られてる所もあったりするし、他人や会社が奉納した鳥居に自分の千社札を貼り付ける馬鹿もいるし。
この手の環境悪化はマジでヤバい、もうそろそろゆるいのは限界じゃない?

あと参道の鳥居の下って幅が狭いのに、それでも横に広がったまま無理やり並んで歩いてて場所を全く譲らない人とかも増えてたりして、それもしあなたがどかなかったら前から来てる人とか後ろから先に行く人とかどうすんのよ?って思わないのかなあ。
…って思って見てたら案の定ぶつかってるんですよね、そらぶつかるわと。

もうね、てかむしろそれはわざとやってるのかと、流れ読めよと。
ひょっとしてそもそも邪魔になってるってことが普通にわかんないのかなあと。
わかんないんだろうなあ、もうやばい感じっすこれ(笑)

あと、いついかなる時でも「私の弟子ガー」の「弟子」というのはどこにもいませんよね。

よしなに(*゜▽゜*)♪

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top