goods and life +

週末はぼっちでも楽しい花灯路の世界

なーんてね(*゜▽゜*)♪

歩くのが嫌だったら人力車に乗ればいいじゃない!

京都・花灯路は 3月15日(日曜日)で終わっちゃいます。
京都の夜はまだちょっと寒いかもしれないけど、歩くと楽しいし、知らない間に結構な距離を歩いてウォーキングにもなるし、いいことづくめ。

清水寺から八坂神社のさらにむこうまで歩けんのか?って思うかもしれないけど、案外ゆるゆる歩けるもんだったりするですよ。

花灯路の点灯時間は午後6時〜9時30分

場所はこのあたり。
ぼっちでも楽しいとおもわれ。

花灯路

古いレンズも楽しい

写真は 50年前のライカレンズ SUMMIILUX と X-Pro1 という爺くさいデザインのカメラとの組み合わせで撮ってみました。
あんまりうまくいかなかったのもたくさんあるけど…。

X-Pro1+summilux

暗くても明るく撮れるよう開放に近い絞りだったので焦点が合う範囲がわりとせまめ、同じ開放側でも Typ 109 のような現代的なシャープさはなくて少し柔らかめですけど、濃いというか、暗いところでも色乗りが良いだとか合焦した中心部付近の透明感やシャープさが醸し出す立体感は健在。

今のレンズと違ってフレアやコマ収差は出やすいですけど、こんな感じでガウスレンズも楽しくてまだまだ使えるよって気がします、そうそう作れないいいレンズ。

オールドレンズを使うとカメラ本体側は実は何もしてくれない。
何もかもマニュアルになって夜の手持ちでは結構使いにくいんだけど、使わないと美味しいところとか、逆にカメラ側の設定の何がダメなのかとかそこらも使って絵を出して慣れないとなーってのもあるのでとりあえず無理に使ってみました。

ISOの数字をもっと大きくしてシャッタースピードをあげないとダメっぽいのかなと。
ローパスレスだから暗いのにシャッタースピードが遅いとブレも目立つというか。
さすがに寒すぎる日はカメラ本体側にブレ防止機能が欲しいですけど…。

家電臭がしないフィルムカメラのような渋いルックス、フジのXマウント用のマウンターを使えばオールドレンズだって楽しめます。

FUJIFILM X-Pro1 のガイドブックのページがあったりします。
http://fujifilm-x.com/app/x-pro1/ja/

ガイドブックは iPad専用のアプリだと便利です。

ゆるゆる歩くのマジおすすめ(*゜▽゜*)♪

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top