goods and life +

クラウド対応 ネットワーク RAIDケースが便利 -3

クラウド対応ネットワークRAIDケースRS-EC32-CLD (゜▽゜)♪

Connect をクリックして Ratoc Cloud Disk にログインしたら、はじめにディスクのフォーマットをおこないます。
RS-EC32-CLD を USB接続で使用する前に、必ず LAN接続で設定と HDD フォーマットをおこなう必要があります。
対応しているファイルシステムは exFAT です。

Windows XP を使って exFAT フォーマットをおこなう場合は、最新の Service Pack をインストールする必要があります。

Windows XP 用の更新プログラム(KB955704)を適用すると、exFAT ファイル システム形式のサポートが追加されます。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=19364

設定をクリック

NetTool – v1.3 で Connect をクリックすると、Ratoc Cloud Disk にログインできます。
Ratoc Cloud Disk はブラウザで動作します。

Ratoc Cloud Disk

画面右側にあるギヤのマーク(設定)をクリックするとユーザー名とパスワードを要求されますので、説明書にある初期設定状態のユーザー名とパスワードを入力し、OK をクリックしてログインします。

Ratoc Cloud Disk にログインする

ハードディスクのフォーマット

設定をクリックし、ユーザー名とパスワードを入力すると Ratoc Cloud Disk にログインします。
上部に表示されている左から2番め、システム設定のアイコンにカーソルをあわせ、メンテナンスをクリックします。
左端のディスクタブを選択し、フォーマット開始をクリックします。

フォーマット

フォーマット開始ボタンをクリックすると、

/exFAT フォーマット

ハードディスクをフォーマットしてすべてのデータを削除します。
よろしいですか?
(((3)))
ハードディスクをフォーマットしてすべてのデータを削除します。
よろしいですか?
(((2)))
ハードディスクをフォーマットしてすべてのデータを削除します。
よろしいですか?
(((1)))

フォーマット確認のアラートが計3回表示されるので、すべてOKをクリック(( °ω°))
1~2秒で初期化され、『初期化完了!』のアラートが表示されるのでOKをクリック。

初期化完了

これでハードディスクの exFAT フォーマットが完了しました。

LEDが消えている事を確認する

この時、RS-EC32-CLD 本体の HDD 残量 LED(下側にある2つ)が両方とも点滅(未フォーマット)から消灯に変わっている事を確認します。
HDD の使用量が 50% を超えると一番下の LED が点灯、下から二番目の LED は HDD の使用量 100% で点灯するようになっています。

ハードディスク情報を確認する

画面左下あたりに表示される「ハードディスク情報」の欄に、設定した RAID モードとディスクの容量が正しく表示されていることを確認します。

 RAID モードとディスクの容量の表示を確認

ここまでで RS-EC32-CLD の初期設定はすべて完了です♪

Mac の場合、Finder 環境設定のサイドバーのところから、サイドバーに表示する項目として bonjour コンピューターにチェックを入れておくと、Finder のサイドバーの共有のところに RS-EC32-CLD がマウントされているのが見えます。

 Finder 環境設定

ただし、まだ RS-EC32-CLD のホスト名を設定していない状態のため、サイドバーに現れる RS-EC32-CLD の機器の名前は MACアドレスの文字列で表示されます。
名前(ホスト名のことです)の設定は Ratoc Cloud Disk の「システム設定」→「システム情報」→「名称設定」のところからおこなえます。

PUBLIC フォルダ

初期状態のこの時点でもアクセス可能な「PUBLIC」という名前のフォルダが用意されています。

説明に使ったスクリーンショットは Mac のものですが、Windows や仮想環境の VMware Fusion 5 で起動しているWindows からも同じように Ratoc Cloud Disk の操作がおこなえます。

仮想環境のWindows 7
こまでで RS-EC32-CLD の初期設定はすべて完了
NetTool で Connect をクリックし、ブラウザから Ratoc Cloud Disk にログインします。
exFAT フォーマットでディスクのフォーマットをおこないます。
自分で設定している RAID モードと、ディスクの容量を確認します。

クラウド対応 ネットワークRAIDケース(3.5インチHDD2台用)
製品型番:RS-EC32-CLD
Windows 8 / 7 / Vista / XP(※32ビット/64ビット両対応)
Mac OSX 10.5以降対応

続くよ~(*゜▽゜*)♪

お買いもの忘れはないですか?

URL :
TRACKBACK URL :

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. この記事を書いた時はまだ Windows XP のサポートがあったけど、今はもうないので、Windows XP は使わないでね〜。

コメントはこちらから

Return Top