goods and life +

フレッツ 光ネクスト 隼いれたった♪

フレッツ 光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼
入れたった!(゜▽゜)♪

もともとインターネット接続に NTT のフレッツ光のハイスピードタイプを使っていて、光電話と室内 LANと、あとハブにつないだ au Wi-Fi とか使ってたんですけど、今回、フレッツ 光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼ってのを導入してみました。

ひかり電話対応機器(PR-400NE)と Mac の間の通信は 1Gbps に

PR-400NE

ちゃんと技術規格上の最大値でてます。(あたりまえだけど)

Mac のユーティリティに入っているネットワークユーティリティで見ると、Ethernet 1 のリンク速度は1Gbit/秒(あたりまえだけど)

ネットワークユーティリティ

テレビの CM ではなんか誤解を招きそうですけど、回線速度と通信速度はそもそも違うものなので、NTT のページにはこんなことが書いてあります。

最大概ね1Gbpsとは、技術規格上の最大値であり、お客さま宅内での実効速度を示すものではありません。インターネットご利用時の速度は、お客さまのご利用環境やご利用状況によっては、数Mbpsになる場合があります。

回線速度と通信速度
大袈裟になりがちなテレビ CM も紛らわしくて悪いんでしょうけど、回線速度と通信速度を混同した方が、Youtube を使ったネットラジオで亀とか豚とかうさぎとかバカなこと言ってますけど、あれも鵜呑みにして信じちゃダメですよ。
ほんとのことをいうと、そもそも回線の速度とは「1秒間にデータを運べる能力」のことであって、「データの移動速度」のことをいってるわけではないんですし。
だから、速さを象徴するものとして、あんなふうにうさぎとか亀とか豚とかを持ち出すのも誤解に基づく間違った概念があるんだと思います。
どうせたとえを持ち出すなら、土管の φ の違いとか途中の φ の変化とか水の流量がちょろちょろとかドバーの方がマシかもしれないですよ。

とはいうものの、inali の環境では、スーパーハイスピードタイプ 隼に換えた後の実際のダウンロード速度なんかは以前より体感かなり速くなったような気がします。

そもそもインフラの拠点間のバックボーンの速さとか、トレースルート間の機器、その他の遅延など、その時の条件によってどこかでボトルネックになったりそうでなかったり変化したりするのがあたりまえなので、スピードテストの数字とかはちょっとあんまりアテになりませんが、上り(アップロード)と下り (ダウンロード) の速度は一応こんな感じになりました。

radish.com でテストした場合

1.測定サーバーが大阪-新町の場合

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 – Test Report ===
使用回線:NTT西 フレッツ 光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼
プロバイダ:B社
測定地:京都府京都市○○区

測定条件
 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度:182.8Mbps (22.86MByte/sec) 測定品質:96.3
上り回線
 速度:199.0Mbps (24.87MByte/sec) 測定品質:99.8
測定者ホスト:*******************.○○○.○○○○.○○.jp
測定サーバー:大阪-新町
測定時刻:2013/7/8(Mon) 3:21

測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/

 

2.測定サーバーが東京-WebARENAの場合

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 – Test Report ===
使用回線:NTT西 フレッツ 光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼
プロバイダ:B社
測定地:京都府京都市○○区

測定条件
 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度:331.4Mbps (41.43MByte/sec) 測定品質:95.2
上り回線
 速度:207.8Mbps (25.98MByte/sec) 測定品質:84.0
測定者ホスト:*******************.○○○.○○○○.○○.jp
測定サーバー:東京-WebARENA
測定時刻:2013/7/8(Mon) 3:42

測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/

 

価格コムでテストした場合

http://kakaku.com/bb/speed.asp
測定日時 :2013/07/08 03:46:48
回線種類 :光ファイバー
回線名称 :その他
プロバイダ:B社
下り速度 :97.7Mbps(97,668,627bps)
上り速度 :84.7Mbps(84,691,425bps)

 

評判がアレなBNRスピードテストだと

下り速度 :NTTPC(WebARENA)1: 92.96Mbps (11.61MB/sec)
上り速度 :38.27Mbps (4.78MB/sec)
アップロードデータ容量1000kB アップロードに要した時間 0.209秒

 

条件によってテスト結果は変わってきますけど、まあそれなりなんじゃないかな?
場所によってはもっと速い人もいてます、けど、うちの場所じゃこんな感じ。

あと、USEN(有線)のもやってみたんですけどそれぞれ数字が大きくバラバラで信用ならないというか、光のスピードテストの数字はやっぱりあんまり参考にならない感じですね。
実際、場所やプロバイダ、テストしたタイミングによってもぜんぜん違ってきてますし。
そもそも前提として光の場合特にスピードテスト結果があんまアテにならないのです。

まあでも、フレッツ光史上最高スペックのスーパーハイスピードタイプ 隼は実質的に大幅値下げで、フレッツ 光ネクスト ハイスピードタイプと価格が変わらないというか場合によっては下回る価格になってるし、トータルコストから考えても条件は悪くないし、もしかしていいんじゃないのかな~。

てかこんだけ普通に速度出てればいまのところ何事も快適で、そんなに不自由することはないかと思います、というかぶっちゃけ安定してて快適です♪

あと、何かのオマケの au Wi-Fi などの無線機器(au Wi-Fi プラネックス製 PXH11RWA)なども、間違って古い 100M時代のハブやルーター経由でつないだりしたらせっかくの性能が発揮できない感じ、ちゃんと今どきのルーター経由でつなげばちゃんと速度がでますよ、あたりまえだけど。

よかったらこの機会にどうですか?(゜▽゜)♪

お買いもの忘れはないですか?

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

Return Top