goods and life +

ウェブマスター ツールの謎

Googleウェブマスター ツールで前から気になっていた件 (*゜▽゜*)♪

Googleウェブマスターツール → 検索のデザイン → HTML の改善

ここを開くと…

Googleウェブマスター ツール・HTML の改善

メタデータの項目内に、

重複するメタデータ(descriptions)
長いメタデータ(descriptions)
短いメタデータ(descriptions)

…ってのが並んでいます。

ここの内容は検索結果のスニペットに反映されるところなので、重複や長すぎるもの、短いものがゼロになるのが理想。
というか、そうじゃないと検索者に伝わらない。
適切に扱う事で、ユーザーが検索結果ページでサイトのコンテンツの概要を確認できるようになるわけです。

SEOの基本の「キ」
ちょっと脱線で余談だけど、ウザいのがコンサルとか自称してたりするので書きます。
検索エンジンスパム行為は検索エンジンの会社のいう SEO じゃないのです。
検索意図からはずれた検索結果が出ていてもほとんど意味がなかったりしますよね。
よく知ったかぶりのバカな人がはずかしげもなく書いてる 『SEO対策の基本』、『相互リンクしましょう、コメント周りしましょう、たくさん無料ディレクトリに載せましょう、無料ブログを量産してリンクしましょう』だとか、昔はある程度通用していた検索エンジンを騙す行為、SEOってそういうものとは違います。

人が検索してるんとちゃうんかと。
意識するものは検索エンジンではなく、検索をおこなう人なんです。
検索するユーザーの検索意図とコンテンツがマッチしている場合、ユーザーにとって欲しい情報がそこにあるはず、なのに見つけてもらえない=訪問してもらえないとなると、それは非常にモッタイナイことですよね。
サイトに何が書いてあるのかを検索エンジンにより効率よく正しく伝わるようにすることで、結果的に検索するユーザーにコンテンツの存在を発見してもらえる可能性も高まる状態にできるから SEO するわけです。

無料ディレクトリとか見てる人などいない
無料ディレクトリとか相互リンク集なんて見てる検索者はいませんよね、それにそこからの被リンク効果とか期待したってほぼ無駄っぽくないですか、いまや DMOZ の各ディレクトリだって P/R が 0 になっていますし、いろいろ問題はあったものの DMOZ はディレクトリとしては一流だったんじゃないでしょうか。
Googleディレクトリは DMOZ とまったく同じだったはずですけど終わっちゃいました。

検索するきっかけ
ユーザーが検索に至る前には、検索するきっかけってのが必ずあって、そういう根底にある理由を無視して、ただ相互リンクしたり無料ディレクトリに載せたり無料ブログを量産してリンクしたところで、リンクの質を見られてるわけだし、そこにユーザーが欲しい情報・コンテンツがなければどうしようもない。
SEO セオリーが小学生のバスの中の伝言ゲームみたいにだんだん変わっていって、ただ闇雲にリンクが多ければいいみたいな感じで伝わって、いまだにそれさえやっとけば万事 OKって止まっちゃってる人が SEO対策はこうするだなんだ書いてることが多い気がします。
こういう事を書いてたところなんてもう今ほったらかしでしょ、こんなやり方は削除されるリスクばっかだし、筆者逃亡?

検索のために使う時間は少ない
検索エンジンはリンクの質もみていますし、人間だって、どうでもいいような無料ディレクトリなんてわざわざ誰もみないだろうし、そんなことやってる暇があるなら検索してます。
割合で見ると、閲覧に使う時間と比べて検索に使う時間だってすごい少ないんです。
人が来ないサイト=そもそもはじめから欲しい情報がそこにないサイトってことの方が多いんじゃないでしょうか。

普通のことを普通にやる、問題はコンテンツの中身
なぞなぞのコンテンツを作って、載せてるものは情報商材とか、そういうのは目的とコンテンツと人の検索行動いずれともマッチしませんよね。

そうなると、マーケティング的にもインバウンドなんておこらないからずっとあっちこっちにアウトバウンドし続けないと人は来ないですよね、それをやっていても結局は相手にとって需要がなければ、わざわざ興味関心のないところになんて行かないわけです。

人が来ないからその代わりにトラフィックエクスチェンジでクリック数を増やしてアクセスが増えたとかバカなことをやっていても、それは読者の訪問じゃないですからそんなの数えて喜んでても何の意味もない数で、その数からコンバージョンも発生しない、それをアクセス数だかというのも子供騙しです。
つうかバカ。

descriptions を適切に書く事はそんなスパム行為とは違って、検索ユーザーの利便性というか発見性を第一に考えてそれを実現するための手段、ターゲットユーザーに気にしてもらえる descriptions を書くことができます。
もちろんページ内容に合致していないとダメですけど。
“SEO対策”ではなくて”SEO” の一部なので、SEO に countermeasure するわけではないので、人の役に立つし、安全だし、ペナルティを喰らう理由がありません。

descriptions が長過ぎると検索結果のスニペットで文が見切れてしまうし、短すぎるとユーザーに意図が魅力的に伝わらないためクリックもされないかもしれないという意味で検索ユーザーの利便性も機会も損ねてしまいます。
その中でも、特にわざとらしくかぶらせても無駄だし、複数ページで同じような descriptions が重複する様な状態だと、検索クエリに対してそのうちのどれか一つのページだけが返されるような事になったりします、そうなると結果的にマッチングが悪くなる確率が高まる可能性もあります。

吊るしのブログでもページタイトル重複の回避や改善は可能
とはいうものの、ファンブログ含め、吊るしのソースでそのままブログを作っちゃうと、記事ページ、日付アーカイブページ、カテゴリアーカイブページ、トップページその他などで構成されていて、困った事にそれぞれのアーカイブに対してユニークかつ適切なページタイトルや descriptions を設定するような項目がなく、共用したりします。
もともとのブログの作り的にどうしても重複が起こるようになっています。

記事ページに descriptions やキーワードなどの設定がデフォでおこなえるのが WordPress で、だからマットカッツ隊長も SEO への対応とか WordPress で充分だよって発言してるわけです。
だけど WordPress で充分だよって発言は、短絡的に WordPress が最強で、WordPress じゃなきゃダメとか言っているわけでわないのです。
でも SEO の話題だと、すぐにそういうことを書く人が出てきたりしますよね。
でも、ほんのちょと対策しようという意思さえあれば、それ以外の吊るしのブログであっても、ある程度の重複を避けることはやってやれないでもないわけです。

たとえばファンブログの場合だと、おーとえすさんが以前に書いた方法で解決できます。
ファンブログのアーカイブページのタイトルにカテゴリ名を
「タイトルタグの重複」をjavascriptで回避する(ファンブログ、FC2)

ライブドアブログだと
タイトルタグの重複を改善する方法:ライブドアブログ
titleタグの重複をjavascriptで回避する対策(livedoorブログ編)

FC2ブログだと
FC2ブログがWMTで重複を注意されやすい理由

対処しようとする人がいる一方で、SEOだネットビジネス(笑)で儲けるだいってる人に限って、こういったことについていろいろ考えるどころか、被リンクガー、量産ガーとかいってますよね。
被リンクメーカーみたいなゴミ商材を作って高い値段をつけて期間限定割引今だけ!とか書いといたら、いいカモになってくれるでしょう。

ところで、ウェブマスター ツールに話を戻して…
うちにも一件厄介なのが存在してまして、対策しても消えないのです (´・ω・`)
その理由がこれ(笑)

短いメタデータ(descriptions)のあるページ

Googleウェブマスター ツール・短いメタデータ(descriptions)

で、短いメタデータ ●●● ってなに?
そんな短いものは書いた憶えがないよ!って思って問題の /archive/43/0 を見てみると…

( ゚Д゚ )ハァ?

Color Me Shop! proが! っていう記事で、以前、カーラーミーの仕様として、head の中に記述できないので、しかたなしに強引に body 以下に書くと一応動くんだよ、でも、今回各ベージのタイトル要素・メタ要素の記述が全部出来るようになったんだぜっていうことを書いていました。

その中のページ概要の例として、<meta name="description" content="●●●"> って書いてたわけです。

なんと Google ウェブマスター ツールが ●●● を短いメタデータ(descriptions)として認識している。(笑)
そう認識しちゃってる。
それがあるページが短いメタデータ(descriptions) になっているから、そこの HTML の改善をしろよって提案してるわけです。

…もしかしたら、この記事もまた『短いメタデータ(descriptions)のあるページ』としてカウントされちゃうかもしれないというリスクもあるわけですが、ま、もう移転するつもりだしいっか…。(この記事はファンブログで書かれたものです。ブログは既にここに移転済みです)

ファンブログには露骨なスパマーや質の悪いユーザーもいるので、そういう人たちにまで有効に利用されるであろう情報とかはあんまり書きたくなかったんですけど、inali ももうじきにファンブログは引っ越そうと考えているので、公開する事にしました。

ただ、引っ越した後も 301リダイレクトが使えないし、漏れなくジュースが移転出来るかどうか不明なので、半年程はブログを消さずに記事を置いておきます、たぶん。
サーバーに .htaccess が置けないブログから、新しいサイトにいい状態の移転ができたよ、って経験のある方、ぜひ教えてください。(こちらも解決済みです)

(๑•̀ㅁ•́ฅ✧ ちょっとおこってる

追記:この記事を書いたときはファンブログを使っていて、ぶっちゃけこの状態のままでWordPressにデータを写して移転したんですけど、やっぱり content=”●●●” は継承されてしまって、Googleウェブマスター ツールの「短いメタデータ(descriptions)のあるページ ページ」のところに出ていたんです。
で、あきらめて放置してたんですけど、2014年5月、やっとちゃんと認識されたようで消えました!

お買いもの忘れはないですか?

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

Return Top