goods and life +

「疲れが取れない…」そんなあなたのための鴨川ヌートリア

カピバラじゃないよ(*゜▽゜*)♪

アオサギは人馴れするのか、アオサギは食パンを食べるのか、それとも人間にもらった食パンを使って魚をおびき寄せて獲るのか?

そんな話がネット上にあったりするんですけど、ぶっちゃけアオサギって人馴れするし、食パン食べちゃうし、食パン放置してそれで魚獲ったりもするし、そんな現場を狙ってトンビもカモもやってくるし、たまにヌートリアもあらわれたりもします。

ヌートリアは癒し系

みんなカピバラとかいうけどあそこまでアホっぽい感じじゃない、そして小さい。
で、優しい目をしているというかリスっぽい感じの可愛い目をしてる。
寒くてもビーバーみたいにゆっくり泳ぎます。

泳いだ後は陸に上がって、猫が顔の周りを毛繕いするみたいな仕草をしたり。
で、そのまま寝ちゃったりして無防備すぎておバカなんだけど、これがまたかわいいんです。

大きなアオサギが近くに寄ってきたらやっぱりこわいのか、泳いで逃げちゃいます。
でも慌てていても泳ぐのは速くなかったりする。

動物って癒されますよね。
鴨川の中でも、清水五条の駅近くから出町柳の駅あたりのエリアは石の護岸だけじゃなくて、水際に植物の生えたちょっとした陸があるので、ヌートリアはそういうところが好きみたい。

だけど、ヌートリアはすごく繁殖するって理由で、鴨川で見つかったら普通に駆除されてしまうわけでなんとも忍びないです。
なんとか仙台市の八木山動物公園のようなやり方で生かしてあげることはできないのかなって思いますよ、見てて癒されるような動物だし、生きることすら許されないってのは精神的にキツい。

jpeg の圧縮具合でガタガタのブロックノイズ寸前になってますけど、空の白いところはゴミじゃなくて「三日月と金星」です。
最近少しだけ日が長くなってきたかな〜?

あなたもヌートリアで癒されみてください(*゜▽゜*)♪

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top