goods and life +

痩せたいなら週一回歩けば済むのススメ

割とマジ(*゜▽゜*)♪

inali の場合、たくさん歩いてお風呂は長めにみたいなことをやると BMI でいうとだいたい理想体重マイナス 3.4kg 程度に収まって、そこからはなぜかあんまり減らない。

BMI=体重(kg)/身長(m)²
標準体重(kg)=22(BMI標準値)×身長(m)²

歩くのに慣れたらどうってことないんですけど、問題は初めのとっつきと、あと長時間歩くのって飽きちゃうってところ。
四季の変化が十六季くらいに感じられる場所を数カ所見つけておくと、年中飽きずに楽しめると思います。

今の季節、夕方は部屋の中よりも外の方が涼しかったり。

本宮祭に御献燈するならいまのうち。

風が心地いい時間。

神馬とちいさい神馬。

陽が落ちる瞬間もきれい。

ここまでが X-Pro1 + SUMMIILUX で撮ったもの。
富士とライツのキメラはすごくいいと思うんです、ていうかもう大好き。

X-Pro1 + オールドレンズだと夜の街の灯りまでだったら充分いけるんだけど、山の中の暗さで、動くものとなるとちょっと辛い。
JPEG+RAW で撮る場合拡張ISOが使えない制限がある仕様ってのは地味にアカンと思う。
ここからは下はそういう制限のない Typ109 を使いました。

 

Typ109 の場合、時代の差というか X-Pro1 では普通に撮影出来ない状況でも手持ちで撮れて当たり前って感じで、特に真っ暗だとシャッターのショックの軽さや ISO値が高くなった時の処理性能の違いがもろに出る感じで扱いやすい。

そのかわり、ほぼ近い画角で撮ってもマイクロフォーサーズっぽい立体感しか出せない。
微妙なパースの違いというかディテールの力強さというか、そういうのは画素数とか関係なく撮像素子のサイズが違うと同じような画素数であっても1画素あたりの受光面積も違うしボケ方も変わってくるし、結果的にニュアンスの差が出てくるのは確かで、直接比べてみると素子のサイズが小さいものの画力というか、ボケを含める全体の表現性は若干見劣りしますよね。

陽が落ちだすと一気に暗くなる、今日はとても静か。
ガリガリする。

いつもより下の方まで降りて来てた甘えたさん。

背中の毛を立てる時は何かを感じた時。

中空のなにかに向かって吠えてみる。

見守るやつ。

どの猫もこの場所から凝視する方向は決まってこうだったり。

ちょっとオヤジっぽいのに観察される。

こっそり降りてきて二足歩行しそうな勢いでこっち見てるオヤジっぽいの。
このウサギのような格好(笑)

この後ろの山からは、時折いろんな音と気配がします。
音と気配の方向を凝視するちっこいのちゃん、この表情(笑)

見えている、聴こえている、やさしい時間。
音と気配の方向が気になる三毛のこ。

涼しい。

めずらしいくらい特別に静かな日。

いっぱい歩くには靴はスニーカーの一択なんですけど、普通よりもソールが早くちびてくるので基本的にニューバランスのやっすいのでOK、山に行くのならエアマックスみたいな軽いのよりも、ちょっとクッションが固めのものがオススメ。
ちょい重いけど、最近は街中でもキャラバンシューズ履いてたりします。
MERRELLのゴアテックスシューズなら雨でもわりと快適です。

あと、うろうろする時ってちょっとしたバッグも必要だけど、バッグは肩掛けも斜め掛けも両方できて、いざって時には両手をフリーにできる丈夫で軽いものが腰への負担も少なくできて一番だと思います。

いいなあ静かな日。(*゜▽゜*)♪

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top