goods and life +

いまさら聞けない「旧暦の七夕の時期」超入門

「京の七夕」京都肉あたれ!、京都肉あたれ!!(*゜▽゜*)♪

いま灼熱の京都の各地で行われている「京の七夕」。
堀川や鴨川のイベントだけではなくて、神社や寺院でも行われています。
てことで、この時期だけの特別な催しがあったりもするし、暑いけど京都に旅行に来てみてください、人生は旅とかっていいますし、旅行旅行!

「京の七夕」は旧暦の七夕の時期に合わせておこなわれるのでこの時期ということなんだけど、堀川や鴨川のイベントは 8月1日(土)~10日(月)の間、まあ旅行のついでにどうぞって感じの夕方からの軽めのイベントなんですけどね。

 

旧暦の七夕の時期とは?

二十四節気の処暑(しょしょ=太陽黄経が150度になる瞬間)を含む日かそれよりも前で、処暑に最も近い朔(さく=新月)の瞬間を含む日から数えて7日目が「伝統的七夕」の日です。

国立天文台が公表している旧暦の七夕の時期

旧暦の七夕=「伝統的七夕」は 2015年の場合 8月20日になっていますけど、細かいことは気にしない。
そもそも新暦の 7月7日は梅雨の最中だし、星なんて運が良くなければ見えないのです。
旧暦の 7月7日は 8月の初旬〜中旬だし天気がいい確率も高いし。

 

ここは三条大橋のたもと、先斗町歌舞練場のあたり。
あれ、なんか見たことある…。

…と思ったらこのあいだの各県人会の出店ブースがすごい楽しかった「鴨川納涼」が「京の七夕」に早変わりしたような、なんだかなーと。

灼熱の鴨川西岸に七夕飾りが靡くだけ、笹の葉もしおしお!
紫外線と熱波ガー

先斗町歌舞練場に 京の七夕・舞妓茶屋なんてのもできてる。
夜になるとここでビイルをキューッといけるわけですね?

…お昼は七夕飾りがあるだけみたいなので、ちょっと先に八坂さんへお邪魔します。

 

京の七夕、神社や寺院ではこんな感じ。
清水寺の七夕笹飾りは 8月3日で終わっちゃいましたけど、六道珍皇寺の六道まいり、晴明神社の夜間拝観、石清水八幡宮の願い笹の設置、北野天満宮の北野七夕祭は 8月10日まで行われています。
ちなみに石清水八幡宮の願い笹ってのは八幡やわたの男山の竹で作られていて、エジソンが電球を発明した材料だったりしますし(関係ない)。

あと貴船神社の七夕笹飾りライトアップが 15日まで、高台寺の夜間特別拝観、圓徳院の夕暮れからの特別拝観(要予約)も 18日まで行われています。
八坂神社の冷泉家の七夕のおはなし、七夕 夕涼みコンサートは 8月7日だけです、明日!

いま八坂神社では婦人会による願い事の受付をやってます、今でしょ!(古るw)

ここで願い事を書いたものが、

舞殿の周りに用意された笹に飾られて〜、

みんなの願いが叶いますようにー。て、恋ばっかりか!

相変わらず世界中から観光客が多い…、日本の観光客がんばれ、国内旅行国内旅行!

…みんなが願い事を書いてるうちに、美容水と御神水でごにょごにょしました。

日が暮れかけてても人が多いんだけど、みんなわりと群れてるんだな。
でも寺社仏閣とかは少人数か、それか誰にも邪魔されないひっそりひとり旅もおすすめ。

 

お天気のいい日、夕刻になると西の空が美しいことが多いのが八坂神社。
あんま群れてるとこういう瞬間に気がつかない人が多いみたい、もったいない。
これは舞殿と本殿の間。

舞殿。
光芒のなかに白い龍がいるみたいにも見える。

フェニックスみたいに見えた瞬間。

西楼門のマジカルアワー。

光は短時間で刻々と表情を変えてしまう。

バカみたいな高さの建物なんてない京都の空、夕方ふと気になった時は西の空をチェック。
西楼門から外に出れば祇園四条の街、南楼門から出れば東山情緒たっぷりの清水道。
東側から出ればそこは円山公園です、まあ便利!

 

 

…てことで、いい時間になったのでまた鴨川会場まで戻ってみました

 

京の七夕願いごとキャンペーン
京の七夕願いごとキャンペーンは「願い」を 8月16日(日)の五山送り火や清水寺でお焚き上げして天へ届けます、というキャンペーン企画。
インターネットで応募の場合は事務局で印刷したものをお焚き上げ、応募締切は 8月10日(月)、郵送の場合は10日必着です。

しかも 8月10日(月)までに「願い」をお寄せいただいた方の中から京都の特産品(ブランド京都肉1kg・夏の京野菜セット・京都銘菓など)を合計25名にプレゼント、という太っ腹だ、京都肉あたれ!、京都肉あたれやお願いします。

ふと気になった時は西の空もチェック(*゜▽゜*)♪

お買いもの忘れはないですか?

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. ブランド京都肉も夏の京野菜セットも京都銘菓もかすりもしなかったわ、残念。

コメントはこちらから

Return Top