goods and life +

よろしい、ならば新しい歌舞伎体験だ

…(´・ω・`)?

Wonder Kabuki Theater in 京都南座 てことで今こんなことになってる。

自分たちが読める文字が大書きしてあるからなのか、英語圏の人間の反応は結構あって、あれはなんだ?って感じで興味津々でカメラやスマホで写真撮る人も多いんだけど、実際どんなことやってるんだろ?

…って思ったら、ここ歌舞伎発祥の地で、市川染五郎のラスベガス公演凱旋記念でした。
事前にチケットを抽選で配布しておいて、20日に「2020年に向けて、新しい歌舞伎体験を考える」というトークセッションなどがあった模様。

http://www.kabuki-bito.jp/news/2015/10/post_1505.html
パナソニックの新技術を劇場に適用するなどの新しい試みで、観劇も演出もより楽しく便利に進化する、ってところの紹介もありーの。

 

ラスベガス公演はこういうの、素晴らしいじゃないですか。
市川染五郎「鯉つかみ」+パナソニック プロジェクション in ラスベガス

ラスベガスの広い会場、というか、アメリカという広いな国ならではのスケール感というか、日本や欧州の劇場とは異質の空間、しかも屋外。
スケールに比例していくというか、変化するスケールに積極的に合わせられついてく歌舞伎って、新しいというか新奇というか、伝統芸からイリュージョンになっていくみたいで面白いですよね。

 

でもなんだこれ?
で、このトークセッションて、このイベントの直前に「官邸前に本物の民主主義が立ち現れているのかもしれません」だとか、いい歳してるくせに堂々と民主主義のはき違えをやらかすような、反原発ライブなどに出てたりする いとうせいこう が司会で。
同じくこのイベント直前に「靖国神社はヒトラーの墓と同じ」とか無茶苦茶な発言で大炎上しちゃうような、まともな日本の歴史認識を持ち合わせていない 春香クリスティーンが出演。

 

てかね、官邸前に集まって騒いでたのって偏差値28だとか、暴力事件の前科者の刺青集団だとか、極左暴力集団がその時だけ名前を変えて活動してるみたいなのだとか、その他も犯罪者予備軍ばっかでしょ、個人データ集めて脅迫に使うみたいなことやってる人たちだとか。

…で、中指を立てながら騒ぐ、煩いだけで中身もない。
普通に生活してる人から見たらあれはなんの特異集団なのって感じなんですけど。
どこらへんが本物の民主主義なのかと、全く関係ないやん、呆れる。
というか、その活動に金出してるのがどこなのか考えたらわかりそうなもんだけど。

 

どうしてこうなった?
歌舞伎の凱旋なのによりにもよってなんでこんな人選。
わざわざ民主主義のはき違えや日本と日本人を蔑む方向で炎上する芸人をふたり揃えるなんて、すごい胡散臭いわ、こういうキャスティングになるのは何か裏があるんじゃ?

てことで、お客さんはみんな黙ってても、これけっして気分はよろしくないですよね。
松竹はそんな芸人がアイコンで大丈夫なんかと。

市川染五郎氏、猪子寿之氏以外のキャスティングはあからさまに変というか、客層ともマッチしてると思えないんだけど。
パナソニックさんもこんなんで大丈夫ですか?、いつかのアレだった時のソニーさんみたいになってしまうんじゃないですかとか余計な心配するわ。
脇が甘いというか、ああいう連中に何にでもフリーライドされちゃヤバい。

歌舞伎はいつの世もどんどんかぶけばいいと思うけど、こんなんじゃ GHQ が失くしてしまおうと画策したにもかかわらず生き残った古典歌舞伎の世界は本当にいつの日か望み通り破壊されてなくなってしまうのかもしれない、知らんけど。
京都は GHQ に結構無茶苦茶にされてますからね。

 

てことで、いつまでもずっとあんまり変わらないでいてほしいなーというか、もし価値観の共有もできないような特異な人の思うようにされたら作り物の観光テーマパーク化なんやろなってとこをぶらついて飯食ってとっとと帰ったった。

八坂神社の南側石鳥居のあたり、所々赤くなってきてて、これからきれいになる予感。

四条から三条に向かうのに鴨川沿いはもう肌寒くて、夏が終わってから川床も片付けられて黄色い灯りもないし、先斗町を抜けてみる。

肌寒い日は不思議と食事時の先斗町でも大混雑はしないのだな〜、これはいい感じ。

この上にはかわいい子猫がいた。

ポスターが変わってても、ちどりの提灯にはまだ風鈴がついててなんかわろた。

あたらしい技術開発によってより便利になったり、より表現方法の幅が広がっていく世界と、美しいものを大事に保って、その本流を受け継いでいく世界は共存できるしフュージョンできるよね?、それがヤラセでなく、感動を呼んで評価されるものならいいんだけど。
だけどへんなのを混ぜたり壊したり無くしたら、そこでもう取り返せないことになる。

もし、いとうせいこうが言うような「官邸前に本物の民主主義が立ち現れている」としたら、アベガー、ヒトラーガーって騒いでもヒトラーは出てこず、64天安門事件にもならないこと、失礼極まりない態度の無知なチンピラが騒いでも戦車でミンチにもされない事や、そもそもどこの誰かすらわかんないような、選挙権を持つ日本人なのかどうかすらも怪しい人であってもいちいちマクリーン事件みたいなことにもならず、実質的には大目に見逃されてる。

外国人が不法に政治活動しても拘束もされず好き勝手できちゃうようないい加減なヌルさや暗黙の自由まであって、それが普通に機能してる平和極まりない姿が立ち現れているんでしょ。
外患誘致罪(刑法81条)や外患援助罪(刑法82条)は重罪ですけど、前例は未だにない。

本来何をやるにもちゃんと手続きを経る必要があるんだから、太鼓をドンドン叩いて喚いて、中指立ててシネ!だとか、変なノボリだとか気持ち悪い絵を描いたポスターやらプラカードを持ち歩いて、それで世の中や人の意識が変わっちゃうだとかそんなちょろいアナーキーな社会は来ないです。
河原町とか他人の迷惑お構いなしに際限なく五月蝿すぎるんですよこの人ら。

 

追記:でもね、あまりにもそういう連中を放っておくと、本当にこうなるわけ。

異常でしょぶっちゃけ?
七五三参りの日なんだけど、そんなのどうでもいいわけ。
子供は世界を動かすってとこもでも書いたんですけど、やっぱりこうなりましたよね。

しかも嬉しそうに、感覚が普通じゃない。
日本は全体主義でも共産国でもないよ。

ほんとうに頭おかしいんじゃないの?
こんなんいくら表現の自由があったってはっきり言って迷惑行為なんだから、七五三まいりのここでやるような理由ないよね、条例で排除できるようにしなきゃダメじゃね?

行政も変なんじゃ?、どう見ても迷惑でしょ。
この人たちどこまでやっても何も言われない場合、前例にしてやること拡張するんよ。
迷惑防止条例の活用で風俗店のキャッチからは罰金取ったり逮捕したりもしてるよね?

表現の自由やら人権云々を規制するんじゃなくて、迷惑行為と騒音公害のような非常識を現行法や条例で排除すればいいじゃん。
こんな悲しい八坂神社の姿はないわ。

愚痴の一つも言いたくなるわな、そんじゃ〜ね〜(*゜▽゜*)♪

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top