goods and life +

X-Pro1 で XF35mmF2 R WR を使うなら…

暗すぎるとダメですけどね(´・ω・`)

X-Pro1 で XF35mmF2 R WR を使うなら天気のいい昼間向きかな〜とかいいつつ、本体ファームウエア Ver.3.50 で歪曲収差が気にならないレベルに落ち着いた感じなので、調子に乗ってまたもや暗いところで使ってみた、暗いの大好き。

夕焼け雲が綺麗だった建仁寺のお庭。

そこから高台寺の方へ向かって軽く食事して、そのあと喫茶店に入ってただけなのに知らん間に真っ暗で寒い。

高台寺の方から祇園に戻って行く途中、このくらいの明るさなら F2でもまあ使えないってことはない。

提灯の下のお花、マクロで寄れるだけ寄ってみても手前ボケはあんまり綺麗じゃないし、後ろボケも均一っぽいボケ方をしてあんまムードは出ないんだなって感じ。

画像加工として人工的に乗せるグレインとはまた違って、X-Pro ってあえてノイズリダクションをマイナスいくらか方向から使ってみてベッタリさせないというか、フィルムグレインに見立てたノイズをいかに表現に組み込んで扱うかみたいな渋いことができちゃうカメラで。

このあたりのグレインの質感の処理も X-Pro2 ではさらに良くなってるのかもしれない。

Ex)
夕方だとボケ方はこんな感じの見え方。

マクロの場合はこんな感じ。

マクロだと普通に寄るよりも外周部に色収差によるズレが目立つ感じになる。
まあこのレンズの個性。

東大路通を北へちょっと行けば祇園の交差点。
こっちに向かって歩いてくる人のところが青くないローソンのあたり。

青くないローソン、日本中こうなれば地味でオシャレなのに。
ローソンの前でカメラを構えてる団体の撮ってるのは八坂神社の西楼門のあたり。

境内から見た西楼門、左にチラッと見えてるのがさっきのローソンあたり。

ディスチャージのランプの車が通ると青っぽく、ハロゲンのランプの車が通ると黄色っぽく反射して表情を変える道路、小雨の夜だとアスファルトはもっときれいなんですけどね。

西楼門の下、祇園の交差点から見た四条通り。

八坂神社の境内の祇園えべっさんのところ、いつの間にか祇園祭の山鉾が。

祇園えびすは平安時代からあったりする。

大国主社のところの梅がいよいよ全部開いててかわいかった。

ていうかもうね〜、夜遅くの神社の境内の玉砂利の上で中国拳法の演舞して大きな声を出して騒ぐ人とかマジで摘み出してよ、って9割ぐらい本気で思った、うるさいし、バカかと。
神社は騒いだり暴れたりするところじゃない、ほんと静かにしてほしいんだけど。
何でそれがわからんねやろ?

そういえば八坂神社では南楼門の修復工事が始まっていて、3月の12日まで足場組み立て工事で朝8時から夕方5時まで楼門を通ることができないので迂回しなきゃいけないのです。

おこしやすの赤い丸いの。
おこしやすの文字のところにピントを合わせ、絞りは F2なんだけど、F2ではやっぱり情感溢れるボケ方はしないんだなー、開放なのにシャープ。
昼間は朱色なのに夜は肉眼でも本当にこの茶色に見えるお団子マークみたいな蛍光灯。

向こう側のアーケードの灯りもあんまボケてないというか、もうちょっとだけ微妙にボケ方に差がつく程度ボケてくれたら、シャープなところとの対比がちょうどいい感じに見えてくるのじゃないかなって思うわけですけどね、やっぱそれは F1.8 くらいじゃないとダメかも。
どっちみち X-Pro1 だと、暗ければ絞ってパンフォーカス気味に撮るのは難しいですし。

どう逆立ちしても NŌEN の珈琲が絶対的に美味しいんだけど、スタバはどこにでもある。
まあ NŌEN が人だらけになるのもそれは嫌だけど。

アーケードの下の灯りの明るさだと、昭和元年のものは昭和元年のものに見える感じのはっきりした映り方で、これも絞りは F2だけど、でもあんまりボケない。
逆に、こういう感じの写りが好きな人にはぴったりのレンズなのかもしれない。

花見小路南側。

この時間のここの明るさだと、X-Pro1 + XF35mmF2 R WR では舞妓や芸妓の歩く速さにはオートフォーカスは追いつかない、彼女たちの動作は偽物と違って無駄がなく美しく素早いので、「あ、きれい」って思ったら、思ってる間にすっと見失う。

舞妓が素早いのはもともとだけど、最近は立ち止まると中国人に囲まれて鼠ランドの鼠のような扱いを受ける、それを未然に避けるってのもあってさらに素早くなっている。
こんな夜遅くまで歩いてるのもほとんど中国人、酷いのは幼児連れだったりしてうんざり。

花見小路は細い路地と比べたら道幅があるので、光源から少し遠いと SS 1/40秒、ISO 6400 だけどダメで、フォーカスがう〜んって迷ってる間に人も車も途切れなくどんどん通るし、このカメラだともっと明るいレンズを使って、むしろマニュアルで合焦させた方がきっとはやかったり。

XF35mmF2 R WR は X-­Pro2 の高速コントラストAFの恩恵を享受できる数少ないレンズなので、X-­Pro2 で使ってこそなのかもしれない。

 

どちらも猫の集会。
ISO 6400、SS 1/4秒、手持ちじゃこれ以上はどうやら無理っぽい、これぐらいが本当に手持ちの限界かもしれないと思った。
こんなもん三脚があったらビシッと撮れるんだろうなあ…、でも持ち歩きたくないなあw

もう寒くて何よりも手が冷たいんですけど、ニヨっと笑ってくれる可愛い子たち。
寒いけどイキロ。

このレンズのサイズとか中央部のシャープさの感じのまま、開放値が F1.4くらいだとすごくいいんだけど、フジノンレンズで 33mm の F1.0 が出るというロードマップにもない噂が…。
ただの噂かもしれないけど、ガセじゃなかったらそういうレンズいいですよね〜。
ちょうど 50mm 近くなるわけだし APD だといいな。(まあガセだろうけど)

やっぱり X-Pro1 で XF35mmF2 R WR を使うなら太陽が出てる時間かな〜(*゜▽゜*)♪

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top