goods and life +

癒しネズミ伝説

齧歯目(´・ω・`)

八坂神社の境内にある末社、太田社の横にあるこのネズミ。

どんな謂れがあるのかなあ…。

しかも何かに似ている、と思ったらきっとこれだ。

手前に写ってるから大きく見えるけど、実物は鴨よりも小さい。

泳ぎ終わって上がってきたりする。

後ろ足に水鳥のような水かきのヒレがついてるのが普通のネズミとは違うところ。

犬や猫と同じようにブルブルしたりする、仕草もわりとかわいい。
ネズミのしっぽだから嫌いな人はぎょっとするかもしれないけど。

風で飴の袋と思われるゴミが飛んでくる、たまに平気でゴミを捨てる人いるんですよね。
やっぱ寒いのかもしれない、人間っぽい。

小走りなんだけど歩くのはそんなにはやくもない、タヌキみたいな気もする。

この子はまだちいさい、鼻や口の周りの毛が白いからまだ赤ちゃんけも抜けてない。
ヌートリアは大人になった方が目の比率が大きくなってかわいいのかもしれない。

ていうかほとんど警戒心がない、鳥にでも人にでも犬にでもあんま警戒心が無い性格。
鴨川べりをお散歩中の柴犬がヌートリアを見つけてものすごいこと尻尾振って近づいていって、こいつも嬉しそうにトコトコ近寄って行ってて。
なんか見ててほのぼのした癒し系、散歩中の犬まで癒してたりする。

でも、定着したらダメなので餌とかあげない。
そしたら諦めてどこか行っちゃうんだけど、後姿には哀愁が漂う。
だって定着したら簡単に捕まって連れて行かれていなくなるんだから。

ナショナルジオグラフィックにこんな話が出てました。
ネズミの恩返し行動を発見、人間以外で初

前にも書いたけど、ヌートリアはすごく繁殖するって理由で、鴨川で見つかったら普通に駆除されてしまう、それは仕方ないとして、鳥や鯉と一緒にいて普通に馴染んでのんびりやってるように見えるだけに忍びない。

特定外来種だから飼うのもアウトで駆除しないと仕方がないとはわかっていても、なんとか仙台市の八木山動物公園のようなやり方で別のところで管理して生かしてあげることはできないのかなって感じで。

かわいくても餌やるなよ…(´・ω・`)

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top