goods and life +

ホップ、ステップ、美しい春来てます。

晴れると特にね(´・ω・`)

春のうららの伏見稲荷大社。
路地から出て伏見稲荷の裏参道、ここも露店と観光客ですごい人だらけ状態。
賑わいは半端ないです。

なぜか外拝殿でバイオリン演奏会とかやってました。
たまには雅楽以外にもこういうのもありだなー、って感じ。

もうね、晴れるとほんのすこし初夏っぽい。
まだ4月にもなってないのに、風薫る5月って雰囲気、日焼け対策も忘れずにねって感じ。

空がきれい。
葉っぱがつくりだす影はまだやわらかくてやさしげだから春なんだけど。

人いっぱい。
だけど日本人率が極端に少ない。
むしろ日本人よ来い!日本人こそが来い!、…でないと、うるさいし、って感じで。

優しい春の光を感じるなら今。

メジロも来てます。
だけどうるさい人には鳥のさえずりやら木の葉のかすれる音やそういうのって、ぜんぜんどうだっていいんだろうなー。

何がいいたいかというと、中国人は少しはTPOに応じて静かにする場面だとか、道をゆずり合うとか、場所をゆずり合うだとか、空気読むとか、そういうの普通にできないのかな?、てことですわ。

まあ観光地としてしか認識してないんだろうし、現実に観光ガイド本なんかでは観光地としての紹介しかされていないってのもあるんだろうし、そもそもご神域とレジャーランドの区別とかがつかないんだろうけど。

他でもそうだけど、こういう所って、全員が全員観光客ってわけじゃないですからね。
人がいくら押し寄せようが、神社はお寺のように拝観料とかとってませんし。
で、ゴミのポイ捨てと落書きがすごい増えてます、前はこんな事もなかったんです。
こんな状態でさらに4000万人、6000万人目指すとかやったら荒れ果てるだけ。

たまに右側通行ってのが理解できないアホもいますけど、鳥居も気持ちいいですし。

お日様の光ってのはいいものだ。

真新しい朱色と洗朱、もっと褪せた退紅が混在して続く。

よくある間違い。
×:Beautiful orange gate , ○:orange → vermilion

もうちょっとお山に登れば、また違ってきたりするんですけどね、ここらあたりくらいまでがまあライトな観光って感じなのかな。

観光の人はいろんな意味で、このちょっと先の見晴らしのいい「四ツ辻」くらいまでがちょうどいい感じなんじゃないかなーって思います。

慣れてないとたぶんその辺で足もキツイかもしれない。
清少納言が枕草子にヒイヒイしたくやしいって書いてるあたりが、今でもだいたい普通の人のヒイヒイするところだったりするかもしれないです。

ツバメも帰ってきたし、越冬していたルリタテハも出てきた模様。

いよいよ桜もぼちぼち、早いところは枝垂も咲き出してます。

しっとり雨の日もいいけど、晴れた日もね(´・ω・`)

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top