goods and life +

日本を蝕む暑くて汗まみれならいっそカレーを食べればよい

本気でやばい暑すぎよね…(´・ω・`)

散歩しなきゃ腐る病でできるダイエットでも書いたんですけど、十石舟のとこらで濠川から陸に上がるとこんな雰囲気。
京阪本線の中書島と伏見桃山の間のクラシカルな踏切。

踏切って不思議で、踏切が映る写真ってなんかストーリーが交錯するように感じません?
あと、写真に人が入るとたちまちスケール感や生活感が出るんですよね。
ストリートで人が入るものはとても好き。

といっても日本の場合は世界的に有名なカメラメーカーはいっぱいあっても、欧州と同じように写真文化の基盤のようなものがあるのかというとないのかもしれない微妙な難しさが常にストリートには憚かるというかそんな気もする。
ダニエル・アーノルドみたいな撮り方は日本ではさすがにできないというか、やったら下手するとわりとマジで逮捕される勢い。

 

京阪本線の踏切を渡れば宇治川の平戸樋門の方へ、踏切を渡らず反対方向に歩いていけば、案外お気楽に歩ける距離ですぐに竜馬通りとか納屋町商店街の方面に出られます。

黄桜は日本酒だけど、カッパカントリーにもビールはあったりする。
道路挟んで向かい側の黄桜資料館を抜けると、黄桜の敷地内に伏水があります。

車町と塩屋町の間、この通りを渡ればそこは竜馬通り商店街。

ダブルで目が合った気がした。

ここらはもう一度「アーケードとか商店街とか」の意味を考える時が来たのかもしれない、で書いた時の続きのような感じの場所になります。

このあたりまでくればパリのパサージュ風の納屋町商店街が見えてきます。

納屋町商店街を歩いて、そのまま大手筋商店街方面に入らずに抜けると、すぐ近くにリーズナブルでお気楽でおいしいカレーとナンのニューデリーがあります。
…キーマカレー食べたい。

 

カレーといえば…
いま inali がちょっとアマゾンで気になってる生産者履歴証明付きのレトルトカレーがこれ。
暑すぎてバテてても、レトルトだと作るのも片付けるのもお気楽だもの。
…とはいっても高くて手が出ないし、残り1点だから口に入らないんだろうな〜…

ニューデリーの向かい側、ダルマの塗装がきれいになってて、色付き電球だった目玉のランプ類がLED化されていたような気がする。

暑い…(´・ω・`)

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top