goods and life +

ユーロクラットもびっくり、簡単おいしいコヒーゼリーはじめてガイド

嘘みたいに簡単(´・ω・`)

コーヒーゼリーって、ゼラチンでつくったり、かんてんでつくったりされてますよね。
じゃあ両方混ぜたらどうなんのか?
inali は二杯分の珈琲にゼラチンとかんてん 1袋ずつ使って混ぜて作ってみました。
まあ見た目は変わんないんですけどね。

材料さえあれば誰でも簡単に作れるので冷たいものが食べたい時オススメ。
まずペーパードリップで濃いめのコーヒーを淹れて、淹れたての熱々コーヒーを他の器に入れ替えて、その時に「ゼラチン」と「かんてん」とシロップと、ついでにお好みでクリーム(別に入れなくてもいい)も追加。

全体がきれいに溶けるまでよ〜く混ぜて、しばらくそのまま放置して粗熱をとってから水を入れたボウルなどに容器ごと浸けて、さらに粗熱をとり、そこそこ冷めたらあとは適当なカップなどに注いで固まるまで冷蔵庫に入れてよく冷やすだけのお手軽さです。
カップに蓋がなければラップしとけば OK。

冷えて固まっていたら食べごろだけど、そのまま少し凍らせてシャーベット状にしてしまっても OK というか、寒天を使ってるだけに、少し凍ってシャーベット状なのもモチっとジャリっとしてて新食感でいけるかも。

ゼラチンだけ使う場合は普通の Coffee Jelly になるので、つるんとしたやわらかい喉越しこそがいいので凍らせたら駄目で、クリームも後から使ったほうが見た目も涼しげ。

日本発祥の超高機能ノーカロリー食品、寒天は多少凍らせてもじゃりっとした食感が案外いけるのかもしれないと思ったです。
体も冷えて一石二鳥。

コクのある珈琲を使って濃く抽出できていると、予想外に香り高くていい感じ。
冷凍にしてそのままガリガリ食べる時は、よりコーヒー濃いめ&シロップ甘めがキモかも。

あっさりめが好きな人はかんてんの量を減らすかゼラチンだけの方がいいかも。
というか、かんてんを使うとけっこうもっちりした食感になってわりとお腹も膨れる感じなので、使う量はゼラチンの半分位でいいやって思うかもしれないのでお好みで調節してみてください。

で、これで絶食してみてどのくらい体がもつかな〜、って思ったけど、半日くらいが限界かもしれない、腹持ちはこんにゃくゼリーのようにはいかない感じ。
ほんとはデザートみたいなもんだし。

よくインスタントコーヒーを使うレシピはあるんだけど、おいしい珈琲を使わないと月並みなコーヒーゼリーみたいになっちゃうと思います。
むしろせっかく自分で作るならおいしい珈琲を使わないと損。

バードフレンドリーブレンド豆を使う場合は沸騰しっぱなしのお湯ではなく、そこからほんの少しだけさまして一番香りが出るところで淹れてみてください。
アイスコーヒー用の深入り豆を使ってもいいかもしれないですね。

…でも無茶な断食はやめよう(´・ω・`)

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top