goods and life +

Portrait of Goryo-e が近代を超える日

人混みに懲りて早朝出歩く…(´・ω・`)

始発の電車が動き始める頃の誰もいないはずの朝なんだけど…
お祭りの真っ只中だし、やっぱ朝めっちゃ早くから人がいる…(笑)
まあ時間的にはそれなりに動きやすかったのですけど。

…てことで前祭巡行の日の早朝、始発の頃のストリート。
どんより曇ったり、時折眩しく晴れたり気難しいお天気、朝6時台からの雰囲気はこんな感じ。
どんより明るくてアーケードがやたら白く見える。

だんだん暑くなってきたりして。

The Gion Matsuri is “Goryo-e”
祇園御霊会 Meaning…
Prays for plague breaking up and exorcise of evil spirits.

ところで、祇園祭って大規模に人が集まるお祭りなので、やっぱゴミだとかもすごいことになってるわけですけど、早朝からのゴミ回収とかもフル稼働で、なんか結構システマチックに機能してるんですよね。

よく見ると装飾が海のものたちだったりします、ものすごく繊細で美しい。

鯨のヒゲで蟷螂の顔の向きや鎌や足が動くようになっている。

祇園祭のシーズン、巨大な船鉾を通すために信号機や街灯が可動するようになってる。

信号機や街灯がいったいどんな風に可動するかというとこんな感じ。

けっして派手な都市ではないけど、それが近代の京都の街。
首都は東京になっても、都の長い歴史はそのままこっちに残ってる。

前祭さきまつりの鉾建てはバッチリ完了。
後祭あとまつりの鉾建ては今日から始まります。

もう朝っぱらから夜が待ち遠しいですよね。
この日、どこかの鉾に葵太夫がいてたはずなんだけど朝早すぎて会えずじまい、残念。
綾傘鉾だったかな?

で、バカみたいに賑わう宵々山のホコ天、今年は観光客が 1万人減って 23万人だとか。
まあそれでも人多すぎなのでもうちょっとだけ、あと半分くらい減らないかな〜って感じ。

ゆっくりじっくり見たいものばかりだし、せわしないのはちょっとねー。
後祭巡行は 7月24日、大船鉾もでます。

雨は降らなかった(´・ω・`)

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top