goods and life +

病める時も健やかなる時もホイットホイット

始まるのだ…(´・ω・`)

伏見祭や花傘祭とも呼ばれる、御香宮のお祭り「御香宮神幸祭」がもうすぐ。
御香宮神社は伏見九郷の総鎮守、九郷っていうくらいだからエリアはすごく広くて。
最近の近所の様子といえば、花笠の準備で華やいでる。

これがまたいい感じ。

…てか、晴れたり曇ったりめちゃくちゃ湿気たりややこしいお天気。

この花傘は室町時代の風流笠ふりゅうがさの伝統を今に伝えるもの。
看聞御記応永二十八年(1412)九月九日の条に『風流笠四五本…風流笠不入門内。竹薮ヲ切開被入之』とあり、江戸時代には『風流燈籠練物』として発達、今もこういう感じで続いてます。

応永の時代といえば後小松天皇・称光天皇の時代で、昭和、明治に次いで日本の元号の中では3番目の長さ、その時の室町幕府の将軍は足利義満、足利義持、足利義量の時代。
「アラウンヨイヨイ、アラウントマカセ、ホイット〜ホイット〜!」、な〜んてね。

 

さすがに例祭が始まる頃には車だって迂回させる勢い。

いまは大手筋商店街もお祭りのイメージで華やか。

馬に乗った武者行列とか稚児行列とか子供のお神輿やそういうのもちゃんとある。

納屋町商店街も同じくこんな感じで花笠が目立ってます。

商店街はいいな〜。

パリのパッサージュの真似なんだけど、そうはいかない雰囲気。

うなぎ蒲焼食べたいです!

納屋町商店街を抜けたら龍馬通り、ここは花笠は置いてないけど…。

傘ならあるよ、と。

外が薄暗くなってきたら提灯もいい感じ。

大手筋に戻って御幸宮の手前、ちびっこ相撲の参加者受付中。

提灯の準備はできてるけど提灯はまだない。

工事中みたいなフェンスに紅白幕が巻いてある。

神幸祭は 10月1日のオイデマツリから最終日の 10月9日の神輿巡幸まで続きます。

神輿巡幸は午前5時出発〜午前10時半出発。
御香宮神幸祭くわしくは平成28年度神幸祭のページでどうぞ。

アラウンヨイヨイ、アラウントマカセ、ホイット〜ホイット〜!(´・ω・`)

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top