goods and life +

晴れときどきお散歩のふりして歩く高瀬川

お散歩のふりして歩く…(´・ω・`)

穏やかに晴れた日は散歩日和、まあいつもの通りの高瀬川なんだけど…。
オレンジのカラーギャングきたと思ったら、なぜかビルマ僧っぽい集団。
袈裟のオレンジにも種類があって、濃いのと柿色っぽいのがある。

ビルマ僧とは言ってもミャンマー僧とは言わない不思議。
こういうのの前でみんなお互いにスマホで記念撮影してるけど、僧ってなんだろ?

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問が京都に来てたからなのかな?
てかこういう人たちって日頃は何してるんだろ?
だってこの件とか、あれからいったいどうなったんやろ、って感じがしない??

けどまあこうして日本に来れてるんだし、きっと今は生活も安定してて、その国の一般大衆というか庶民というか、そこらの層と比べたら割とリッチなんだろうな、とかね、やっぱ坊さんは儲かるのかな〜、とか考えてみるけどさっぱりわかんないな、というか、いろいろとわけがわからんわ、日本はこれからその国に8,000億円投資するけど。

 

あと中井貴一はいなかった、もし混じってても誰も気づかないかもしらんけど。

 

そしておもむろに『鳥獣戯画』(鳥獣人物戯画)だけど。
これがどの角度から見てもなかなかよくできてて、高瀬川にもさりげなく似合ってる。

真っ白でなくて、もう少し生成りのような色だともっと馴染みが良かった気もする。
日本人って12世紀頃からこんなことやってるわけで、なんていうか平和だし今も本質はこんな感じなんだと思うわけ、暇があったらこんなことやってるて感じ。

高瀬川彫刻展ってやつかな?、あんま支援額集まってないみたいけど。
たまにはこういうのもいいよね。

なぜか文字が流れ、首をかしげるカルガモ。落ち葉が秋っぽくなってきた。

紅葉はまだもう少し先のことだけど、週末まで京都のお天気はいいみたいで今はお散歩にぴったりの時期かな。

てかなんで過去形なんよ?

日本には八百万の神様は今だっているのよ、静かにしてるだけで。
そもそも、それ見えていないだけで。
なぜそれがわからん?、って感じで。

 

相変わらず観光客は多いんだけど。
チャイニーズの集団が爆発的にいてワーギャー騒ぎながら団体で移動、みたいな圧力的で奇妙な光景に出くわす割合がなんか少しは落ち着いて来たのかな?って感じで。
これはいいことだ。

その分穏やかな賑わいになってきた様子で、ちょっといい感じの秋の日の三条界隈。
…おいしもの食べたい。

高瀬川にありがちな事だよね…(´・ω・`)

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top