goods and life +

話は変わるけどみかけない虫を見つけた

虫でスピンオフしてみる…(´・ω・`)

もう寒いのに、秋桜や山茶花にまだ昆虫が蜜を吸いに来てるんですよね。
もしかしたら蜂雀たちって越冬するのかも?、知らんけど。
これはきっと星蜂雀。

でも蜂雀のなかでも一番人気の大透翅はみかけなかったかなー、もっと小さいサイズのよく似たのがいたような気もしたけど、姿形は蜂雀だった。

で、秋桜の中に、日頃見かけないちょっと変わった子を見つけた。

蜂っぽい色をしてるけどぜんぜん蜂らしくなくて、蛍蛾のような綺麗な触覚をしてる。

蜂雀っぽい羽のかたちや尻尾のポンポンをしてるけど、ぜんぜん蜂雀らしくない。
蜂雀よりも毛が長いし、なんといってもこの尻尾。なんだこれ?

でもなんかきれいよこいつ!

今日はちょっといい匂いをしているからか、レンズをくっつけてもぜんぜん逃げないし。

この櫛のような触覚って、ただ葉脈のように広がっているだけじゃなくて、前向けに畳んだり、後ろ向けに閉じてみたり、折り曲げてみせたり、なんか色々出来るみたいで。
動かして匂いを感じとってるんだな〜っていう仕草をする、そして逃げない。
 
顔や頭や眼が蜂雀とはぜんぜん違ってて、蝶のような感じなんだけど、この触覚はいかにも蛾って感じなんですよね。
羽もシースルーだし、身体中ぜんぶ毛だらけのモケモケだし、なんだろ?

レンズをくっつけてるから大きく見えてるけど、実際は3センチほどしかない小さい子。
尻尾もこんなだし、まるでフライフィッシングの疑似餌みたい。
こんなのが2匹だけいて、ほとんど移動しないし、くっついても怒らないし、不思議…。

星蜂雀は山茶花にも来てました、ずっと高速でバタバタしててハチドリっぽい感じ。

山茶花もいよいよこれからって感じで、いまは蕾がたくさんなってる。

秋桜はいつまで頑張れるのかな〜。

じっと逃げない虫って不思議だよね、ホウジャクはすぐに逃げて移動しちゃうのに…(´・ω・`)

お買いもの忘れはないですか?

コメントはこちらから

Return Top