goods and life +

SEO はなくなる!な〜んてことはないわけ

もう SEO とか無くなるんじゃね?
…って話を聞くことが最近増えたんですけど( ´・ω・)y━

そもそも巷の SEO の捉え方がおかしいんじゃね?

もともと Google が言っている SEO(Search Engine Optimization)って、ユーザーがコンテンツを見つけやすい作りのサイトをつくってね、ついでに機械可読も良くして(検索エンジンが)正確な判断をおこないやすい構造のサイトを作ってね、そしたらクロールもしやすいしインデックスもされやすいよ、って話じゃないですか。
(見つけてもらう必要のあるサイトは)ちゃんとクロールされて普通にインデックスされないといけないよって感じで、それ以上のことでもそれ以下でもないと思うんだけど、世の中いろんな解釈がまかり通るというか、inali 的には Wikipedia や新聞の書き方もあれはちょっとどうなのかな〜って気になります。(個人の感想です)

wikipedia 検索エンジン最適化
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96

検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)はある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。

このあいだの朝日新聞デジタル
SEOとは?
検索結果の上位に表示されるよう、改良すること

実は Google はそんなことは書いてない気が…
wiki なんかにこういう事を書かれちゃうと、「検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換える技術」があったりだとか「検索結果の上位に表示される方法」や、そのための秘訣があるんだ、みたいに勘違いしませんか。
こういった書き方だと、きっとそういうサービスがあって、それを使えばウェブページを書き換える技術で上位表示が出来るって解釈もされちゃわないですか?
だから騙されちゃうんだと思います。

で、ぶっちゃけ Google はそんなことは言っていないというか、より上位に現れるかどうかはタイミングや競合の状態だとかその他のいろんな要素も関わってくるし、そういうものをまったく無視して考えたとしても、結局は他のサイトどうしを比較した上での相対評価になるわけで、ユーザーの検索意図に対して返す答えとして、総合的によりよい答えだとその時のアルゴリズムに判断されるサイトが上位にいたら、それだけで自動的にその下位になると思います。

確かに場合によっては最適化をおこなうにあたって、今よりも検索結果でより上位に現れるようにする目的でウェブページを全面的に書き換えたりすることになるケースもあるだろうし、そういった最適化の結果として、検索結果の上位に表示されることもあったりするだろうけど、それは仮の話であっても、結果からみ見た論で、表示順位を上位にできる技術でサイトに施策したからそうなった、とかではないですよね。

もともとイマイチ最適化されていなかった状態のものを最適化した結果、以前よりマシンフレンドリーになったり、よりわかりやすい構造になったり、もっといいコンテンツを充実させただとか、ついでに重要ではない部分、不要なものをなくしたりした結果、ノイズが減ってより把握されやすい状態になりましたって話になるかと思います。
で、情報のあふれる時代、そういうテクニカルな所はみんなが情報を得て、それなりに一様に突き詰めた状態になってくるわけで、画一的にならない唯一残された部分がコンテンツだったりします。検索意図にある「問い」に対する答えが入っている部分です。

最近急にコンテンツが大事になったのか?
検索してサイトのコンテンツを利用するのは人間のユーザーだから、目的のコンテンツにたどり着いたときに、「あ、違うわこれ、何これこんな情報イラネ」って感じで裏切られた感マンマンでハイさようならされるんだったら、そういうコンテンツなんてあったところでたいして意味がないというか。
対象者にとってちゃんと意味のある、それなりに質の高いコンテンツがあたりまえに必要なのは、今も昔も変わり様がない部分のはずで、今になって急にコンテンツが大事だ!ってことになったわけじゃないですよね。
人はもともとコンテンツに用事があるわけだし。

SEO が無くなるなんてことはない

そもそも SEO ってのは上位表示の手段なのか?
Google の言う「検索エンジン最適化(SEO)」とは、上位表示する約束とかそういうのじゃなくて、サイトの最適化のことですよね、だったらサイトを人と機械にフレンドリーにするしかない。
Google は検索をおこなうユーザーの検索意図に対して最適な検索結果を提供したい、そのためにサイトのどこに何があるかを逐一把握しているわけで、そのためにクローラをよこすと。

クローラが来た時に、リンク、無効なリンク、新しい情報、既存のものからの変更点などをチェックして持って帰る、それを基にインデックスが作成されて検索対象の正確な場所をピンポイントで呼び出せるようにしてくれているわけだから、だったらやっぱりクロールされやすいような作りで、対象ユーザーの検索意図とマッチしたコンテンツをちゃんと用意しておきましょうよってことに尽きるわけですよね。
コンテンツ提供者よし、検索ユーザーよし、Google よしの三方よし、というか。

あと、最近は情報についての情報(メタデータ)の充実や、schema.org、Microformats、Microdata、RDFa、データ ハイライターでタグ付けしたデータやその他にもSNSに向けた OGP(Open Graph Protocol)などなど、その情報がなんなのかだとか、どんな意味合いになっているかをわからせるための手段や表現ってのは昔よりずっと増えていますし、HTML5も、HTML4にはなかった情報の意味を表す要素や属性が加わったりして、検索エンジンはそういった情報も利用して把握していますよね。
日本語の文章が人間のようには理解出来なくても、どこにどういう意味のことが書いてあるという把握は一昔前よりも出来るわけです。

「やるな、って書いてることはやらない」でだいたい済むんじゃね?
Google もだけど bing だって、もう SEO なんてするなヤメれ、な〜んてことはどこにも書いてませんし、検索エンジン最適化のスターターガイドやワンシートまで配布して、あえて検索エンジン最適化を一般に啓蒙していますし、むしろコンテンツホルダーなら最適化はちゃんとやれよって感じですよね。
検索意図に対して最適な検索結果を提供することが目的なので、検索エンジンの裏をかいた異質なものが無理やり上位表示される状態をよしとしないため、そういうものを排除することも自動的におこなわれていますよね。

特にその部分はアルゴリズムでの判断だけでなく、人力でのチェックや報告の受け入れもやっているんだし、何をチェックしているかさえも公開されています。
ガイドラインに明記してあることに対する違反への制裁も大胆で、動きもはっきりしてきたし、最近は晒し上げページまで作って公開していますよね。

Google がやめろと言ってるのは SEO ではなくて、ガイドラインで「やるなよ、絶対やるなよ」と書いている、判断を誤らせる意図で小細工した、検索エンジンを欺くための行為だけだったりします。
でも、「こういった行為を SEO対策 だと書いてるようなオバカ情報」がウェブ上にはあったりして、それを信じちゃってせっかくガイドラインを用意してあってもドメインに不正なサービスを関係させてしまう人ってのは必ず存在しているだろうし、やめろと言うからにはそここそが効くポイントだからと意図的にブラックハットを標榜している人もいたりします。

で、全部インデックスから除外されてしまったり、ウェブマスターツールに警告が来てたり、検索結果の表示順位が大きく落ちて再起不能パターンになっているっていうのは、ぶっちゃけガイドラインを知っていながらガイドライン違反をやっている(いた)ってだけのことだったりしません?
だったら、普通の運営者は「やるんじゃねえ、って書いてることはやらない」で済むんじゃね?
もしかしてすごい楽になったんじゃね?

わりと普通のことだけで検索結果におけるサイトのパフォーマンスの改善ができる
各ページに適切な固有のページタイトルをつける
(ページタイトルの内容は検索結果に表示される)

各ページに固有のdescriptionメタタグを設定する
(ページの概要は検索結果のスニペットに利用される)

URLの構造を改善する
(URLは検索結果に表示される、サイトのURLをできる限りシンプルにするとユーザーにも検索エンジンにも親切なものになる、ディレクトリ構造を簡潔にすることでユーザーがサイト内のどこにいるのかわかりやすくなる)

1つのページにURLは1つにする
(コンテンツに対する評価がURLごとに分散してしまうのを防ぐことができる)

ナビゲーションをわかりやすくする
(ユーザーが素早く目的のコンテンツにたどり着ける、どのコンテンツを重要と考えて作られたサイトなのかをGoogleも理解しやすくなる)

そのほか、適切なアンカーテキストを書く、画像も最適化する、見出しを適切に使う、robots.txt でサイト上のページを処理する方法を具体的に指定する、HTML のサイトマップをサイトに置く、XML サイトマップも設置する、404 エラーページを用意する、結局コンテンツの中身は人間が読むために用意しているんだから、ターゲットに向けた質の高いコンテンツを提供しないことには自然にはどこにも広がらない、などなど、人と機械に極力フレンドリーにしろ、いんちきやるな、ばれてっぞ、お風呂は入れよ、歯磨けよって話じゃないんですかね。
あと、たとえば物販だったら広がるだけじゃダメで、購入決定にあたってはどっちみち比較に晒されるんだから、選ばれる理由も。
グダグダとりとめのないことを書きましたが、インチキはしなくても生きていけると思います。

競合にリンクが○○本付いてるからあんたあと何本買わないとダメだよとか、うまくいってる競合の文中にキーワードが何回出現しているからあんた多すぎ、または何個少な過ぎだとか、自称パチンコのデータ取り名人が書いたパチンコ必勝法みたいな感覚の SEO のセオリーを誰かが一人歩きさせてきた感がありますけど、リンクが何本、キーワードが何回出現とか、もしも検索エンジンがなかったらやらないようなことをごにょごにょやって気休めとか、そろそろ終わりかもしれないです、見るべき方向を間違ってると、そういうのが特殊な技術のように見えるのかもしれないけど、もうそれはごにょごにょでしかなく、終わりというか実は検索エンジンがまだ未熟なある期間のみ通用していただけで本当は始まってもいなかったんだと思う、というか、そんな感じの”いずれ淘汰される仕組み”に頼ったゴマカシの方法を SEO とか呼ぶブームになってた節があるんじゃ…。
(もしそういう方法を SEO だって呼んでいるなら、それはきっと通用しないから誰もやらなくなって、なくなるのかも)

10/25追記
ガイドライン違反を繰り返す SEO 業者への対応について
2013年10月25日金曜日 | 15:00
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2013/10/seo-firms.html

Googleも、SEOと称してガイドライン違反をくり返す業者が存在していて、その被害実態があるという認識を持っているということですよね、てことは把握してるんだわ。

SEO はなくならない、ってことでぶつぶつ言ってみました…( ´・ω・)y━

お買いもの忘れはないですか?

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

Return Top