goods and life +

12月なのにいい天気で暖かいから散歩に行ったところ…

ちょっと癒された (*゜▽゜*)♪

ふなっしーの街ではイチョウがもう落ち葉になっているよ、とかいう情報が入って来たので、近場の宇治市のJR新田駅にある巨大なイチョウがどうなっているかちょっと気になって見にいってきました。

たまに車とか使わずにお散歩するのおすすめ!
歩きペースだと季節の変わり目のいろんなものが目に入ってくるので、外に出るのがつらくない日はスニーカーで歩くのもいい感じですよ、ヘルシーだし。

今日たまたま暖かかったからなのか、冬が来る前に餌をいっぱい食べて太らないといけないからなのか、通り道沿いの川に水鳥がけっこういます。
セキレイとかの小鳥もこころなしかぷっくり丸っこく太ってみえます。

これは普段あまり見かけないゴイサギの幼鳥、今は地味なカラーなんだけど、大きくなるとペンギンみたいな感じになって、大人の方がかわいかったりします。
夜中に急にギャー!とか絶叫して飛ぶやつの正体はきっとこの鳥(笑)

ゴイサギの幼鳥

冬羽のダイサギもいました、アオサギよりは小さいけどけっこう大きな鳥。
夏場のくちばしの先は黒なのに、冬羽になる頃にはくちばしも黄色になるみたいなんです。

冬羽のダイサギ

ちなみにアオサギってこんな鳥、日本に分布するサギ類の中では最大種だそうです。
人が近づいても気にしないというか、じーっと何かを見つめていることが多い気がします。

アオサギ

だいたいいつもいるのが冬羽のコサギ。
こっちは冬羽になると夏とヘアスタイルが変わって、二本の飾りのような羽がなくなって普通の白鷺っぽくなります。
足の指だけ白っぽかったり黄色かったり。

冬羽のコサギ

これもだいたいいつもいるマガモ。
一番手前の左に写ってるのだけカルガモ。
まだお昼前なのに、太陽の光が当たるところにいって寝てたりします。

マガモ

マガモの雄のメタリックな感じのグリーンと黄色の嘴って、実際近くで見たらきれいな色してます。

マガモの雄

そこからちょっと行けば新田駅前の巨大なイチョウです。
てか駅がものすごく小さいのですごい対比になってます。

JR新田駅前の大銀杏

近くに行くとコンデジのレンズに入りきらないサイズ、樹齢150年だとか180年余だとかいわれる大銀杏だけど、すごく元気でものすごい葉っぱの量。

JR新田駅前の大銀杏

幹もすごく太くて大きいので、コンデジのレンズに入りきらない。
まだちょっとだけ黄色になりきっていない葉もあったりして、散り出すのはもう少し先って感じでした。
木は大きくてもイチョウの葉っぱは普通のサイズ。

JR新田駅前の大銀杏の幹

ついでにこのままJRに乗って、宇治平等院あたりの紅葉の様子をチェック (*゜▽゜*)♪

お買いもの忘れはないですか?

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

Return Top