goods and life +

iOS 7.1(11D167)キタ!

iOS 7.1キタ!(*゜▽゜*)♪

iOS 7.1 は 194MB あります。
ダウンロードしてインストール完了まで20分以上かかったような気が…

iOS7.1

iOS 7.1、なにげにたくさん改良されているようです。

CarPlay
○自動車での使用に向けてiOSを設計しました
○CarPlay対応車種でiPhoneを接続するだけで使用できます
○電話、ミュージック、マップ、メッセージ、および他社製オーディオAppが使用できます
○車のタッチパネル、つまみ、およびボタンでSiriを操作できます

Siri
○話し終わったタイミングを自動認識する従来の方法に加え、ホームボタンを押したまま話しかけ、話し終わったタイミングでホームボタンを離すことにより、Siriが聞き取るタイミングを手動でコントロールできるようになりました
○中国語(北京語)、イギリス英語、オーストラリア英語、および日本語に、さらに自然なトーンの男性および女性の声が新たに追加されました

iTunes Radio
○”注目のステーション”の上部に検索フィールドが追加されました。お気に入りのアーティストや曲に基づきステーションを簡単に作成できます
○”再生中”の画面でボタンをタップしてアルバムを購入できます
○iPhone、iPad、またはiPod touchでiTunes Matchに登録してiTunes Radioを広告表示なしで楽しめます

カレンダー
○月表示でイベントを表示できるオプションを追加しました
○多くの国で、その国の祝休日が自動的に追加されるようになりました

アクセシビリティ
○”文字を太くする”オプションが。キーボード、計算機、およびアイコングリフの多くにも適用されるようになりました
○”視差効果を減らす”オプションが、天気、メッセージ、およびマルチタスク実行時のUIアニメーションにも適用されるようになりました
○ボタンの形を表示する、Appの表示色を濃くする、およびホワイトポイントを下げるオプションが新たに追加されました

●iPhone5sでHDRを自動でオンにするカメラ設定が新たに追加されました
●iCloudキーチェーンを利用可能な国が追加されました
●FaceTime通話に他のデバイスで応答した場合に、通知が自動的に消去されるようになりました
●ホーム画面がクラッシュすることがある問題を修正しました
●Touch ID指紋認証機能が向上しました
●iPhone4のパフォーマンスが向上しました
●メールの未読メッセージ数が10,000件を超えた場合におきるバッジ表示の問題を修正しました
●ユーザーインターフェイスがさらに向上しました

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のWebサイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

※ 例によってまだ日本語の情報は上のURLのページにはなくて、今回は言語を英語にしてみてもまだ掲載されていないようです。(3月11日時点)

再起動してみるとロック解除の文字にアニメーションがついて、以前のものよりもわかりやすくなった気がする。
ていうかこんなだったら別にフラットにこだわらなければうまくいってたんじゃないのかと。

スライドでロック解除

パスコード入力時も心なしか見やすいコントラストになったような気がします。

パスコード入力

 

iOS 7.1 にアップグレードするには、デバイスに 1GB 以上の空き容量が必要です。
iOS のいらないファイルをスッキリさせるには PhoneClean が便利。

http://www.imobie.jp/phoneclean/
(PhoneClean の最新版はバージョン 3.3.0 で、iOS 7.1 に対応しています)

 

目玉はやっぱり CarPlay
ジュネーブモーターショー披露されて3月2日に報道された CarPlay ですけど、フェラーリ、メルセデス・ベンツ、ボルボが CarPlay 対応のモデルを発表しています。
本田技研、三菱自動車、日産自動車、富士重工業、スズキ、トヨタ、BMWグループ、フォード、ゼネラルモーターズ、現代自動車、ジャガー・ランドローバー、起亜自動車、PSA・プジョーシトロエンの各社が今後 CarPlay 対応車を年内に発売する予定だそうです。

 

追記:Xcode5.1
OSX 10.9、OSX 10.8、iOS 7.1のSDK などが追加された Xcode バージョン 5.1 も来ました。

“Xcode

 

iOS 7.1、ちょっと動作が軽快になったのかな?(*゜▽゜*)♪

お買いもの忘れはないですか?

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

Return Top