goods and life +

OS X 10.9.3 Mavericks アップデートキタ!

OS X 10.9.3 Mavericks アップデート
キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;’━!

すべての OS X Mavericks ユーザに推奨します。

OS X 10.9.3 Mavericks アップデート
OS X Mavericks v10.9.3 アップデートはすべての Mac ユーザに推奨され、お使いの Mac の安定性、互換性、およびセキュリティが改善されます。
このアップデートの内容:
・Mac Pro(Late2013)および MacBook Pro 15インチ Retinaディスプレイ(Late2013)での 4K ディスプレイサポートが向上します

・USB 接続を使用した Mac および iOS でバイス間の連絡先およびカレンダー動機機能が追加されます
・IPsec を使用した VPN 接続の信頼性が向上します
・Safari7.0.3 が含まれます

このアップデートについて詳しくは、次のサイトを参照してください:
About the OS X Mavericks v10.9.3 Update
http://support.apple.com/kb/HT6228?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください:
Apple セキュリティアップデート (Apple Security Update)
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

OS X Mavericks v10.9.3 アップデートは 461MB、約1分ほどでダウンロード完了。
インストールには6分ほどかかりました。

icon-apple OS X バージョン 10.9.3 (ビルド 13D65)になりました。
Early 2009 でも快適、とっても軽快。

OS X バージョン 10.9.3

4K ディスプレイサポートが向上らしいけど、Mac Pro は公式には Mac Pro(Late2013)だけみたいなんだけど、他の機種はどうなんだろ。
もしかしたらビデオカードによっては使えたりするのかな〜?
Early 2009 のビデオカードは発売された当時からしてもヘボイのが付いてたですからね。

とはいえ NVIDIA から新しい WebDriver 334.01.01f01 と Cudadriver 6.0.46 がダウンロードできるようになっています。
これはもしかして…!

Cudadriver 6.0.46 macos のリリースノートを見ると…
This driver update is for Mac Pro 5,1 (2010), Mac Pro 4,1 (2009) and Mac Pro 3,1 (2008) users only.

Mac Pro 4,1 (2009)いけるじゃね?、使えるみたいですのでさっそく利用してみます。
NVIDIA ドライバマネジャーと CUDA をインストールすると、システム環境設定の一番下の段に入ります。

NVIDIAドライバと CUDA

メニューバーに現れる NVIDIA アイコンから NVIDIA Web Driver か OSX デフォルトのドライバが選べるようになっています。
グラフィックドライバの切り替え時にはマシンの再起動が必要になります。
(メニューバーの表示はシステム環境設定で表示させないようにする事ができます)

NVIDIA Web Driver

なんか NVIDIA Web Driver を選んでいると、どうやら Adobe Ps との相性がよくない…。
どうしても使いたい場合、Ps のグラフィックプロセッサーの設定のところから、描画モードを詳細→標準に落とすとまあ普通に使えます、アカン。

グラフィックプロセッサーの設定

あと、プレビュー.app との相性もどうもいまいちな感じなので、OSX デフォルトのドライバを使っておくのが無難かもしれないです、残念。

なんと!グラフィックスメモリは ECC で動作させることもできるみたいです。

ECCの設定

ただし、GeForce GT 120 はヘボイのでグラフィックスメモリの ECC(single-bit のエラーコレクト)がサポートされていません、もっといいビデオカードだと ECC も使えそうです。
とはいっても選択肢は少ないし Mac Pro で使える NVIDIA とかバカ高いし、残念。

 

モニタの絵のデザインがまた変わった。
OS X Mountain Lion から OS X Mavericks にアップグレードした後、システム環境設定→ディスプレイ環境設定のところのモニタのイメージが、黒くて大きいモニタのグラフィックに変わって、Apple の 4K 解像度テレビ、ほんとに来るかも?って書いてたんだけど、今回またシステム環境設定→ディスプレイ環境設定のところのモニタのグラフィックと、「このMacについて」のディスプレイのグラフィックが変わっています。

今度はこんな感じ。
縁いっぱいまで画面になっているようなクールなデザインです。
実際に端っこまで表示できるようなモニタがあれば、横に2枚並べてもフレームがウザくなくていいんですけどね。

「このMacについて」のディスプレイ

システムレポートのディスプレイ

システム環境設定のディスプレイ環境設定

システム環境設定のディスプレイ環境設定

ちなみに毎度の事ですけど、システムレポートを見ると、社外品の SSD を使っている場合は Trim が off になっているので、on にしておきましょう。

Trim_off

TrimEnabler 3.2.2
http://www.cindori.org/software/trimenabler/

Trim を on にするだけならフリー、フル機能使うなら10ドルです。
使い方はスイッチをオンにしてMacを再起動するだけ、簡単です。

TrimEnabler 3.2.2

Trim サポートが「はい」になりました。

Trim_on

4K 解像度も使えるといいなー(DELLのリフレッシュレート30Hzとかどうかとは思いますが)人柱募集〜(*゜▽゜*)♪

お買いもの忘れはないですか?

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

Return Top