goods and life +

アーカイブ : おでかけ・徘徊

當る!デビューのススメ

當る!デビューのススメ

當るといえば歳末(´・ω・`) 今はそこらじゅうがクリスマスの飾りつけみたいなことになってるんだけど、ここらではその前に「京の年中行事」ってのがあるんですよね、師走の風物詩。 先斗町界隈も吉例顔見世興行の提灯に入れ替わってて、この時期はこれがまたいい感じ。 木屋町三条に抜けるところにも「顔見世」の看板ゲートができてる。 當る酉...

今ここにあるそこに佇むもの

今ここにあるそこに佇むもの

食べるもの…(´・ω・`) Do nothing day だっていいじゃないか、にんげんだもの。 とりあえずネコに命じられるまま徘徊してみました。 食べるものを手に入れなきゃ死んじゃうのは猫も人間も同じだ。 面白い雑草が生えてたけど、なんだろこれ? 後ろにあるのは八朔みたいなのとグダグダになった柿で、柿は雀くらいしかつついてな...

20秒で理解する銀杏も十石船も終了

20秒で理解する銀杏も十石船も終了

冬…(´・ω・`) 銀杏が見事に黄色になったな〜と思ったら全部散って、壕川の十石船も11月末でおしまい。 秋らしさも消えていよいよ冬モードに突入って感じで伏見界隈は見た目少し地味になるかも? ちょっとどんより曇った伏見酒蔵の周辺。 たぶん今年最後の十石船の雄姿、少し晴れてきた。 …と思ったけど、なんか今年は12月4日まであるみ...

ここであえてのツバメのいないツバメのねぐらに行ってみた

ここであえてのツバメのいないツバメのねぐらに行ってみた

ツバメのねぐらだよ…(´・ω・`) 今日の風の流れ方って複雑で、空を見たら飛行機雲が面白いことになってた。 こう見えて天気がいいのか悪いのかよくわかんない状態。 で、今の時期はもうツバメはいないけど、ツバメのねぐらを見てきた。 北の方の空は雲が山の上の方までかぶってて、昼間からずっと暗かった。 陽が当たる明治天皇陵のある山の色...

身の毛もよだつ田んぼの裏側

身の毛もよだつ田んぼの裏側

田んぼ…(´・ω・`) 今日、田んぼがすごい色になってた。 これは「燈火可親」はなかったで書いた図書館へまた行ったのでその帰りの様子なんだけど。 この季節、天気がよく風も弱くて空気中のチリがあんまり動かない日に夕焼けが重なるとこんな感じになるようで、日没後30分ぐらいこうなるのを残照とかいうらしい。 すぐ近くにある水路に映った...

サボることをマスターした秋のアオサギがついに日本上陸

サボることをマスターした秋のアオサギがついに日本上陸

サボるは合理的…(´・ω・`) 魚を釣っているおっちゃんやじいちゃんを見つけては側に飛んで来て、その横でまるで自分が飼い犬や飼い猫であるかのようによい子にして、そこに何か信頼関係があるかのように、ただじっ〜と待っているアオサギ。 「釣竿や浮きがある = そばでじっと待っているだけで今日1日やっていけるかも」ってのをな〜んとなく...

話は変わるけどみかけない虫を見つけた

話は変わるけどみかけない虫を見つけた

虫でスピンオフしてみる…(´・ω・`) もう寒いのに、秋桜や山茶花にまだ昆虫が蜜を吸いに来てるんですよね。 もしかしたら蜂雀たちって越冬するのかも?、知らんけど。 これはきっと星蜂雀。 でも蜂雀のなかでも一番人気の大透翅はみかけなかったかなー、もっと小さいサイズのよく似たのがいたような気もしたけど、姿形は蜂雀だった。 で、秋桜...

Typ 109 で歩く秋の散歩道が初めての人に教えてあげたいちょっとしたこと

Typ 109 で歩く秋の散歩道が初めての人に教えてあげたいちょっとしたこと

曇ってても楽しい…(´・ω・`) 発売されてもうだいぶ経って、そろそろ新型後継機が出る噂がたつかな? …って思ったけど、今回フォトキナにも後継は出てこなかった Leica D-LUX (Typ 109)。 とりあえずネコに命じられるまま Typ 109 を持ってお散歩に出かけてみました。 ここはまだ夏のように暑かった10月のは...

ウルトラスーパームーンが見えなかったのでアオサギの王国

ウルトラスーパームーンが見えなかったのでアオサギの王国

スーパームーン…(´・ω・`) どこいったんやウルトラスーパームーン… 11月14日のスーパームーンって、月と地球の距離が68年ぶりの近さ。 月の見かけの大きさが直径約14%で面積は約30%増し、68年ぶりの巨大さにみえるって。 68年前にはこの世にいないんだから、68年ぶり言われても知らんがな!、って期待したのに。 雨と曇り...

「燈火可親」はなかった

「燈火可親」はなかった

燈火稍く親しむ可く…(´・ω・`) アロハ〜、ハワイあったかい! パームツリーにココナッツグローブ、もう最高。 …て、まあ嘘なんですけどね。 あんま秋らしくも見えないけど、これ秋の京都。 ところで、読書の秋とかいうじゃない、なんで秋なんやろ?って調べたら、どうも韓愈が息子の符に送った詩からパクったというか、のちに読売新聞がキャ...

Return Top