goods and life +

ウェブマスターツールがまた進化!

Googleウェブマスターツールがまた進化!

キタワァ*:.。..。.:*・゚(n’∀’)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆
ところで、このところたて続けに機能が増えてきている Google WMT がまた進化しています。

場所は、
サイト設定>設定>パラメータ処理

まずここで、今まで出来なかったパラメータの処理が指定できるようになっています。
処理のプルダウンの中から「特定の値を使用」を指定してやることができるようになりました。
パラメータ処理の値に p や n を指定できるので、結果としてネットショップの商品一覧ページなどの重複ページ扱いをさけることができますので、少し先の未来(商品登録〜インデックスされた後)からは検索結果に表示されるページがきっと良くなると思います。

検索されて該当ページがヒットした時、ばらばらにインデックスされていると、新着やおすすめや価格順のページのいずれかがおまかせランダムに表示されてしまう可能性があったわけですが、値に p や n を指定できるようになったため、指定したものでページがインデックスされてそれが検索結果に呼び出されるようになるかと思います。

今までは、特に処理を指定する事がおこなえるシステムやサーバーを使っていて、独自に処理をおこなっていない限り、ネットショップの商品一覧ページなどの価格や新着で並び替えているだけの、いわば同一のコンテンツらしきページは p や n やデフォルト時の設定(カラーミーの場合おすすめ順)など同じURLでパラメータだけが違う数ページがだぶったり、それぞれのパラメータごとにランダムにインデックスされてしまい、検索結果には新着やおすすめや価格順のページなどのいずれかが表示されてしまうことになっていました。

inali が使っているカラーミーショップも、今の時点ではまだ思うようにさわれない所がいろいろとあるため、この運任せ状態になっていました。
せっかく指定できるようになったので、今回 inali は早速 p を指定し、デフォルトでの表示は価格順ソートにしておきました。

今後クロールされるものがインデックスされたら、そのうち検索結果には価格順のページが表示されるようになると思われ(*゜▽゜*)♪

あともうひとつ
ウェブ上のサイト>サイトへのリンク>サマリー

ここが詳しく見られるようになりました。
自サイト内のページにリンクしているドメイン上位 150 件が表示されています。
特定のドメインからリンクされているページと、どのページからリンクされているのかが詳しくわかるようになっています。

ウェブ上のサイト>検索クエリ

ここで、「表示回数およびクリック数が10を超えるクエリ」と「すべてのクエリ」を選択できるようになりました。

表示回数およびクリック数が10を超えるクエリの実際のクエリ数がすんなりわかっちゃいます。
結果として自分のサイトへ訪問する人が検索する人気の検索キーワードが並ぶ事になるようです♪

URL :
TRACKBACK URL :

この記事にコメントする

Return Top