goods and life +

黒地に金彩が映える九谷焼の竜

九谷焼伝統技法「盛」を駆使した絢爛豪華な干支の置物(*゜▽゜*)b

古来吉祥招福の縁起物として人気の干支の置物、九谷焼の窯元さんのところで辰の置物人気No.1の作品です。
英知の象徴小槌を抱く竜、この辰は人気が集中して商品の不足が心配なんだそうです。

九谷焼干支 7号 小槌竜 青九谷 盛

幅21.5cm×奥11cm×高18.5cm、化粧箱・台・立札付

今なら伝統美術工芸九谷焼の窯元、陶匠大雅オリジナル干支ぐい呑み先着200個プレゼント中♪
干支ぐい呑みもらえるかも(*゜▽゜*)♪(※なくなり次第終了)

十二支の中で唯一の霊獣、辰ってカッコイイ造形ですよね、絵になるし。
九谷焼伝統技法の「盛」を駆使し、黒地に金彩が映える絢爛豪華な仕上がり、同じサイズの九谷焼では緑の辰の方がお値段は高いんですけど、こっちの方がカッコいいとおもいます。

絢爛豪華な仕上がりとはいっても、お値段はそんなにめちゃくちゃ高いものでもないんですね。
inali 的にはなぜかこれはベッドサイドの枕元に飾っておきたいのです。お休みの間も守ってくれそうな…。

平成24年は【壬辰】みずのえたつ

【壬】みずのえの字は、草木の内部に新しい種子が生まれた状態を表し、
【辰】たつの字は(振るう)の意味を表し、陽気が動き草木が伸長する状態を示しているそうです。

壬辰の意味のとおり、来年は悲しいことや不景気を吹き飛ばしてほしいですね(*゜▽゜*)♪

URL :
TRACKBACK URL :

この記事にコメントする

Return Top