goods and life +

人生の3分の1は睡眠!

人生の約3分の1ほどは寝ているみたいです(*゜▽゜*)b

疲れていないようにふるまっていても、ほんとはせっかくの休日の半分くらいは疲れてしまってるとか、もしかして営業日の半分くらいもちょっと疲れていたりしてないですか?
休まないであーるけ~♪ワンツー、ワンツー♪って、それで2歩さがるなんて想像しただけで恐ろしいですよ、えー、みんなどんだけ精神力強いのよ~!って感じで。

さがってる場合とちゃうやんとか思って、どんどん行っちゃう、どんどん行っちゃう、その先はしわしわ!とかイヤですよね。
ちゃんと休まないとだんだん疲れは蓄積していきますし、元気はそんなに毎日蓄積とかできませんし、よくてキープしかできないような…。

inali もほんのちょっと昔までは、いまは寝てる場合じゃない!とか、ゆっくりごはんを食べてる場合じゃないだとか、そんな無茶な時間の使い方をしていたことがたぶん普通の人よりもたくさんあって、それがちょっと癖というか耐性になってしまっている気があるんです。
けど、振り返ってみると、それってあんまりよくないですよね。

最近 inali は、楽しく食べて気持ちよく寝たほうがよっぽどいいんじゃないかな~、よかったんじゃないかな~、とか。
そっちの方が絶対得!っていうような、そんなことをしみじみ感じてきたところ。
なぜかって…。

人間は人生の約3分の1ほど寝ているらしいんです。
もし90年生きたら30年も寝ていることになりますけど、そう考えたらすごいですよね。
どんだけ寝てるのかって感じですけど、どうせ寝るなら気持ちよく寝たい。

ところがいざ「気持ちよく寝る」ってなるとけっこう難しい。
もうほんと小さい子供の頃のように、ナチュラルにコテンっと眠りに切り替わるのはなかなかに難しい。
思い起こせば小学5年生くらいからそんなのずっとできてないのかもしれない。

今時は睡眠の質を高めるためにグリシンなどのサプリメントが販売されるような時代、眠りの質を高めて朝は気持ちよくお目覚めしたい願望が多いのでしょうか?
ってことは、「あーぐっすり寝たー!」だとか「起きたー!、気持ちいい朝~。」って人は案外多くなかったりするのではないのだろうか、などとつらつら考えるわけです。
「あーぐっすり寝たー!」だとか「起きたー!、うわ〜気持ちいい朝~。」、これ最近ぜんぜんないんですわたし。

寝ている間にお肌も細胞も回復修復しますし、効率よく修復するためにも深い眠りってのは手に入れたいものですよね。

あと、もうちょっと前からすでに花粉シーズンが来ているようで、寒さとあいまってお鼻の調子が良くない日なんかは寝ている間に口呼吸になってのどを痛めたりしがち。
花粉症がはじまっちゃうと、なってからじゃほんとに辛いので、早めの対策は大事ですよね。
inali は最近起きている間、ずっとデスク周りでUSBアロマ加湿器を使ってます。
これがけっこう地味に効いてる気がしますよ。

あと欲しいな~って狙っているのが本気でぐっすり眠れそうな新しいお布団、欲を言えば布団だけどころかすべて一式欲しいです。

でも1日8時間も寝れてないと思う(*゜▽゜*)b

URL :
TRACKBACK URL :

この記事にコメントする

Return Top