goods and life +

「お願いカラーミー」でまた改善

どこでもカラーミーの戻り先URLが変更されました (*゜▽゜*)b

※追記:今は「お願い!カラーミー」はご要望受付フォームに変更され、閉鎖されました。




JavaScript が使えるページならどこでも貼付けてカートが使える、『どこでもカラーミー』。
使い方も簡単でとっても便利なカートJS、JavaScript とか特にわかってなくても誰でも使えます。

フリーページやブログなどに『どこでもカラーミー』のカートJS を貼付けて商品を紹介していて、その商品を購入したい人が「カートに入れる」ボタンを押した時、商品を販売しているカラーミーショップのカートの中へダイレクトに誘客します。

いままで、カートJSでカート内に来た人が「買い物を続ける」ボタンや「ショップへ戻る」のリンクを押したときの戻り先は、商品を販売しているカラーミーショップの商品詳細ページでした。
でも、フリーページやブログなどを見ていて、そこに貼付けられている『どこでもカラーミー』からカートに入れた後の戻り先URLが商品詳細ページだと、カートに入れる前に見ていたページとは異なるのでよくない、戻り先を選ばせて欲しい、というお願いがでていました。

お客様にしてみれば、戻り先はカートボタンを押す前に見ていた元のページへと戻りたいはずですし、その方が適切で戸惑いが無いというわけです。
で、『どこでもカラーミー』のカートを貼りつけたサイトに画面遷移する仕様へと変更になりました。

■ 仕様変更対象
カートJS機能を利用して貼りつけた画面からカートに入った場合の「買い物を続ける」ボタン、または「ショップへ戻る」リンクを押したときの動作

■ 変更前後
変更前:ショップの商品詳細ページに画面遷移
変更後:カートJSを貼りつけたサイトに画面遷移

それはそれでいいんだけど、フリーページやブログなどに貼られた『どこでもカラーミー』からカートに入って、戻る先がもともと見ていたページになる場合、inali は「買い物を続ける」ボタンや「ショップへ戻る」のリンクも、だったらその表現はどうなのかな~って、ちょっと思っちゃいました。

だって、たとえばブログに貼られている「どこでもカラーミー」のカートJS がひとつだけだった場合とか、そのブログに戻っても他に買い物を続けられるわけではないし、「ショップへ戻る」のリンクも、ショップへ戻るんじゃなくて、もともと見ていたブログへと戻るわけなんだし、そこは特にショップってわけじゃなかったりとかしませんか?

しませんか~(*゜▽゜*)?

「お願いカラーミー」で機能改善、あ、これが必要って気付いた事はどんどんお願いしましょう!

ユーザー様のご要望を元にした機能追加が現実になる「お願い!カラーミー」があるショッピングカートは【カラーミーショップ】だけ!

ちなみに、『どこでもカラーミー』のカートJSってのはこういうもの。(デザインは一例です)

デザインや色、表示項目などは任意で選べます。
ね、便利でしょ?、スマートフォンで見たとき、「どこでもカラーミー」のカートJS は、自動的にスマホ向けのデザインになりますよ♪

URL :
TRACKBACK URL :

この記事にコメントする

Return Top