goods and life +

SEOの基本

検索結果の上位に表示されるサイトとは?… (*゜▽゜*)♪

SEOとは?

SEOとは Search Engine Optimization の略で、検索エンジン最適化のこと。
なぜか検索エンジンの会社がわざわざオープンにしている SEO のための情報がすっ飛ばされ、あっちこっちで「Web の検索結果でサイトを上位表示させるための特殊な施策やそのテクニック」のように書かれていたりする事が多いのですが、ぶっちゃけそうじゃないですよね(笑)

そうすると、なにかその「特殊なテクニック」とやらを駆使して施策したら上位表示が出来るのではないか、いや、きっとそうに違いない、上位表示のサイトはみんなそれをやってて黙ってるに決まっている、よ~し、あのキーワードで1番目になったら○○だ!、フハハ~!!って情報商材に釣られる人たちが変な欲出して妄想するじゃないですか(笑)

こんなことも起こるかも…。

ここから虚構

あのサイトはどうして1番なんだろう…
そう思った事はありませんか?

それはSEO対策に成功しているからです。
自分のページを自動的に上誰よりも速くWebの検索結果に自動的に上位表示できたら…!
今の上位表示ライバルサイトを駆逐して、今度はあなたが1番に!

誰も教えない

(略)

たった1分の作業で実践するだけ。!

おっと、申し遅れました。
はじめまして。私、

(略)

 icon-check-square-o あと0時間15分と数十秒で元の価格の399,990円に大幅に値上げします。

 icon-check-square-o 「必殺自動化ツール」を無料でプレゼント!

今回『驚愕のマル秘情報 The Secret Path』の購入者に限り、未公開の「必殺自動化ツール」を無料プレゼント。
『驚愕のマル秘情報』購入者で、その実践テクニックを1から伝授する「4時間セミナー」に参加するUST塾生だけの特典となるため、UST塾に参加し、洗脳「1000万セミナー」出席が必須です。
UST塾生だけの特典や質疑応答やアテンダントの時間もあります。

 icon-check-square-o あと0時間15分と数十秒で元の価格の399,990円に大幅に値上げします!

ここまで虚構

…とかいうようなマル秘のものなのかと。

検索エンジン最適化をおこなう事によって何がおこるのかといえば、検索エンジンにとってページの内容を読みとりやすいサイトの構造にできるわけです。
つまり、「糞な内容の糞なページ」だと、検索エンジンにも「糞な内容の糞なページだな、はは」と読みとらせやすくなる」わけです。
ダメダメなものを細工したら上位表示するなんて検索エンジンの会社は言ってませんし、書いてません。

仮にダメダメなものを上位表示させてゴミみたいなのが検索結果の1番上にあったってどうしようもないでしょ、誰も見向きもしませんよそんなもの、開けたって即閉じられるだけ。
なので、質や内容が問われるわけです。

Google も bing も SEO のための情報をほとんどオープンにしていて、わりと細かく書いたり、フォーラムも持っていますし、アホが書いたようなゴミ商材の情報見てないでそこ読めばいいじゃないですか?
絶対に Google や bing のエンジニアの方が優秀だし、信用あるでしょ、違いますか?

検索エンジンの会社は、検索しているユーザーの望むものをちゃんと検索結果に返すことを目指しています。
信用や利用者を失ったら維持できなくなります。

このことから普通に考えて、検索エンジンの会社が望むものとそうでないもの、結果表示に返すもの・返さないものは、けっこうはっきりしていると思います。

Google のガイドラインに従って、検索エンジン最適化スターター ガイドに沿って作ったり既存のサイトを改善すれば、検索エンジンから「クロールされやすく」「インデックスされやすい」サイトの状態に構築することができます。

検索エンジンにとってページの内容を読みとりやすいサイトの構造にしていればどんなサイトでも絶対に検索結果の上位に表示されるサイトになるのかといえばそうではないですが、ユーザーと検索エンジンの双方に優しいサイトを心がけて構築したほうが、個人の好みで好き勝手に作るよりも何かと合理的でお得。

なぜなら、検索エンジンから「クロールされやすく」「インデックスされやすい」サイトの状態なんだから、普通にクロールされ、ほとんどのページがインデックスされていきます。

たくさんのページがインデックスされていると、多くの引き出しを持っているようなもの。
ユーザーが入力したキーワード(これをユーザーが解決したい問いと考えてもいいかもしれない)に対して、そのサイトのコンテンツが合致すれば(そしてさらに他のサイトと比較してもよりよい回答となる情報や他にはない独自の情報も持っていれば)、検索結果として上位に表示される可能性も高まりますよね、他との相対比較になるんですし。

検索結果の上位に表示されるサイトとは?

検索結果の上位に表示されるサイトとは、「ユーザーが入力したキーワードに対して関連性が高いコンテンツを持つ」と Google の検索アルゴリズムが判断したサイトです。
…とGoogle 自身が書いています。

なので、基本的にはユーザーが入力したキーワードに対して、関連性が高いコンテンツを持つページであると、その時の検索アルゴリズムに判断されている必要があります。
検索アルゴリズムもわりと頻繁に性能アップしたり追加の視点が強化されたりしていますので、評価軸は変わらないにしても、常時同じ検索結果を返すというわけではなくて、ある日検索結果が大きく入れ替わっていたりすることもあります。

Google は「ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返す」ことを目指しているので、検索アルゴリズムが重きを置く点がタイミングによってどんどん変わっていったとしても、基本的にはユーザーのニーズにぴったり一致するような、内容のある質の高いコンテンツを持っていればいいわけです。

コンテンツの中には、ユーザーの「検索行動の多様性」を意識して、ユーザーの検索行動に関連性のある言葉があったほうがなにかとお得。
だからって検索エンジンを騙すように、答えがいっぱいあるように見せかけて無理矢理いろんなキーワードを詰め込むとダメダメ、コンテンツの中で必要性があって使われているというような、あくまでも自然な文章の流れの中でユーザーの検索行動に関連性のある言葉が使われている必要があります。

なんだ、それだけか?って思うかもしれないけど、Google で最上位に掲載されることを保証できる人はいません、とGoogle 自身が書いているんです。
それを保証するとか言ってるのはみんな詐欺師なんです、ペテン師。

あるキーワードで最上位に表示されているサイトは、コレコレをやったから最上位になっているというものではなく、クロール、キャッシュ、インデックスされ、リンクされ、今の時点の検索アルゴリズムのいろんな指標をもって、あるキーワードでユーザーのニーズにぴったり一致するものを返そうとした結果、自動的に最上位に表示されているだけ。

なので、まずは検索エンジンから「クロールされやすく」「インデックスされやすい」サイトで、サイトの中身にはサイトを訪れるユーザーにとってニーズにぴったり一致する有用な情報があって、しかも使いやすいサイトで、また「ユーザーにとって便利で価値がある」からこのサイトをリンクしようと他のサイトに判断されて、その結果として自然なリンクがついていくようなユニークでオリジナルなものを作るしかなく、そこに都合の良すぎる抜け道は存在しないです。

メタ・キーワードや内部リンクのページランク・スカルプティングも今はもう意味がない。
小細工しようと思えばできるような箇所にとらわれる必要はなくなってきたのかもしれません。
もし検索エンジンがなくてもその施策をやったのかどうか疑問をもたれるような不自然な行為はやめておいた方が安全ですね。
自然に増えていく外部リンクは他人が付ける事なので自分でコントロールができませんが、残りは自分でなんとかなる部分です。

Google のアルゴリズムでは、自然なリンクと不自然なリンクを判別します、サイトのインデックス登録やランキングで有効なのは、自然なリンクのみです、そしてペイドリンクはガイドライン違反とGoogle 自身が書いています。

ただし、人が審査する大手ディレクトリはペイドリンクという扱いではなく、審査に対して費用を支払っているものとして解釈されているため、サイトの審査が必要な大手ディレクトリへの登録はリンクを購入したのではないという認識となっています。
今までは不自然なリンクを判別しても無効な評価の扱いになっていただけでしたが、つい最近は警告や最悪の場合インデックス削除などのペナルティや積極的な排除も行っていることが目立ちはじめているようです。

でも上位表示されていてもダメなものはダメ

サイトのコンテンツを利用するのは人であるユーザーなので、上位表示されたところで、コンテンツがどうしようもないのだったら運用の結果もまたどうしようもない。
検索エンジンはユーザーがコンテンツを見つけるための道具として使われているに過ぎないもので、検索エンジンが読みやすいようにするところだけがサイト全体の最適化のすべてではないのです。

あるキーワードで1番目になっていたとしても、比較に晒され、順次2番目、3番目のサイトを見たり、2~4ページ目までチェックしてって感じで、必死で比較したりする人もいるので、比較のあげくユーザーが戻ってきてくれたり、そこで物を買うことを決定してもらえたりする要因を持つコンテンツであること、特に一般的な情報だけでなく、そこにしかないような独自の情報を持っていた方がいいに決まってます。

キーワードを入れて検索しているユーザーが求めているのは、キーワードに対する回答、「ユーザーにとって有用な情報があるコンテンツ」に用事があるのです。
そうじゃないと、上位に表示されていても、入ってきた後「あ、ここちがう…」って感じで直帰率が高くてユーザーが戻ってこないサイトになっちゃいます。

銀座一等地だよ~(*゜▽゜*)b

URL :
TRACKBACK URL :

  • コメント ( 15 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. こんばんわ

    SEO対策
    なかなか難しい対策ですね

    高いお金でSEO成功とか
    怪しすぎますので、

    手を出しにくいですね

  2. SEOは無料でおこなえますし、
    おっと、申し遅れました系はがっかり系というかゴミですね

  3. そーだ。ココロデザインショップの方もサイトマップとかやんなきゃだわー。
    せっかくinaliっちに教えてもらったんだもん、一回限りじゃもったいなーい☆

    そういやおまとめ記事も書くとかいってたのに、ごめんね。
    膨大過ぎて笑。もー、勝手に読み取ってみたいな。

    ショップの方やりながら、考えよう。

  4. ナニこのスターターガイド、じっくり読むわ。
    こんなわっかりやすい、日本語のガイドがあったなんて。

  5. >…とかいうようなマル秘のものでは「ない」のです。

    ここに来るまで長い長い。
    疑心暗鬼になってページを閉じるところでした。

    ブログ村もtarget=”_blank”じゃなかったので、
    コメント書く前に閉じてしまうところだった。

  6. こんばんは
    ブログを始めた当初は、SEO対策に必死になってましたが、
    今は、ほとんど、あきらめています(笑)

    さすがに、お金を出してまでは、SEO対策はするつもりはないです

  7. 虚構部分が長過ぎて、途中でウソだ!とか腹立てちゃった人やクローラがいるかもしれない
    でも、もっと長いんですよね~
    なぜかブログ村はデフォでtarget=”_blank”がついてませんでした…

  8. こんにちは。

    >キーワードを入れて検索しているユーザーが求めているのは、結局はキーワードに対するズバリな回答、「ユーザーにとって有用な情報があるコンテンツ」に用事があるのです。
    そうじゃないと、上位に表示されていても、入ってきた後「あ、ここちがう…」って感じで直帰率が高くてユーザーが戻ってこないサイトになっちゃいます。

    僕のブログはまさにそうです(笑)

  9. でもブラックハットSEOとかやってないから別にいいんじゃ?
    てかブログの直帰率って、おーとえすさんも書いてるけど、
    ちゃんと測ってみないと案外壊滅的な数値だったりしますよ~
    日本イクメン協会とか立ち上げたらイクメン集まるかも!

  10. 「虚構」表示が増えてる♪って朝、コメ入れたつもりが、確認不足だったわ笑。

    inaliさんが知らない人なら、虚構部分一行読んで直帰だったー。

    検索直帰って、有効な情報を手に入れて、満足してすぐ帰るって
    場合もあるよね、と、いい方にも考えてみる。

    まあ、ブログ自体に興味を感じて他記事も読んでもらうってのが
    理想ではあるけど。

  11. Tomさんに指摘されて、これまずいよねって感じであわてて変えました
    ブログ村もtarget=”_blank”付けましたよ~
    こういう縦長の人狩りセールスレター形式を一番したまで読んじゃうと
    釣れたりするそうです、こわいですね~(笑)

    これから嘘書く時は虚構ワッペン貼るわ~
    クローラーにもこれは虚構ですって教えるタグがあったらいいのにな~
    アルティメット・ソリューションズ・チーム、とか、denari と申し、
    とかでググると笑ってしまいました

  12. リンクに関してはnofollow属性って奴でいいんだろうけど。

    一応「noindex」っつーのもあるんだね。
    http://lhsp.s206.xrea.com/misc/meta-robots.html
    詳しく知りませんが。

    今、うちは「叶恭子 名言」で、1ページ目にいるらしいよ。
    ぼちぼち検索で跳んできてる。そして直帰笑。

  13. ほんとだ「叶恭子 名言」1ページ目にいた

    あとインデックスを拒否する noindex はちょっと特殊な状況じゃないと
    実際にはそんなに使うこともないと思いますよ。
    htmlサイトマップのページ(xmlサイトマップではない)がリンクだらけで、
    見た感じどうみてもスパムみたいに見えて、それが誤解されそうで不安なときとか、
    そのページに noindex,follow をつけて、インデックスはしないで、でも
    リンクはちゃんとたどってね~感じで、まず使うことないかも。

    nofollow は解放しているトラックバックとかには付けときたいんですけど
    ついてないからファンブログがアレな宣伝に狙われるんでしょうね。

  14. こんばんは

    子供が体調崩していて、訪問できずすいません。

    なかんかSEO対策むずかしいですね。

    怪しいのも確かに・・・おおいですね。

  15. あらら体調崩しちゃってるんだ、今のどが痛いのはやってるみたいだし
    それに訪問とか別にぜんぜん気にしないでいいんですよ~

この記事にコメントする

Return Top