goods and life +

OSX マウンテンライオン入れたった!

OS X Mountain Lion 入れたった~ (*゜▽゜*)♪

OS X Mountain Lion って、どうして Mac OS X Mountain Lion って名前じゃないのかな~、Mac って名前はいずれなくなるのかな~!

OS X Mountain Lion インストール

仕事用の 10.6.8 Snow Leopard の環境をいきなりかえてしまうのは色々とオソロシイので、とりあえずそっちは置いといて、OS X Mountain Lion を入れてみた~♪

1,700円、やっす~♪
たったの 1,700円ナリで、最高のクラウド世代の OS になる~

 

とりあえずクレジットカード使うの嫌なのでコンビニに行ってきた。
App Store カードってのが売ってたような気がするけどなかったので、 iTunes カードを購入してきた、こんなの。

iTunes カード3000円分

これがあれば番号と自分のApple IDで何でも買えちゃうだろうと。
番号は裏のシールをはがすと出てきて、これをストアで入力したらカード記載の金額分が入金される仕組み。

iTunes カード裏側

とりあえず情報漏洩なしって感じでお気楽、クレジットカードを持っていない人(ただし13歳以上である必要があります)もこれがあればOKだし、ギフトにも使えるっていうなにかと便利な代物です。
番号を入れて、入金確認して、Mountain Lion 購入。

ダウンロードされる~♪

OS X Mountain Lion ダウンロード中

ツイートとか見てたらダウンロード時間かかると書かれたのが多いけど、あっちゅう間にあっけなくダウンロード完了。

インストールの準備完了~♪

OS X Mountain Lion インストール開始

使用許諾契約に同意して

OS X Mountain Lion 使用許諾契約

再起動してインストール開始、20分程度必要。

OS X Mountain Lion 再起動

インストール完了

OS X 10.8

OS X 10.8になっちゃった、Macの名前はいずこへ~…。

アプリケーションローダーのアップデートきてる~♪

アップデート

ブラザーのレーザー複合機のプリンタソフトウェアアップデート2.9きてる~♪

ブラザープリンタアップデート

とりあえず Safari 6 が速い、Chrome っぽい検索語の入れ方ができるように変わってる。
いろんなアプリケーションのウィンドウも右下の三角のつまみみたいなのがなくなってて、角丸になってて、左右と上下それぞれ好きなところ引っ張れば拡大縮小できるようになっててちょっと便利かな、でも Windows 7 と一緒のようなものですね。
通知とかはデスクトップでまずそんなに頻繁に使わないだろうけど、普段隠せる仕様だからまあいいか。
トラブってる様子のメールのメモとかも使わないし、まあいいか。
VMware Fusion 4 は DP’s は動いてたらしいけど、Mountain Lion の件はまだ公式にも情報が出てないみたい。
ま、DP’s が動いてるんだし普通に動くでしょ。(追記:4でも5でも動きます!)

あと、Lion の時に既に言われてた気がするけど、Mac OS X 10.6.8 と比べたらファインダー周りや Safari などのフォントが汚い気が…

気がじゃなくて、10.8 でもほんとに変わってますね。
たとえば Safari5.1.7 だとこう見えている文字が…

こうなっちゃいます。

Safari 6 も Google Chrome もこんなだからシステムフォントの問題?
ブラウザだけでなくファインダー周りの文字がみんな無駄に太くなってるような…

それから、CS6以前に発売されたアドビ製品をダウンロードで購入している場合、OS X Mountain Lion をインストールすると「開発元が未確認…」エラーがでるかもしれないので解決方法がこちらに載っています。
(実はダウンロードしたアプリケーションの実行許可をするだけ)
inali もCS5.5 WP をダウンロードで買っているので Mountain Lion 側でアドビを使うのはそこだけちょっと注意ですね~。

サードパーティアプリとの親和性はこれからじっくりチェック~(*゜▽゜*)♪

URL :
TRACKBACK URL :

  • コメント ( 13 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. うわっ笑。なんかびっくりした。宣伝?ありがとう

  2. 「パート派遣主婦の‥」が気になって、みんな検索するに違いない
    いっぱい誘客できるかな~♪

  3. しかし Mountain Lion って10.6.8 よりも動作が軽快なんだな
    iCloud便利だし…、
    でも、どうしても Rosetta を使わないといけないのが2つあるからなあ、ん~…

  4. ん~しかしMountain Lion ってスノレパと比べたらけっこうメモリ喰いますこれ。
    8GBじゃわりと空きが圧迫され気味になっちゃうなあ~。
    VMware Fusion 4 は普通に使えるし、通知もまあそんなに邪魔にならない。
    リマインダもメモも便利だし。
    ただPsに入れている古いプラグインがたまにエラーで落ちちゃうときがあるので、CS5.5を使うときはスノレパの方が安定してるな~、というかプラグインが古いからなんですけどね。

  5. 検索で来てくれたのー♪
    「パート派遣主婦」
    「パート派遣主婦のぐーたら」で
    Googleから計二件。しかも直帰。ありがとう笑。

  6. 計二件…
    Safari5.1.7での見え方と、Safari6での文字の見え方のチェックだったりして…
    そういえば Win版の Safari6ってなくなるのかもね~。
    まあChromeがあればほとんど一緒なんですけどね、webkitのブラウザだし

  7. inaliさんおひさしすー
    Mountain Lionのフォント管理何つかってます?
    僕ずっとLinotype FontExplorer Xの1.2.3使ってたんですが、なんかMountain Lionにしてから再起動するたびにアクティベートしてたフォント解除されるようになっちゃって。
    あと僕持ってたFusionは3だったので4を買い直す羽目に。あとなんだっけ。
    OS代¥1,700のわりによそでいろいろ結構使わされたかもですよ・・w

  8. OSX以降はもう面倒くさいのでいまはフォント管理はFont Bookしか使ってないよ~。
    もうこれでいいのだ~
    あとログイン管理のアプリが必要、OSの2倍以上するんだな~、フリーでいいのないかな…。
    フォルダのロックや暗号化、スクリーンロックも欲しいなあ。
    Fusion3は無償アップグレード期間にタダでアップデートできたし、あとなんだろうな?
    なんかどんどん雑になって来てる。
    そう考えると10.4の頃のは微に入り細に入り必要なものが全部あってパーフェクトな環境だったなあ…

  9. SGLさんへFontExplorer Xの1.2.3は~/Library/Application Support/Linotype/FontExplorer X/FontExplorerXAutoload.appを自動起動しておくようにすればアクティベート解除されなくなります。
    FontExplorerXAutoload.appはチェックをつけておいたフォントをアクティブにしてくれるみたい。
    で、FontExplorer X1.2.3はアクティブなフォントがリストに合致すればアプリ上で再チェック入れるという2段構えの管理をしているよう。

  10. おっとこれはいい情報ありがとうございます。
    SGLさん、FontExplorer Xまだいけるみたいですよ~!

  11. うわ!折角いい情報を教えていただいてるのに全然気づいてなかった!
    通りすがりさんありがとうございます!
    ライブラリ内からFontExplorerXAutoload.appを見つけ、エイリアスをデスクトップに作ってから起動項目に登録して、エイリアスを消せば楽にできますねー。

    実はまたOS再インストールして、やり方探してて、ページ検索して引っかかってきたのがこのページだったのです。
    やるなInaliブログ・・。

  12. な~にぃ~、SGLさん気付くのおそ過ぎw
    そんなにFontExplorerXAutoload.appの情報ないのかー

  13. そろそろ全面移行できる状態になってきたよ~♪
    OSX 10.8 に慣れたら10.6までの大きめのボタン類とか進捗バー、スクロールバーなんかがバランス悪くてウザく見えちゃうねー。

この記事にコメントする

Return Top