goods and life +

Windows 8 Pro 発売記念優待版

10月26日発売 Windows 8 Pro 発売記念優待版の予約受付中 (*゜▽゜*)♪

10月26日発売の Windows 8 Pro 発売記念優待版が予約受付中になっています。
Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版は発売日お届け対象です。

Windows8

パフォーマンスの向上
Windows 7 以下の OS よりもパフォーマンスが向上し、タブレットにも最適化。
起動時間が Windows 7 の約2.1倍、アプリケーション起動時間やシャットダウンを選択してから電源が切れる時間も少し速くなっています。

最新情報が自動で表示される新しいUI、ライブ タイル
スタート画面を見るだけで常に最新の情報をチェックできるライブ タイル。タイルの位置を移動したり、サイズを変更したりもでき、アプリを開かなくても最新情報を知ることができます。

見た目が大きく変わっちゃいましたが、とはいってもおなじみの画面にもすぐに戻せます。
Windows 8 の新しいデスクトップ画面では、今までの Windows の左下にあったスタートボタンがなくなり、スタート画面に変わりました。
スタート画面からワンクリックでお馴染みの従来のデスクトップ画面に切り替える方法は簡単で、今使っているソフトや周辺機器だってそのまま使うことが出来ます。

デスクトップで仕事用に使う時はなじみのある従来の表示の方が便利かもしれないですね~。
Windows 7 の機能のジャンプリストやライブタスクバープレビューも同じように使えます。

スタート画面とデスクトップの切り替え方法
キーボードで操作する場合:[ Windows ロゴ ] + D
マウスで操作する場合:デスクトップ タイルをクリック
タッチ操作する場合:デスクトップ タイルをタップ

Windows 8 はクラウドに連携、タブレット端末に最適化された OS なので、Windows 8 搭載のタブレット端末で使う時は、タッチ操作に最適化された新しいUIの使い勝手がいい感じ。

 

パッケージ製品はアップグレード版のみ
いままでは通常版とアップグレード版がありましたが、Windows 8 のパッケージ製品には通常版はありません。
パッケージ版製品には 32ビット版DVD と 64ビット版DVD が同梱されています。
データの保護などセキュリティをより強固にしたい場合、会社のネットワークに接続するといった使い方の場合は、個人・家庭向けの Windows 8 ではなく、Windows 8 Pro がおすすめです。
会社で利用なのにホーム向けとかマジでイライラしますし、昔からいいことないです。

ただし、自作PC やアップグレード対象の OS を搭載していない PC へインストールされる場合は DSP版を購入する必要があります。
DSP 版 Windows 8 は自作PC のほか VMware Fusion などの仮想環境で Windows 8を使う場合、いままでフルパッケージ版を購入していた人向けの製品です。

DSP 版は 32ビット版と64ビット版で別製品となり、個人利用目的のみに限られ、OS単体で購入する場合は販売店やマイクロソフトからの無償サポートがないなどの制限があります。
Windows OS ではこれは毎度のことですけど、不正利用でも何でもないのにこういうセコい制限があるところがワケのわからない部分。

Windows 8 のアップグレード要件は Windows 7 のシステム要件とほぼ同等
ただしちょっとした制限があるので注意が必要です。
アップグレードをおこなうには、いま使っている OS が Windows XP、Windows Vista、Windows 7 のいずれかの場合になります。

PCのスペックは以下の要件を満たしていることが必要です。
32ビット版の場合、CPUが 1GHz以上、メモリが最低 1GB、HDD は 16GB 、64ビット版の場合は、CPUが 1GHz以上、メモリが最低 2GB、HDD は 20GB 、32ビット版・64ビット版ともに、DirectX9グラフィックデバイス(WDDMドライバー付き)、画面解像度1366×768px以上。

画面解像度が要件に満たない場合制限事項が発生することがあるので注意です(´・ω・)y─┛

Windows 8 Pro を1,200 円 (税込)で入手する方法はこちら

URL :
TRACKBACK URL :

  • コメント ( 4 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. こんばんは
    いよいよ発売が近づいて来ましたね
    いつも行列が出来ますが、今回も発売日には行列が出来るのかな?

    今度は、タブレットにも最適という事で、Androidとiosとの競合にもなりますよね

  2. やっぱり行列するのかな~?
    マウンテンライオンのときはコンビニで iTunesカード買って来て1,700円分消費してOSをダウンロード、そのままインストールって感じだったので、すっかり出不精と時間の節約に慣れちゃってOS買いに並ぶのとか面倒くさいな~って感じもしますけどね。
    そういえば iPad mini の発表イベントが10月23日にあるという話…

  3. これまた有用な情報ですね
    ついていかなきゃ~

  4. もーねー、仮想環境はAmazonが最安値みたいですね~

この記事にコメントする

Return Top