goods and life +

スパムに困っているファンブログユーザー必見

迷惑でウザいスパムリンク、勝手に付けられてませんか (・ω・)?

知らない間に過去記事のコメント欄やトラックバックに「詐欺サイト、偽ブランドや風俗店、アダルトサイト、情報商材」などへの悪質なリンクをじゃんじゃん投稿されて困っていませんか?
え?気にしてない?

訪問者が不快な思いをするだけじゃなく、それじゃマズいんです。
このようなユーザー生成スパムに対して、気付くまで放置でのんびり事後対策しかしないというのは、その期間あなたのファンブログはずっと Google のガイドライン違反状態です。

ユーザー生成スパムに関するガイドライン

検索エンジンの会社から見たあなたのブログの評価も悪くなりますし、評価の悪いユーザーが多く集まると、ルートレベル(http://fanblogs.jp/)である fanblogs.jpドメイン全体の価値も悪くなります。
UGCスパム(ユーザー生成スパム)を一人一人が放置していると、ブログがアクティブか放置かに関わらず、ユーザが何万人かいたとすると、数万本のスパムリンクがfanblogs.jpドメインに付いている状態になります、というかなっているのかも?
極端な話、ユーザー全員でいつ沈没してもおかしくない泥舟に乗りながらブログを書いているという状態です。

ユーザー生成スパムに対するGoogleの取り組み例

グーグルが2011年7月頃「.CO.CC」ドメインの全インデックスを削除しています。
(マルウェアをホスティングする利用者の割合が高かったため)
質の悪いユーザーのたまり場だったということで、ゴキブリの巣を破壊するのに核弾頭を使用したと揶揄されるくらいの勢いで、悪質じゃなかった人も全部巻き添えです、当然。
でも、実質的に迷惑行為発信所だからここが潰されても文句言える状態じゃないってこと。

今回、Mozillaでさえもこんなことに。
こっちはユーザー生成スパム、Mozilla はちゃんとしたところで質も高く信用もあって、もちろん迷惑発信所ではないけれど、あるページに2万件ほど集中的にコメントスパムがあったようです。
Mozilla の信用があってもダメなものはダメって感じ。
Mozilla、UGCスパムが原因でGoogleから手動ペナルティを喰らう

スパム投稿対策をおこなう方法

トラックバックスパムやコメントスパムに対しては、ファンブログでもある程度の自衛の設定がおこなえます。
やっておくと不快な目に合うこともずいぶん減りますよ。

 

ファンブログTOP > 管理画面TOP >ブログの設定のスパムフィルターをクリックし、禁止単語・URL管理にスパマーのURLを追加します。

ブログの設定

ここにスパム投稿者のURLを登録すると、そのスパマーは次回からあなたのブログに同じURLのスパムリンクを含んだ投稿ができなくなります。

コメント欄やトラックバックのスパム投稿者のURLを知る方法は簡単

・トラックバックスパムの場合
サイドカラムに表示されるトラックバックの場合、スパム投稿のリンクを右クリックし、リンクアドレスをコピーできます。
コピーしたリンクは、禁止単語・URLに追加します。

・コメントスパムの場合
記事の下にあるコメント欄の場合は、投稿者の名前がリンクです。
サイドカラムに表示される最新コメントのリンクも同じです。
名前を右クリックするとリンクアドレスをコピーできますので、コピーしたリンクを禁止単語・URLに追加します。

おまけ
ファンブログのトラックバックやコメント欄にスパムリンクを投稿する、わかっている迷惑人間のリストを公開していますので、活用してください。
※サイトポリシーに同意した上でスパムリンクを投稿したので、晒しあげになっています。

明らかにわかっているファンブログユーザー標的のスパムリンクがあれば、何らかの形で情報提供していただければリストに加えます。


トラックバックやコメント欄にスパムリンクを投稿する迷惑人間リスト

利用が少ないため公開終了しました、全部で59件DLのみ
2013/8月追記
共有ドメインでいくらがんばってもどんなユーザが入ってくるかは誰にもコントロールできない集合住宅みたいなもの。で、オーナーさんがのんきで、変な住人が尋常なく多くなってくると、みんなが悪質ユーザーの影響を受けてしまうということで、その中で何かをやってみたところで、結局運営側が強権発動でもしない限りやるだけ無駄ってことです。
(4ヶ月放置していたアメブロがどうなったかは記憶に新しいはず。)

実際、ユーザーにも規約を守られていませんし、わけのわからないスパマーの外国人もユーザーになってるし、おそらく多重アカウントですよ。
コメント欄やトラックバックなどが使用停止になるのは別にかまわないですけど、せめて事後報告じゃなくて、事前通知してからの停止でもよかったんじゃ?
てか普通に考えて、一人当たり数万のコメントスパム・トラックバックスパムが付いたたまま放置とかしてるから全体の動作不良を起こしたんじゃないですか?

いっぱいあって面倒ですけど、土日にでもちょこっと作業してみてください。
これは全部ファンブログに書き込まれたスパムのリンク先です。

ただし、これがすべてではないですし、スパマーはサイトURLを変更したり次々とドメインを変えたりするので、最新の状態を保てるようにチェックはご自分でおこなってください。
ユーザー設定のPCや携帯のメール送信をONにして、書き込みがあったらメール送信されるように設定しておくと早期に発見できます。

フィルター設定やオプションも活用すると自動投稿のスパム書き込みはかなり減らせます。

フィルター設定

コメントスパム・トラックバックスパムのどちらの場合も、対策後はブログから削除をおこなわないと書き込まれたリンクは残ったままなので忘れないように注意しましょう。
トラックバックの場合、管理画面からコメント削除をおこなう際に投稿者の IP も見ることが出来ますが、スパマーが IP を変更するとあまり意味がないです。

スパマーが無差別投稿で宣伝してまで誘導したい、がんばって作った誘導先のサイトのURL。
そのドメインをブロックした方がクレバーかもしれないですね。
コメント欄やトラックバックのスパム投稿者のURLをうっかり左クリックすると質の悪いサイトへジャンプしてしまうので、踏まないように注意。

おすすめ記事
Google スパム対策チームわりと仕事はやかったり

ほんと迷惑なものは迷惑でしかないですから (*゚д゚) 、ペッ

2013/7/01追記

あるはずの場所にURLがなければ読み込めない、ファンブログ専用 URL 隠蔽スクリプト

このスクリプトはおすすめ。
http://www.fanblogs.jp/ayzfqir5/archive/800/0

このブログ(注.移転前のファンブログのことです)でも意図どおりに動いています。
ただし、
「トラックバックでスパムフィルターが有効であることを知らせる」を無効にしないとダメ。
無効にしとかないと URL は読まれてしまいます、ここ重要。
今回はここのチェックをはずしたセッティングです。

フィルター設定の変更

いろいろ不自由なブログって感じになってきましたけど、やれることはやっておきましょう。

このスクリプトの作者の Tom さんちにトラックバックしたらまたエラー画面に…
いろいろ不自由だなー、記事も書けたり書けなかったり、コメントも書けたり書けなかったり、トラバも出来たりできなかったり。

トラックバックしたらエラー

あ、こりゃダメだなって思ったら独自ドメイン取得してさっさと移転が吉。

URL :
TRACKBACK URL :

  • コメント ( 25 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. マスクドライダー17号

    こんばんは。

    しっかり「禁止単語・URL」って書いてあるのに
    URL自体を拒否できるなんて、ちっとも知りませんでした(^_^;)

    今までは、それ系の単語を禁止ワードにして
    それでも網の目を掻い潜って書き込まれて・・・
    発見する度に即削除とチマチマやっていましたが
    これだと根本的な対策になりそうですね。

    宜しければ教えて下さい・・・
    スパムサイトがURLを変えると、それまでバラ撒いて残ってる
    スパムコメントのURLとリンク先が異なってくるワケですが
    その場合、過去のスパム分は完全に効力を失うのでしょうか?

  2. 過去のスパム分は完全に効力を失うというか、リンク先がなくなっていれば、リンク切れの所に自分がリンクしている状態なので、それはそれでよくないかも。
    URLはそのままで、中身が変わってることはわりとありますよ。

    あと、ブロックリストに追加するときに注意するのは、ドメイン以下のスラッシュまでがいい感じ。
    なぜかというと
    example/hogehoge/Do-h/
    のようなディレクトリ使い回しで別の悪質なサイトをいっぱいもってるケースが多いので、その場合は、example/をブロックしちゃえばスラッシュ以下のディレクトリにどれだけいろんなサイトを作っていたとしても一気に全部片付きます

  3. こんばんは。
    今日ブログを見たら、突然トラックバックに変なのがいくつも書き込みされてて驚きました
    腹立たしいったらありゃしないです

    IPアドレスを禁止IPに追加して、削除したのですが、これだけじゃ不十分という事ですよね?
    スパムフィルターのオプションにある項目に全部チェック入れたら、防止できますかね?
    こちらにお邪魔する前に、削除してしまったので「禁止単語・URLの追加」には登録出来ませんでした
    先に来れば良かった・・・

    ためになる記事をありがとうございます

  4. ジャスミンさんとこにトラックバックスパムしていたのは以下の2つです。
    エッチttp://iyashiya.getenjoym●nt.net/
    httピー://hogushi.g●tenjoyment.net/

    ファンブログにトラックバックやコメント欄にスパムリンクを投稿する迷惑人間リストの中に含めておきましたので利用してください。

    ほんと迷惑ですよね、しつこいし。
    このスパマーはジャスミンさんとこ以外の他のファンブログにもたくさん投稿しています。

  5. マスクドライダー17号

    こんばんは。
    ご回答ありがとうございます(^^)

    効力が無くなるのであれば
    スパマーもURLは極力変えたくないのかな?と
    少し疑問に思ったので質問させて頂きました。

    結局、無対応な方が多ければ
    スパマーにとって旨味があるのでしょうねぇ(^_^;)

    次の休みの日に早速取り組みたいと思います(^^)

  6. そうです、対応しないままの放置がたくさんあるとよくないです。
    なので余計にこういった無差別爆撃のような手段で短期間で自サイトへのインバウンドリンクを大量に集めようとします、そのためにやっています。

    スパマーによってはこのドメインがもうダメなら使い捨てという感じで次々取得する、みたいな行動もあったりします。
    そういった人たちはできるだけ安いドメインを使い回す割合が高い実績があるため、そういう人たちに好んで使われる .info だとか .biz なんかの低価格なトップレベルドメインの価値は低いとおもいます。

  7. まったく知らない人からのトラックバックは
    まったく記事に関係ないなら削除出来るけど
    微妙にかすってたら削除しにくいし、悩んじゃうよ

  8. ん~、微妙なのは何でしょうね~
    最近というか昨日から大暴れしてるスパムは露骨な風○店の宣伝リンクでしたよ。
    サブキーワード(地域名)+ メインキーワード + 風○店名とか、露骨に悪意のあるトラックバックスパム。

  9. こんばんは。
    迷惑リストにあげていただき、ありがとうございました
    早速、にっくきスパマーどもを登録してやりました
    チェックもつけて、トラックバックの通知も来るように設定しました
    これでしばらく様子を見てみます。
    色々ありがとうございました
    先日お願いしたのリンクの件ですが、経過を見て、問題が無さそうなら
    来月辺りに貼らせて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?

  10. スパムリンクが外せたらいつでもリンクしてくれていいよ~

  11. ありがとうございますでは、貼った時に改めてお知らせします

  12. 初めまして。こんばんわ。
    Kuriと申します。

    マスクドライダー17号さんの書き込み記事から
    ここへジャンプしてきました

    最近、私のブログもスパムコメントに迷惑を
    受けています。

    そんな中で、Tomさんの記事と、この記事は
    とても有益で役に立ちました。

    この後、さっそく対策をしておきたいと思います。

    ありがとうございます

  13. みんながいちいち対策するようになると、rel=nofollow 属性がついてないfanblog をつけ狙うスパマーも全体的に減るかもしれないですね~。

  14. こんばんは(^^)

    4月15日の夜から、急にトラックバックスパムがたくさん付くように
    なって困っていましたが、ウェブ検索でこちらの記事にたどり着きました。

    とても参考になりました。
    ありがとうございました m(__)m

  15. そういえば、急にトラックバックスパムが増えたって今日おーとえすさんもTweetしてたわ
    またゲスなやつが暴れてるんでしょうね

  16. こんにちは。

    はじめまして、ランスロットと申します。
    ぽん太親父さんの記事から飛んできました。
    禁止URLを全部入れました。
    一応、ぽん太親父のところのURLは、入れたのですが、
    こちらにも、沢山あったので、禁止URLに追加しました。

    私も結構禁止URLを入れていたのですが、
    こちらは、もっとすごいですね。
    スパムは、何か根本的な解決が欲しいですね。

    有難う御座いました。

  17. そういえば昨日朝、バンコックから日本語でスパム書き込みがありました。
    ここのコメント欄にはCAPTCHAがあるので、どうやって書き込んだのかと思って様子を見ていると…

    コメントスパムを書き込んだ直後、続けて同じバンコックからこのブログの別の記事(http://fanblogs.jp/andgoods/archive/103/0)にやってきて、
    同じように手動でスパムリンクが入ったコメントスパムをやらかそうとしている貴重な瞬間をまんまと捉えることが出来ました。

    はじめの書き込みがされた直後に、「禁止単語・URLに追加」にスパム先のURLとメルアドの@から後ろ(今回の場合 h○tmail.c○m)を追加したため、何度トライしても書き込むことが出来ず、10分ほどしつこくトライしてました。
    そうとう粘着してます、すごいしつこい性格。
    前から不思議だったんですけど、やっぱり CAPTCHA は人間が読んで、手動でスパム書き込みをおこなっていたというわけでした(笑)

    これが thaicasinoonline.net ってスパム野郎、で、ページの下の方にあるリンク先が中国の詐欺系オンラインカジノ、ってことでまた中国人ってわけ。

    Domain Name: THAICASINOONLINE.NET
    Registrar: GODADDY.COM, LLC
    Whois Server: whois.godaddy.com
    Referral URL: http://registrar.godaddy.com
    Name Server: NS1.SPEEDYDNS.NET
    Name Server: NS2.SPEEDYDNS.NET

    「バナナチップがなんとかを救う神」とかわけの分からない日本語での書き込みだから、スクレイピングでどこかの何かの一文節だけ取り出してコピペしてるだけで日本語はできないのかも。

    で、こいつしつこい上に芸が細かくて、誘導先のURL(コメント欄の名前が入るところ)を、わざわざ人間には意味不明の UTF-8 の数字の文字列にエンティティ化するという凝り様。
    ぱっと見ド素人にはURLに見えないかもしれないから押してもらえるとでも思ってるのかと、アフォかと、バカかと。

    今回のスパムURLも「トラックバックやコメント欄にスパムリンクを投稿する迷惑人間リスト」に追加しました。

  18. こんばんは。

    コメント読ませていただきました。
    中国人は、なんでそんなことに力をいれるのですかね。
    わざわざ手動入力で。

    コメントのURLを、私も禁止URLに入れました。
    まだまだ、スパムは、なくなりそうも無いですね。

    貴重な情報を、有難う御座います。

  19. >中国人は、なんでそんなことに力をいれるのですかね

    第一の理由は騙されるお人好しが一人でもいればお金になるから。
    第二の理由は、第一の理由が達成できなかった場合でも、コメントスパムを放置してスパムリンクが無数にできれば、誘導サイトへのインバウンドリンクが出来るから。
    しかもファンブログの場合はそういったリンクがnofollowにならないからでしょうね。
    たぶんそれ以外の理由が無い。

    理屈はここをみ読めばわかると思いますよ
    http://fanblogs.jp/andgoods/archive/926/0

  20. それ以外の理由があるとしたらマルウェア感染させてボットネットワークに加えるとか踏み台にするとかでしょうね。

  21. こんにちは。

    コメント有難う御座います。
    参考になりました。
    ファンブログユーザーにも、
    本当に、悪い人もいるのですね。

    同じ人間として、嫌ですね。
    やっぱり、管理側で、
    どうにか対応して欲しいですね。

  22. わけがわからずに質の低い最低のブログを作る人も、完全に悪意を持って利用する人もいます、審査無し、無料、それがキッチリ裏目に出てるというか。
    一応たまに報告はしてるんですけどね、残念だけど対処されてませんね。

  23. こんにちは。

    コメント有難う御座います。
    >審査無し、無料、それがキッチリ裏目に出てるというか。
    確かに、裏目に出ている感じですね。
    何事も、悪く利用する人がいますね。残念です。

  24. 悪人のいないディズニーランドみたいな世の中ってのはファンタジーで、現実にはどんなサービスでも悪利用される可能性がある箇所のままなら悪利用する人が出のは容易に想定できることで、たとえばコンビニに商品があってレジも店員もカメラもなかったらどうなります?

    どこをどういうふうに悪利用されるか想定してあらかじめ策を講じるとかは管理者の責任で、ほんとうに残念なのは対処しない運営だと思いますけど。
    悪人はいなくなりませんというか、わざわざ悪人を呼び込んでるわけで。

  25. 今回一人で1万以上のスパムコメントのリンクやトラックバックリンクが付いている人がたくさんいるみたいですけど、気にしないで放ったらかしにされてたり、もしかしてまったく気付いてさえいない人がいるみたいですね。
    Mozillaでさえあんな事になってるんだし、信用度のまるで違うファンブログでこれじゃ、ぶっちゃけもうダメなんでしょうね。
    無料の共用ドメインは多数派のユーザーの質で決まっちゃうんだな~、ぶっちゃけ質低いもんね。

この記事にコメントする

Return Top