goods and life +

オートサーフというかトラフィックエクスチェンジ

ファンブログのサイドバーに設置していたリンク表示を廃止しました。

あまりこういうことは書きたくなかったんですけど、こういった記事も人の役に立つかもしれないので書いてしまいます。
最近、トラフィックエクスチェンジからのアクセスを確認しています。
このトラフィックエクスチェンジの問題についてです。

いまだにアクセスアップやランキング対策に非常に効果的だというようなことをブログやサイトに書いて、トラフィックエクスチェンジ経由のアクセスを本気で喜んでいるようなヤバい人が…。
これがもうめちゃくちゃ古い情報でゆるゆるの時代ならともかく、ごく最近書かれている記事もたくさんあったりします、もうねアフォかと。

アホにつける薬

トラフィックエクスチェンジのアクセスのほとんどはオートサーフ、つまり、ちゃんと見る人の誰もいない『空アクセス』ですよね、しかもアクセスやクリックを金で買った…。
考えるまでもなく、見る人のいない空アクセスの数がいくら増えたところで閲覧者は増えません。

そういった何の意味もないアクセス数の水増しを必死でおこなったところで、カウンターの数字が増えるだけのこと。
カウンターの数字を動かして、俺はこんなに人気があるとかいってるアレな人って…。

どう考えても開いた瞬間に閉じられてしまうようなブログがなぜかランキングサイトのマイナーなカテゴリの上位にいて、クリックされた数字だけはものすごい突出した数だったり、その事をどこかで自慢してカモを探していたりとかもありがちな利用のされ方なんですよね。
「いいね!」の数を買っている人と同じ行動なわけですが、てかそれ以外の利用のされ方とか意味とかあるんですかね?、ないですよね。
そういう人って結局のところ、情報商材のアフィリエイトとかやってるんですよだいたいね。
で、その宣伝こそが主目的ですよね、違いますか?

無意味
読者のいない見せかけのアクセス数を増やしたところで、全くもって何の意味もないし、リファラスパムと変わらない。
こんなの常識で考えて大喜びする理由なんてどこにもありませんし、むしろ自分のサイトへの正確なアクセス数もさっぱり把握できなくなって、(買った数を足すだけだから把握できるほどもともとのアクセスが異常に少ない?)改善するべきところを考えたりする機会をなくすだけというか、既に思考停止状態なのかと(笑)

この空アクセスの数をアクセスカウントとしていちいち勘定して、アクセスアップしたとか言ったり思ったりできる人は、はっきりいって「アホ」なんじゃないのかと。
…というよりもこれ逆に、悪用する意思がない人が空アクセス数でクリック水増しとかカウンター数水増しなんかをやって本気で喜んでるとしたら、底抜けのアフォですよね。

仕組みと参加者
トラフィックエクスチェンジの中には他人のホームページやブログを見ることでポイントが貯まり、そのポイントを消費することで今度は他人に自分のサイトを見てもらうことができるという仕組みや、先にお金を振り込んでその分をポイントにしてアクセスと引き換えに消費させるような運営をしているところもあります。

普通に考えて、わざとらしく喜んでみせている人はトラフィックエクスチェンジの運営者か、無知無自覚の本物のアホか、ネットスラングでいわれるところのポイント乞食しかいないでしょう。
中にはこういった行為をネットビジネスだとか言って一日中ログインして毎日取り組むような失笑ものの人もいるかもしれない、で、問題なのが意図的な悪用です。

効果の範囲
そもそもトラフィックエクスチェンジはそこのサイトに登録しているユーザーしか参加していないという、Webの中においてのクローズドな環境下にあるわけですよね?
よって、そこの参加者内でいくらアクセスを交換したところで、参加者以外の目に触れることなんかはほぼなくて、そんなことをやっていてもいつまでたっても閲覧者も訪問者も増えません。

それでも読者のいないカウンターの数字を喜んだりできるのならかなりの重症、な~んにも考えないで、「どこの誰かもわからない人が何の目的で書いたのかも不明なネット上のいい加減情報」を鵜呑みにしてしまって、その結果いろんなことをはき違えて損をしながら過ごしてきていると思います。

世の中には都合のいい安直な裏技とかありませんし、あったら大勢の人がやるだろうし裏技にならない。
ほんとうに効果があって意味があり、害がないのなら、個人よりもはるかに情報も資金も持っている大手をはじめとして、先人がみんなやっていると思いませんか?
思いませんか、ああそうですか。

 

例えば、読者のいない空アクセスが増えて本気で喜んでいるっぽい人がいます
で、裏技とか言ってますけど、読者がどんどん増えてアクセスアップしてるんじゃなくて、意味のないカウンター回しっこしてるなだけなんですけど…。
お前たちはハムスターかと。
ameblo ってだいたいこんな人が多いんですけど、こんな人を専門にターゲットにしてカモる人か、カモられてがんばってる人が目立ちます。

不正行為の原因
たとえば Google AdSense のプログラムポリシーでは、自動誘導(オートサーフ)、有料誘導(ペイドサーフ)、有料購読、有料クリック(ペイドクリック)など、広告を故意にクリックまたは表示する行為が固く禁止されています。
普通に考えて、ポイントを消費して自分のサイトを見てもらう行為もペイドサーフの範疇に含まれるでしょうし、それ以前にオートサーフがアウト。

ましてペイドクリックなどがあった場合、広告出稿主はポイント乞食にたかられて損害を被りかねい状況に置かれてしまいます。
例えば本音としてはポイントが欲しいだけでその広告に用があるわけではない、そこで発生してしまうことがあるかもしれないクリック。
トラフィックエクスチェンジやクリックエクスチェンジプログラムなどは広告主に収益上のリスクをもたらす不正行為の原因にもなる可能性があります。

無自覚なスパム行為
普通に利害や効果を考えてみるとわかることだと思いますが、まったく意味のないトラフィックでサーバーに無駄な負荷をかけたり、広告主にリスクを与えたりすることになるトラフィックエクスチェンジに参加するということは、広義な意味で無自覚なスパム行為だと思います。
たとえば、Google のトラフィックエクスチェンジに対する考え方は以下のようなものです。

トラフィック エクスチェンジのご利用について

こういった理由で、内輪で無意味なカンター回しっこをやってもらっている分については、外部の人はまあ放っておけますけど、参加者以外のサイトやブログがトラフィック エクスチェンジのサイトに掲載された場合どうなるかというと、そのサイトやブログ、そこへ広告を出稿している広告主に迷惑をかけることにしかなりません。

全ASPに一発で永久アカウント剥奪される悪用を薦めている人もいる
クリック課金のある広告をリンク先にして、自動でクリックさせて報酬を騙し取る手口もあるようで、その方法を示唆するブログもあります、それがまたファンブログユーザーのブログだったりします。

ファンブログには偽ブランド・詐欺サイトへの誘導用のワードサラダなどを作っている人も存在します。
パターンや状況からみて、運営者を騙して複数アカウントを取得し、名前を替えただけの悪意あるスパムブログを複製し、量産していると見受けられる人も存在します。
無知無自覚を装って、たえず初心者を探しまわり、広告をクリックしておきましたよ、というすっとぼけたコメント周りをして自分のブログへの誘客をおこなう人も存在します。
こういう人たちが fanblogs.jp ドメイン傘下に共存してしまうわけです、みんな見ないフリしてるけど、酷いことになってます、困ったことですよねこれ。

こうなってくるともう無知無自覚の本物のアホというよりも、明確な悪意を持って故意にやっているんだなということがよくわかります、参加者の集いも見つけた事があるんですけど、そこを見たらみんな積極的に能動的にやってます。
ファンブログとかの無料ブログがいくら使いやすいといっても、ここまで悪意が蔓延していて運営が制御できないでいるのなら酷い状況ですよね。

つうかトラフィックエクスチェンジ参加者以外のサイトやブログ、広告出稿主の広告をトラフィックエクスチェンジで宣伝するようなことは絶対に止めてくださいよね、やめろ。
誰かによってトラフィックエクスチェンジのサイトに自分のサイトが掲載され、そこからのアクセスやクリックがデンジャラス過ぎるといった相談が Google のフォーラムにも出ています。

トラフィックエクスチェンジからの迷惑アクセス
参照元:traffic-exchange.tv 名古屋からの迷惑アクセス

参照元:traffic-exchange.tv この時はたまたま発見、名古屋からです。

誰かが参加していて掲載しなければトラフィックエクスチェンジから参照されアクセスがあることは通常ないと思います、トラフィック エクスチェンジに参加している可能性のある運営者とリンクになっている、またはさらにその先がリンクになっているのかもしれない状況は広告出稿主に損害を与える可能性があり、そういったケースになっているとすれば不本意なことですけど、その件に対してこちらからの制御がおこなえません。

そういったアクセスを .htaccess などでまとめてはじくことは fanblogs などではおこなえない構造になっているため、サイドバーに設置していたリンク表示は廃止にしました、その中に参加者がいますよね。
もしトラフィックエクスチェンジに参加している方がいて、トラフィックエクスチェンジ参加者以外のブログや Webサイトをトラフィックエクスチェンジで宣伝している方がいれば、そのような行為は直ちに止めてください、やめろ、お願いします。

URL :
TRACKBACK URL :

  • コメント ( 7 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 私ある人のブログで見て登録したけど
    ポイント貯めるために見るサイトは情報商材ばかりだし
    仲間内でぐるぐる回してるだけじゃんと思って解約したけど
    放っておいた期間があるので、それでinaliちゃんに迷惑かけたかも

    >誰かにトラフィック エクスチェンジのサイトに掲載されてしまい
    これは意図してやるの?
    知らない間にってことあるのかな

    もう解約したとはいえ気になる

    何気に登録しちゃったけど
    関係ない人にまで迷惑かけることになるんだね

  2. これはねー、キッチリした原因がわからないの、でもリンク経由で来ているわけじゃなくて、検索で入ってきたわけでもなくて、トラフィック エクスチェンジのサイトから直接的にきているので、向こうにこっちのリンクが無いとこれないはずなんだよね~。
    先月半ば以降からって感じになってるので、一旦全部リンクを外して、表示を廃止にしている間のトラフィックをみて、流入経路の観察をしばらくやってみないとな~という感じ。
    あんまり気にしないでください~、ただそれがいろんな広告なんかをぽちぽちしだすと不味い感じ。

  3. こんばんは

    前に、ちょっと興味があってやった事ありますよ
    実際、アクセス数が増えるだけなんですよね

    せっかく書いた記事も読んで貰えないと意味が無いですもんね

  4. 閲覧者のいないアクセス、やる意味をどこに見いだすのかが難しすぎ

  5. …と思っていたら、クリック課金のある広告から報酬を騙しとるためにやっている人もいるんですね。

  6. コメント有難う。
    質問した人に回答が来ていると伝えておきました。

  7. ASP強制退会ってのもあったみたいですよ。
    ”【過去の不正対応事例】
    クリックログの調査でトラフィックエクスチェンジでの不正露出が発覚、強制退会処分となった。”

    それから、「広告を全部クリックしておきましたよ、こっちにも来てね」っていうコメント周りしてる人は「電磁的記録不正作出及び供用罪」若しくは「詐欺罪」に 該当、または該当するおそれのある行為ってことです。

この記事にコメントする

Return Top