サイトアイコン goods and life +

【きてます】macOS Monterey 12.3.1 と iOS15.4.1 アップデート

macOS Monterey 12.3.1 が来ています、11.32GB あります。



macOS Monterey 12.3.1には、Mac用のバグ修正とセキュリティアップデートが含まれています。

このアップデートでは、以下の問題が修正されています:
• Mac mini (2018)のセカンドディスプレイとしてUSB-CまたはThunderboltで接続された外部ディスプレイがオンにならない
• 一部のBeatsヘッドフォンでオーディオを再生したあと、ゲームコントローラなどのBluetoothデバイスがMacから接続解除されることがある

Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222



iOS15.4.1 も来ています。
こちらもバグ修正とセキュリティアップデート。


macOS Monterey
範囲外の読み取りの問題
https://support.apple.com/ja-jp/HT213220

iOS 15.4.1 および iPadOS 15.4.1
範囲外の書き込みの問題
(アプリケーションは、カーネル権限で任意のコードを実行できる可能性があります。Appleは、この問題が積極的に悪用された可能性があるという報告を認識しています、ということです。)


インストール中に Mac は再起動を何度か繰り返します。
macOS Monterey 12.3.1 (21E258) になりました。



今回のアップデートでは、旧シルバー Mac Pro の Early 2009 の Bluetooth はアップデート後何もしないでも既存のペアリング等は普通に引き継がれていてそのままで使え、動作も問題はでなかったですけど、Monterey からサポートがなくなっている Broadcom の Wi-Fi がお約束で不通になったため、OpenCore Legacy Patcher 0.4.3 の Legacy Wireless のパッチをあてて再起動し、無問題化しておきました。

あと、macOS Big Sur には、Monterey へのアップグレード以外のアップデートは、まだなにも来なかったですね。

Apple と Meta は捜査当局になりすましたハッカーに22カ国分だっけ、顧客データを提供してしまっとるんやけど…
そういえば iOSデバイスのアップデート後に、こことこことここ(実際にはもっとある)はすでにデータ漏洩でパスワードが云々、を把握しています、すぐに変えておきましょうみたいなのが出てきました、どこが漏洩したんやろ?、ってね、さらっと言いいますけどね。

まあ、こことこことここと…っていう共通項の限られた関連性から、このお漏らしの原因がどこの誰から経由なのか完全に目星は付きましたけど。


追記:
開発テスト中の macOS 12.4 に向けて、4/9 〜 4/11 あたりには新しい OpenCore Legacy Patcher 0.4.4 が来るでしょうというお話だったですが、やはり今はそれどころではない模様です。

Mac Pro (Early 2009) など、レガシーな Mac で macOS Monterey や macOS Big Sur があたりまえのように動くのは、それは dortania のミコラ氏らによる OpenCore Legacy Patcher の開発のおかげでもあるのですが…

Thanks and props!

みなさまご存知のとおり、今はウクライナの状況もますます悪化しており、当面の間は OpenCore Legacy Patcher の開発継続は無理な感じなんですね。
今の酷い現状には心が痛みます。


そんじゃあね〜…(´・ω・`)

モバイルバージョンを終了