サイトアイコン goods and life +

【きてます】OpenCore Legacy Patcher 0.4.7 Latest

最近来てたばっかりだけど OpenCore Legacy Patcher 0.4.7 Latest きましたね。


このリリースは単純なバグ修正で、デフォルトの解析でのクラッシュが修正されています。
(macOS Ventura のことよりも、Monterey のサポートを優先するリリースです)

完全な変更ログの内容の確認やダウンロードはこちらから。


機能の仕組みや使い方など、詳細はこちらで確認してみてください。
OpenCore Legacy Patcher
https://dortania.github.io/OpenCore-Legacy-Patcher/


手順はいつもと一緒で、一番上のビルドをクリック


config のビルドがインストールされ…


フィニッシュビルドでオープンコアをインストールするディスクを選びます(ディスクが複数ある場合)


ディスクを選んで、あとはコンプリートされたら終了


Macを再起動し…

今回はパッチの自動起動はその必要がないためか、でないです。
Legacy Wireless の件は以前のバージョンの Post-Install であたっていて、そのまま機能しているため、手動でのパッチも特に不要ですね。

それでもまあ一応やっときました。(問題がないなら別にやらなくてもいいんですけど)


リブートでアップライのお約束です。

OCLP-Version をターミナルから確認してみると、0.4.7 になっていました。
macOS 12.4 でトラブルが出た人があったためか、超急いで対応してくれたみたいですね、ありがたいことです。
ちょっと古い Mac を最新の OS や最近のパーツで持続的にモダナイズして使うことで、電気電子機器廃棄物(e-waste)も削減できますね。

うちの場合は macOS12.4 にアップデートして以降、VirusBarrier Scanner.app で Monterey の入ったディスク(起動させている VirusBarrier Scanner.app がアプリケーションのフォルダに入っているディスク)を選んでスキャンさせると、スキャンの途中で中断されて再起動みたいな感じで、VirusBarrier Scanner.app だけがどうにもダメになっていただけなんですけど、それも com.apple.AppleFSCompression.AppleFSCompressionTypeZlib(Zlibカーネルパニックの件)が OpenCore Legacy Patcher 0.4.6 で Fix されてなくなったところだし、他にはトラブルはなかったです。

で、どうやら Mac Pro5,1 でも macOS 12.4 アップデート以降は、起動時にバグる人がちょっといたみたいな感じなんですよね。
でも、それもおそらくこのバージョン 0.4.7 だったら正常動作するようになるんじゃないでしょうか、しらんけど。

そんじゃあね〜…(´・ω・`)

モバイルバージョンを終了