サイトアイコン goods and life +

【きてます、が】macOS Ventura13.3.1 (a)、OpenCore Legacy Patcher を実行している Mac に Rapid Security Response Update はちょっと待て、という話。

macOS Ventura13.3.1 (a) きましたね

OpenCore Legacy Patcher のおかげで 旧シルバー MacPro 5,1 で使えている macOS Ventura 環境ですけど、なんかまた緊急セキュリティ対応らしい。

This Rapid Security Response provides important security fixes and is recommended for all users.

To learn more please visit: https://support.apple.com/HT201224

てことで、macOS Ventura13.3.1 (a) なるものが来ていて、この Rapid Security Response は重要なセキュリティ修正を提供し、すべてのユーザーに推奨されます。
らしいので、とりあえずインストールしようかと…
今回は混んでいないらしく、そそくさとダウンロードされインストールがはじま(r…

あれ?
どうにも準備ができないらしくて、なぜかインストールはされません。
やり直してみてください、ってことなのでやり直してみましたがダメです。

ひょっとして対応する OpenCore Legacy Patcher の新しいのが来てるんだろうか?、と思って https://github.com/dortania/Opencore-Legacy-Patcher/releases を見てみると、何やら警告があったわけですが…

警告: macOS 13.3.1 (a) Rapid Security Response Update をインストールしないでください。
現在、OpenCore Legacy Patcher を実行している Mac ではサポートされていません。

てことらしい。
まあ currently unsupported なので、そのうちなんとかなるのかもしれないですけどね。

アップデートを誤ってインストールした場合はセーフモード(Cmd+S)で kextロード無効の状態で起動して macOS を再パッチすることで回復できます(0.6.5 より前のシステムの回避策:セーフ モード (ブート メニューで Cmd+X) で起動することで、問題のある kext のロードを無効にすることができます。起動したら、OpenCore Legacy Patcher を使用して macOS に再パッチを適用すると、問題は解決されます)、となっていますが、そもそもこの機種には誤ってインストールすることもできなかったのでまあよし。
しょぼ~ん。


※追記:後のバージョンの OCLP でパッチャーのログをみてると RSR(Rapid Security Response)はスキッピングされるようにしてあるみたいです。

そんじゃあね〜…(´・ω・`)


モバイルバージョンを終了