goods and life +

美味しんぼでお腹いっぱいになるガチでヤバい話

デマが動き出した
こういうのは「福島は低線量被曝って事になってるはずなのに3年後の今でも耐え難い疲労感と原因不明の鼻血がでてる、その事についてはみんな黙ってるだけ」みたいな怪しげな根拠のない含み不安を一人歩きさせる助けになるはず。

まして、それが「綿密な取材に基づいている表現である」「真実だ」というのだし、不安や不信感、事実誤認を植え付けるんじゃないかと。

もう既に弾圧だとか国が隠蔽してるだとか右翼が否定してるだとか言ってる人がいます。
国が医師に強力に圧力をかけている、と書いている人もいたりします。
もちろんそこには何のソースもありません。
弾圧されてるならそういうことを自由に書く事もできないんだけど、それすら気付かない。
もし何でもかんでも右に見えるなら、きっと自分自身が極端に左側にいるんでしょうけど。

あれは低線量の被ばくってことになっているけど本当は低線量ではなかったんだ、とか、低線量被ばくでも鼻血が出るほど細胞が危険な事になっているに違いない、それを隠しているんだ、とか、本当はみんな鼻血が出てるんだけど、黙ってなきゃキチガイ扱いされる雰囲気だから言えなくて黙ってるだけに違いない、だとか、そうやって脳内で勝手につくった「そうに違いない本当」を持ち出して根拠のないことをいいはじめる人が出てきますよ。
そういう人たちをつくってる。

 

誰だって目に見えないものはこわい
だから猿レベルで怖がってればいいのかというと違うし、ちゃんと知りたいわけです。
メディアがこわさや不安感をエンタテイメントにして、正確でない情報も混ぜて神話を作って遊んでいいのかというとそれもどうかと思うわけで。

漫画は誰がどうみても漫画だとわかりますけど、ニュースのように見えるだけでキャスターの声色や表情の変化込みの意見や感想付き、番組側で選んだ人による解説、プロデューサーの意図に沿った編集・進行、トドメに効果音と画像エフェクトで演出されるような報道バラエティ番組は「ニュースとは別もの」で、意図的な印象操作にもプロパガンダにも使えます。

そういった番組はニュースとはいえず、ソースを意見で脚色した娯楽番組なので情報の正確性の担保はない、番組側の意見垂れ流しですと明確にしておいてほしいところ。
だいたいこの構成って、よくみると宗教が運営できるレベルのセットになってますよね。
その上で情報の質が悪い、間違いだって多い、わざとやってるとしたら放送テロ。

故意なのか素なのか知らないけど、発病率と発見率を間違えて騒ぐとかアカンでしょ。
うっかり鵜呑みにすると、こういう垂れ流しでほんとうに事実関係に誤解を生むんです。
だから、これはアカンって時はわざわざこういうものがつくられるわけですけど、こっちの view 数なんて、実際にはテレビを見ている人よりも圧倒的に少ないんじゃないかと思います。
皮肉な事に、テレビ視聴層にこそ届かない情報というか。
美味しんぼもこういったものと同じような構図になってしまうのでしょうか。

福島・甲状腺がん、発病率と発見率の違い

化学物質の環境リスク評価の第一人者である産業技術総合研究所の中西準子フェローです。
環境ホルモンの時も一悶着ありましたよね。

追記:このような活動に腐心されている方がおられる一方、5月になっても配信ニュースでは相変わらずこんな報道のされ方なんです。
ボケーっとしてる人は勘違いすると思います、どうですこれ?▼

福島の子ども甲状腺がん50人に 県、放射線の影響調査

 福島県の全ての子どもを対象に東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べる甲状腺検査で、対象者の約8割の結果がまとまり、がんの診断が「確定」した人は県が今年2月に公表した数より17人増え50人に、「がんの疑い」とされた人が39人(前回は41人)に上ることが17日、関係者への取材で分かった。

 県内の震災当時18歳以下の約37万人を対象に県が実施。今年3月までに1巡目の検査が終わり、4月から2巡目が始まっている。

 チェルノブイリ原発事故では4~5年後に子どもの甲状腺がん増加が確認された。このため県は、今後がんが増えるかどうかなど、放射線の影響を調べる。
2014/05/18 02:35 【共同通信】

故意なのか素なのか知らないけど母数と率を隠しておいて、総数だけを比較したり足したりして、あれから何人増えた、計何人になった。という書き方、で、最後には「チェルノブイリ原発事故では4~5年後に子どもの甲状腺がん増加が…」という文章構成。

福島では他県よりも甲状腺ガンが増えてる、これは被曝の影響なのかも、しかもだんだん増えていて、今後どうなるのだろうって思いません?
でもチェルノブイリでは「放射性ヨウ素の内部被ばくによる小児の甲状腺がん」で状況が違います。

「新聞のキリトリ」や「自称ジャーナリスト」の放射脳バイアス記事に乗せられるよりも先に読んでほしい資料があります。

県民健康調査「甲状腺検査」の実施状況について
福島県「県民健康調査」甲状腺検査について
問い合わせ先
福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター 
電話番号 024-549-5130
受付時間 9時から17時まで(土日祝日を除く)

 

それで得するのは誰だろう
そもそも一次ソースにあたれない、一方的な垂れ流しになる双方向性のないメディアはある意味卑怯な存在なんですよね。
目に見えない放射線量やその影響なんかは科学的に観察されなければいけないモチーフだし。
だからこそ正確な情報が必要なので、ノイズやデマ、でっちあげのウソ情報、自作自演とか煽り、陰謀論なんかはいらない。

無知につけ込まれて暗示にかかる、その結果おかしな行動を始めるみたいな人がチラホラいるじゃないですか、その後ろにケムトレイルとかなんとか菌だとか、あと言葉を理解して反応して形態を変える水とか石とか波動みたいな虹色商品を売りつける詐欺師や極左団体とかが隠れてませんかと。

いつもデマでっちあげで体制批判しているようでは行政官側にウソがないかチェックできるレベルのカウンターというべきほんとうの左翼的なものだって育たないと思いますし、実際に日本には左翼なんて存在してないですよね。
だからこの手の人たちはいつも過激派とキチガイとマイノリティしかいない集合体みたいな事になるわけで、なぜか一方的に喧嘩を売ってマジョリティと対立するみたいな方向になりがちで、そうなると何をやっても逆効果で、たとえば反原発なんかで集まってもおかしなやつらの集まりというかいつもの特定のプロ市民と動員だね、って風に見えてしまう。

ヘイトスピーチ役とかそれと対決する役のしばき隊とかやってたのと同類、同根というかもうああいうズレすぎてるのはマッチポンプ劇団なんじゃないかと疑いを持つわけです、しばき隊の隊員を募集してたりしたのも、結局は元新左翼の極左暴力集団ブントでした。
そういうの全部、誰得なんです?

 

漫画をツールにしてしまった
なんだかもうよくわかんない状態だけどこれ食べ物のマンガ?
それとも何か特定の信条などを宣伝するための道具の位置付け?
福島から帰ってきた人が福島にいたという理由で鼻血を出すようなレベルだとすると、全員一度に数百から数千ミリグレイ以上被ばくしてて、そのうち登場人物は鼻血だけでなく、同時に目や耳やしきい線量を超えて被ばくした感受性が高い組織からも出血が止まらず、お陀仏になるんですね?
てかそれだったら作中でみんなの眼球に白濁や毛細血管からの出血などが起こっていなくて、鼻血の他は普通の状態っぽいところなどが矛盾してるじゃないですか。
それに福一で作業してる人たちなんか特にみんな鼻血出してバタバタくたばってるはず。
じゃあやっぱりそんな被ばくはしていない設定なのかなと。

そういう意味では小学館の書いたように放射線の影響によるものと断定する意図による表現ではなく、全員爪で鼻の穴でもガリガリかっぽじったか、虚構新聞の書いたようにチョコとかピーナッツを計 8Kg ドカ食いして忘れていた、みたいなオチがあるのかもしれないです。
まあマンガなんだから娯楽に過ぎないんでしょうけど。

デマ、ほんとこんな感じがする。
「美味しんぼ」っていうくらいなんだから危険な物は避け、安全な物を美味しく調理して頂けばいいじゃないですか、でももう表紙からしておいしさと関係なくなってる写真だし。
もうなんだこれw

耐え難い疲労感と原因不明の鼻血が出るんですかああそうですか。
福島では同じ症状の人が大勢いて言わないだけってのは綿密な取材に基づいてるんですか、そしたらもう実態としては大変なことになってるんじゃないんです?

でもなってないんじゃ?
そうなってない以上、風評にしか見えないんだけどな〜、個人の感想だけど。
そりゃあれだけの大きな規模の災害だったわけだし、中にはストレスや高血圧で鼻血出す人も不定愁訴の人だっているでしょう、いると思います。
inali もこの頃は喉から血が出てましたよ、たぶん PM2.5 が酷かった頃。
でも、何事もすべて、相関性があるだけでは因果関係があるとは断定できないんです。

ほんとやめようよこういうもの作るの、バイアスかかり過ぎ。
ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク=「のりこえねっと」とかいってますけど、マンガやテレビなどメディアを使った効率の良いデマ拡散にだって悪意やヘイトやレイシズムが見え隠れしますよ、こういうものがなぜ忌避や差別にもつながるのかといえば…

▼ここに集約されています、3分ほど。正確な情報の共有こそ必要。
http://www.youtube.com/watch?v=22x39oVJqd8

icon-arrow-circle-o-right 続き:現実と違和感と真実と

お買いもの忘れはないですか?

  • コメント ( 26 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 美味しんぼは、昔は読んでましたが、今は全然読んでませんね
    しかし、酷いですよね
    真面目に読んだ人は、
    「福島ってそんな事になってるの?
    もう、東北には行かない方が良いよね」
    ってなっちゃいますよね

    一応、編集部がお詫びの言葉を書いてますが、
    作者からの言葉は無いんですよね?

    ほんと、昔読んでいただけに
    現在の話の内容は残念ですね

    • ほんとおかしいです。
      取材先の皆様の実体験や作者の実体験っていったいどうなってるんでしょうね?
      福島にいる人は全員こうなってるんでしょうか(笑)

  2. 開きなおったな…。
    リンクしたくないので紹介だけ。
    エイチttp://kariyatetsu.com/

  3. 何か、話は続いているから最後まで読んで!
    って事みたいですね
    でも、これまでの話の内容から
    実は・・鼻をほじりすぎて鼻血が出てました、テヘッ
    とはならないですよね
    きっと、輪をかけて酷い話になりそうな感じがします
    今、流行りの炎上商法なんでしょうね

  4. 双葉町抗議文きたこれ。
    goo.gl/094z0j

  5. どうせすぐ消されるだろうし載せとこう。
    美味しんぼの“鼻血” 双葉町が抗議
    5月7日 23時18分

    ”美味しんぼの“鼻血” 双葉町が抗議
    小学館の雑誌に連載されている漫画「美味しんぼ」(おいしんぼ)の中に、東京電力福島第一原子力発電所を訪れた主人公らが原因不明の鼻血を出す場面があり、地元の福島県双葉町が「風評被害を生じさせている」として、小学館に対して抗議文を送りました。

    双葉町が抗議したのは、先月28日に発売された「週刊ビッグコミックスピリッツ」に掲載されている、雁屋哲さん原作で花咲アキラさんが描く漫画「美味しんぼ」の内容についてです。
    主人公の新聞記者たちが東京電力福島第一原子力発電所を取材したあと、鼻血が出たり、ひどい疲労感に襲われたりする場面などが描かれているほか、双葉町の前町長が実名で登場し、「福島では同じ症状の人が大勢いますよ」と語っています。
    これについて、双葉町が7日午後5時にメールとファックスで小学館に対して抗議文を送りました。
    抗議文では、「鼻血等の症状を町役場に訴える町民が大勢いるという事実はありません」としたうえで、「復興を進める福島県全体にとって許しがたい風評被害を生じさせているほか、福島県民への差別を助長させることになる」としています。
    この漫画の表現を巡っては、小学館が今月1日付けの「スピリッツ」の公式ツイッターで「多数のご批判とご意見を頂戴致しました。お寄せ頂いた内容すべてを真摯(しんし)に受け止め、今後の誌面作りに活かしてまいります」とコメントしています。
    今回の抗議については7日夜、NHKの取材に対して「担当者がいないのでコメントできない」としています。
    福島県双葉町によりますと、双葉町には、雑誌が出たあとの先月30日から6日までに、「福島県産の農産物は買えない」とか「福島県には住めない」、「事実と異なるので小学館に抗議すべき」などの意見が、電話やメールで数十件寄せられているということです。

    「美味しんぼ」とは
    「美味しんぼ」は、「食」をテーマにした雁屋哲さん原作で、花咲アキラさんが描く人気漫画です。
    芸術家で、希代の美食家でもある海原雄山と、その息子で新聞記者の山岡士郎の、親子の確執や料理を巡るぶつかり合いなどが描かれています。
    昭和58年に漫画雑誌で連載が始まり、単行本は現在までに110巻、刊行され、累計の発行部数は1億2000万部に達しています。
    作品は、食にとどまらず、環境問題のような社会が抱える課題にも踏み込み、東日本大震災のあとは「福島の真実」と題して、原発事故による健康への影響や食品の汚染を取り上げてきましたが、その事実関係を巡って批判も受けていました。”

  6. 環境省環境保健部
    平成26年5月8日

    放射性物質対策に関する不安の声について
    http://goo.gl/ukO0M0
    東京電力福島第一原子力発電所の事故の放射線被ばくが原因で、住民に鼻血が多発しているとは考えられません。

  7. 残念で悲しい…「福島鼻血」漫画で環境政務官
    読売新聞5月8日(木)20時2分

     漫画雑誌「ビッグコミックスピリッツ」の4月28日発売号に掲載された「美味おいしんぼ」(作・雁屋哲、画・花咲アキラ)で、福島県を取材してきた登場人物が鼻血を出すなどの表現があった件について、環境省の浮島智子政務官は8日の記者会見で、「とても残念で悲しいことだ」と述べ、遺憾の意を示した。
     浮島政務官は、「福島の人も一生懸命頑張っている。言論の自由もあると思うが、風評被害対策の観点から影響を考えていただきたい」と述べた。

  8. 毎日新聞 5月9日(金)11時9分配信
    <美味しんぼ>石原環境相、鼻血描写に不快感
    石原伸晃環境相は9日の閣議後記者会見で「その描写が何を意図して、何を訴えようとしているのか全く理解できない」と不快感を示した。

  9. とうとう、国も動き出しましたね
    これだけニュースになっているんですが、
    まだ続くんですかね?
    と、言うか続けられますよね

    作者は、出版社は関係ないので、
    抗議文を送らないでって言っているみたいですが、
    出版して販売したって事は同罪なんですけどね

    まだまだ、大きな問題に発展しそうですね

    • 新しいので、とうとう「被ばくしたからですよ」ってやっちまいましたね。
      大阪の受け入れ瓦礫処理もこの被害だとか示唆する展開になってますよ。
      よくこんなもの出すなあ小学館も…

  10. 「美味しんぼ」問題:前双葉町長が批判 石原環境相発言
    毎日新聞 2014年05月10日 00時02分(最終更新 05月10日 00時51分)

  11. 人には人なりの正義があるというのに、それを悪意とか。その思考回路のほうにブルった。

    • そうですか、悪意があるのか悪意に利用されてしまったのかはわかんないけど、正義感があれば何やってもいいとは思わないですけどね。
      世の中がもしそうだったら、自分にとっての正義感原理主義者の集まりになってテロだらけになりますよ。
      こういうものは今もこれからも時系列に沿った正確な情報が必要なんだし、変な人連れてきて不正確な情報を一般化するようなのは困りますが。

  12. 福島県きたこれ。
    http://goo.gl/UtDATX
    週刊ビッグコミックスピリッツ「美味しんぼ」に関する本県の対応について

    あと、風評よりもこっちが役に立つかと。

    http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11178060/www.enecho.meti.go.jp/about/faq/009/pdf/01_64.pdf

  13. 大阪府きたこれ。
    漫画『美味しんぼ』での本府の災害廃棄物処理に関する記述について

    平成26年5月12日に発売された小学館の週刊ビックコミックスピリッツに掲載された「美味しんぼ」に
    本府の災害廃棄物処理に関連する記述がありましたが、下記のとおり、作中の記述にあるような状況
    は認められず、災害廃棄物の処理は全て安全に終了していますので改めてお知らせします。

    ”作中の記述について
「大阪で、受け入れたガレキを処理する焼却場の近くに住む住民1000人ほどを対象に、お母さんたちが調査したところ、
放射線だけの影響と断定はできませんが、眼や呼吸器系の症状が出ています。」
「鼻血、眼、のどや皮膚などに、不快な症状を訴える人が約800人もあったのです。」
    これについては、大阪市が、処理を行った焼却工場の存在する此花区役所、同保健福祉センター、此花区医師会に
確認をしましたが、処理中においても、その後においても、そのような状況は認められませんでした。
    災害廃棄物受け入れの安全性について
大阪府、大阪市が行った、災害廃棄物の広域処理は、岩手県からの要請を受け、岩手県宮古地区(宮古市、岩泉町、田野畑村)
の災害廃棄物を受け入れました。
受け入れに際しては、宮古地区において放射性物質の濃度を測定するなど安全を確認し、運搬、焼却など処理の各過程でも
空間放射線量率などを測定し安全を確認しています。
その結果各過程の空間放射線量率については全て受け入れの前後で値に変化はなく、安全に処理していることを
確認しています。”

    そもそも福島のものすら入ってないわけで、ソースが大阪おかんの会とかほんとにいい加減な漫画。

  14. 大阪府
    出版社に対する抗議について

  15. 五本木クリニックの院長ブログ
    水分子が放射線で切断されて過酸化水素になって, 鼻血の原因になるのは本当か??!!
    http://goo.gl/GvfTao

  16. 大阪市きたこれ。

    平成26年5月9日付で貴社宛に、『平成26年5月12日発売予定週刊ビッグコミックスピリッツ掲載の「美味しんぼ」の内容の一部訂正』について申し入れを行いましたが、訂正等の対応をいただけなかったため、次のとおり厳重に抗議いたします。

  17. 美味しんぼ「不安 口にできなくなると問題」

    どうせすぐ消されるはず。
    魚拓:http://goo.gl/XFKCz0

    今回のように『不安』を取り上げたことと〜、って、不安を取り上げたんじゃなくてデマらしきものを断定的に書いただけなのになんでこうなる?、と思ったらこれ ATTAC-Japan の人じゃない。
    NHK はどういう理由でわざわざ ATTAC の人に取材しにいってるん?

    公安調査庁 内外情勢の回顧と展望(平成17年1月)
    http://goo.gl/K7AykF
    第4インターて、…ぶっちゃけ新左翼やん。

  18. 「科学的にありえない」美味しんぼ鼻血描写で遠藤啓吾・京都医療科学大学長
    http://goo.gl/JAgrSm
    2014.5.12 22:40
    京都医療科学大学の遠藤啓吾学長(68)=放射線医学=の話

  19. 岩手県きたこれ

    漫画『美味しんぼ』での大阪における災害廃棄物の処理に関する記述について

  20. 美味しんぼ、休載になっちゃいましたね
    結局、最後というか、どんな風にまとまったんですかね?

    大阪市とか他の地域まで巻き込んだ割りには、
    そんな終わり方で良いの?って感じじゃないですか?

    • ん〜、正義のはずなのにやめてしまうとは…
      NHKの取材あたりから、不安を口にしてはいけないのか、表現してはいけないのか、圧力だ民主主義じゃないという流れに持っていきたかったのが見えてきたところなのになー。
      (魚拓:http://goo.gl/2vKjwS)
      これ戦線離脱?
      もっと大事になっていろんなことが周知されたらよかったのに残念。
      デマゴギーオールスター楽しい数珠つなぎ状態を期待してたです。

  21. まだ言ってますね、真性の悪意あるアホか工作員なんじゃないかな。
    「鼻血は出る」と反論=「美味しんぼ」作者、単行本刊行
    時事通信 平成27年2月2日(月)2時32分配信

この記事にコメントする

Return Top