goods and life +

美味しんぼでお腹いっぱいになるガチでヤバい話

出版社もマスコミも予断で動く

福島には住めないんだぞ、ディスカウントフクシマ、ビバ!地域分断て感じ?
というか普通に取材先がおかしいし、誰に何を言わせて何を書きたいのかミエミエというか。
これではリスクコミュニケーションの阻害を積極的にやっているのと同じです。

取材先がおかしい時点でデマゴギー拡散の故意犯みたいなもの。

美味しんぼ → 大阪おかんの会 → 松井英介氏 → NAZEN → 中核派 → なぜか NHK が ATTAC の人に取材しに行く。→ 第4インター → なぜか週間朝日が「チェルノブイリのかけはし」の野呂美加氏に取材しに行く。

てかこれまんまプロパガンダじゃん。
あのね〜、これそのうち正平協の仲間たちが「市民」だとか「市民団体」だとか自称して勢揃いで騒ぎだす段取りになっているんじゃないかと思っちゃいますけど、どうなんでしょ?
このイヤな感じ、個人的には韓国の国家ブランド委員会のディスカウントジャパン運動と同じような印象しか受けないです、アカン。

でも、もしかしてこれ別に福島じゃなくてもよかった、福島なんてただの二項対立を作り出すためのダシで、題材として話題にするのにたまたま都合がよかったから利用しただけじゃ?
本当の目的は、原発ハンターイ、政府は俺たちを騙してる〜!、言論弾圧だ〜、ってな感じの運動と資金集めができたらいいのだろうし、小学館はその手伝いをしてしまった。
そんな気がしてきますね。

中身はこういう人たちの主張のまんまでしょ、低線量被曝なのに目はなんともなくて鼻の穴だけが都合よく水素ラジカル発生だとかのキチガイ妄想よりも、どう見たってこんなやり方をするほうが本物のラジカルじゃないのかと小一時間問いつめたい。

ラジカル

マジで取材先がおかしい、アカンやつばっか聞きにいってどうしたい?
もうね、たとえば週刊朝日 2014年5月23日号で書いてる「チェルノブイリのかけはし」の野呂美加さんてこんな人ですよね。
お釜の中で玄米が R4Ge にシャッキリポン!ですか?

こういうのも間違ってるよって指摘されると「表現の自由侵害」とか言い出すんでしょうか。

http://joy-healing.jp/readings/special/20.html

野呂 長岡式酵素玄米のすごいところは、有機ゲルマニウムや酵素源を発生させていることです。釜の中で原子転換させて、あるはずのない物質が生まれているんですよ。これは絶対すごい。娘のアレルギーもそれで良くなったのかと納得し、これはみんなに知ってもらいたいと思いました。

中西 やっぱり酵素玄米が放射能のような毒素を消してくれるんですね。

(略)

野呂 そうでしょうね。波動が高いものだと、放射能の負のエネルギーを原子転換させることができるようなんです。EM菌を発見・普及されている比嘉先生は「放射能のような強いエネルギーの中で増殖する微生物がある」とおっしゃっていました。実際、ベラルーシで比嘉先生のEMXを使いましたが、効果があったんですよ。

中西 え!EMで効果があったんですか?

野呂 汚染地でEMX を飲んで、体内の放射能値がゼロになった人もいます。かなり放射能汚染のひどいところにEM菌を撒いて2、3年後に計測したら、蒔いたところだけ放射能反応が感知されませんでした。

中西 本当に!?大地が生き返ったんですね。

お釜の中で玄米が原子転換でシャッキリポン!
そんなの週間金曜日とかムーとかアメブロでやっててくださいってレベルの話。
そもそも景品表示法違反、薬事法違反じゃないですか?

ハチャメチャな理解しかしてない人たちの口から出任せいいたい放題、もう漫才かと。
釜の中で原子転換、あるはずのない物質が生まれて絶対すごい、EM菌に波動、波動が高いよ体内の放射能値がゼロだよすごいよですか、ああそうなんですか。

そもそも放射能ってのは放射性同位元素が放射性崩壊を起こして別の元素に変化する能力のことであって、それは毒素とはいわないですし、その能力の中で増殖する微生物だのもはや日本語にすらなってないし。
謎の有機ゲルマニウムや EM菌が放射能を消すだとかどういう理屈なんでしょうか、てか、何重にもあり得ないっしょ。

独立行政法人 国立健康・栄養研究所

近年、「免疫力を高める」、「鎮痛・抗炎症作用がある」、「抗酸化作用がある」などという謳い文句で、ゲルマニウムを含むいわゆる健康食品が販売されています。「無機ゲルマニウムには毒性があるが、有機ゲルマニウムは安全である」といった宣伝もされているようです。
プロパゲルマニウム以外の有機ゲルマニウムについては、その有効性の科学的根拠はほとんど見当たりません。

詐欺的な商法
放射能を消すだとか言い切ってるわけですからね、「免疫力を高める」、「鎮痛・抗炎症作用がある」、「抗酸化作用がある」よりももっと酷いわ。

あり得ないことを騙って何かを売っているんだったら詐欺的な商法じゃないですか。
あり得ないことを前提に田舎に避難させる「保養ビジネス」なんかも激しく推してますよねこの人。
消費者庁はいったい何やってんですか?
それでもマスコミ関係からすれば、わざわざ記事にするためのご意見を伺いに行くような識者様の扱いなんですかと、どうしてですか、なんでですか?
で、なぜか口裏合わせたように ATTAC の人と同じ事を言い出すんですよね、あら不思議w
というか、どうしてですか、なんでですか?

冗談がキツいし、問題があるのでこういうところでやんわりと取り上げられてます。
チェルノブイリの件にしても、ベラルーシの子どもの鼻血にしても、数値的な情報が一切ないものにマトモに答えられるわけがないだろ(笑)ってことです、これが当たり前の態度。

JHPS(日本保健物理学会)

ベラルーシの子どもたちが鼻血を出したという事例の数やその期間等、数値的な情報がわからない以上、回答者は本当に鼻血を出す子どもが増えているのかを判断することはできません。

※「専門家が答える暮らしの放射線Q&A」は、2014年3月20日を以て閉鎖され、閉鎖前のすべてのコンテンツは国立国会図書館アーカイブにあります。
全1870件の質問から80件を選び出し、全面改稿した書籍も出版されています。

無い事を有るといい、有る事を無いというビジネス

プロのデマ屋
真っ赤っかの人が「低線量被ばくして鼻血が出ているという件については科学的にありえないことだ」ということをどうにかして否定したいがための不毛論争にメディア動員で粘着する事で、「波動」やら「EM菌で赤ん坊の頭サイズのガンが消えた」だの、「EM菌原液で膣洗浄」みたいな誰が聞いても荒唐無稽な話にマジメに耳を貸すようなフードファディズムなんかに引っかかりやすい信じ込みやすい傾向のある情弱が共感してくれる。
それがいずれ何かの便利な数字に化けてくれるのでしょうけど、そういう人を利用してお金儲けするんだったら『プロのデマ屋』です。

不安や不信感を作り出して錯誤させて、そこにつけこんで変なものやすばらしいものを売っているんだったら詐欺的な商法じゃないですか。
だけど客観的に見てこねくり回した無理筋の屁理屈であっても、「自分たちの都合のいい話を聞かないやつは間違ってる、バカだ」って感じで必死で異教徒の弾圧みたいなことを書いたり、定期的にデモを起したりしてるのはぶっちゃけいつもそっち側の人たちですよね、まあ普通の人は職業的にデモをくり返すとか物理的にも時間的にできませんし。

あっちこっちでウソも織りまぜて言いたい放題やりたい放題、でも自分たちがちょっと何か書かれたら弾圧ダー、圧力ガー、ウヨガ〜、攻撃されてる〜!で思考停止で結束、こんなもの破壊的カルトと同じ姿というか、なんの全体主義劇場なんでしょう。
失敗したら自己批判させられたり総括されたりでもするんでしょうか。

論点ずらしも得意
低線量被曝で鼻血は科学的にありえるありえないで分が悪くなったら開き直ったように悪魔の証明を押し付けたり、問題や論点を本筋からはぐらかし始めましたよ。
今度はいろんなのを動員して、不安が口にできなくなる、だとかの方向にチェンジ。
デタラメはいうなってだけで、不安感を口にする事を誰も規制したりなんかしてませんしされてませんが、「そういうのがある」という事にしたいみたいです。

ストックホルム症候群のような効果を狙いたいのでしょうか?
これね〜、登場する「メンバー」と、ほぼ同じようなその「発言内容」にも注目してみてください、なんでこうも示し合わせたように都合よく共通してるのかと。
被災地の中でまだ不安でいる人の心情を人質にストックホルム症候群のような効果を狙って、活動人数として取り込みたいんでしょうか。

福島の診療所も中核派の拠点ですか、ああそうですか。
ここで強く煽って地元民からも活動家予備軍が生まれるように囲い込むわけですか?

もう作者置き去りで、完全にこっちの人たちのターン

・NHKニュース 美味しんぼ「不安 口にできなくなると問題」
・「美味しんぼ」鼻血描写 現地では「出ても言い出せない雰囲気」?〈週刊朝日〉-朝日新聞出版|dot.(ドット)
・美味しんぼ抗議は「表現の自由侵害」福島の市民団体:朝日新聞デジタル
・東京新聞:美味しんぼ批判 行き過ぎはどちらだ:社説・コラム(TOKYO Web)
・東京新聞:【私説・論説室から】不安が隔離されていく
・朝日新聞デジタル 美味しんぼ「鼻血、医学的根拠ある」 専門家ら反論会見

『主催の市民団体代表は「鼻血の表現ばかりに焦点を当てて攻撃し、健康障害を訴える声を抑えつけている」と非難した。』
こんなのほんとうに専門家や市民団体なんでしょうか、民医連のメンバーとか自称市民団体とか過激派なんじゃないですか?
まあ朝日や毎日は極左団体の集まりを市民団体とか新聞に書いて報道している実績があるからいちいち疑うわけなんですけど。

てか不安や健康について口にするのを誰が抑えつけてるんでしょう、攻撃とかもうね、この人たちはいったい何と戦ってるんでしょうか?
不安が口にできなくなるの後は、金だけの問題だってことにしたかったみたいですけど、そっちはどうやら完全に不発だったようですが。
特に朝日新聞の「記者会見に電話で参加した」、東京新聞の「一本の電話がかかってきた」、こういうのって自作自演や創作だった場合でもだれも確かめようがないし、何の正確性も担保できないですよね?

健康の懸念を口にできないとか、そんな状況なわけがない。

佐藤直子
記者名で検索しても、見事に胡散臭い記事やそっちの人の集まりやバカバカしい掲示板しか出てきませんし。
現に鼻血が出ているという人が現実には出てきません、放射線を被曝して鼻血が出ているという症例を早く出せ、いるいる言うんだったら誰も止めないから早く出てこいと(笑)

健康不安があるならなんで普通に病院にいかないんでしょうか?、てか行け。
被ばく線量の評価を行うとともに、県民の健康状態を把握し、疾病の予防、早期発見、早期治療につなげる「県民健康調査」だって普通に実施されているじゃないですか?
県民健康調査「甲状腺検査(先行検査)」結果概要【確定版】

被災地の人の生活を踏み台にしてイデオロギーごっこするのはやめろって感じ
というか、これ情弱マーケット向けのビジネス?、それとも壮大な社会心理学の実験?
被災地の人をダシにして自分たちの儲けのために利用だとか、好き勝手にいいたい事を言ったりあることないこと書いたりしてるだけなんじゃね?
もういっそのこともっとおおごとになって、いろんな背景が誰にでも見えるような形でむき出しになってしまってほしいですね、そうなるとただの公安マター?

『美味しんぼ』福島の真実編に寄せられたご批判とご意見、編集部の見解
http://spi-net.jp/spi20140519/index.html
(※ このページは削除されてしまいました)

小学館編集部の見解

ほらね、↑ まだ言ってますよこれ。
この期に及んでなんでまだ 野呂美加様 のお話しなんですか、どうしてですか?
これ、「保養ビジネス」の拡大。
保養ビジネス、でググれば真っ赤っかです!
そんな取り組みよりも、もっとあたりまえに大事な事があるはず。
で、前提として結局漫画のような事実はあるのかと。

あと BLOGOS にある
「漫画『美味しんぼ』鼻血騒動に見る健康被害より恐ろしい原発最大の問題点」って記事。
これ、「霊感占い師」とかプッシュしてる人のこれなんですけど。
「国民が二分していがみ合って電力と国が高笑い」ってのは違うと思います。
東電や政府に文句をいいたいのは仕方ないだろうけど、それはそれでもうすでにけっこうなバイアスがかかってます。

そんな事を言い出したらもうタバコがあるだけで喫煙者と非喫煙者の問題、車があるだけで歩行者と車の問題がでてくるし、メーカーと国だけが高笑いだわ。
Web上での二分といっても、それは単純に新左翼セクトや過激派サイドの煽りに乗っかっちゃった人が Web上で変な受け売りを書いた時に数字を出されて反論されたり、ときにぶっ叩かれたり笑われたりしてるだけ、しかも全員電気の利用者なんだし。

・毎日欠かさずデマを書いて Tweet する #デマリン みたいな人
毎日ディスカウントフクシマ、ビバ!地域分断をやったり、反論する人には人格攻撃やデマなどを書いてリアルで侮辱で訴えられたりしている例もあったり、さらにそういう特異な人に乗っかっちゃってる人もいたりするので、笑い事じゃないんだけどけっこう笑えます。

そんな人がひとりでいくつもの Twitter アカウントを使い分けて活動、デマを英語にして Tweet したりとか、もうどこかの工作員かと(笑)
で、そういうのがキチガイすぎてネット上で目立つからたくさんいるように見えるだけで、ちょっと追っかけて注意深く見ると、いつもの同じ類いの人たちがひとりで複数アカウントを持って何回もそういうのをくり返してたり、とにかく理性のないしつこい人たち。

・こんな人がいます、というまた聞きの証言のようなもの
あとこっちの例も本当にいるのかどうか正直よく知りませんけど、原発が原因で家族間で分断してるなんてのはカルト宗教が原因で家庭崩壊みたいなパターンで、もしあったとしてもごく稀な例だろうし、Web で暴れる変な人と両方あわせても、原発があるという理由で国民を二分する二項対立問題の原因としては一般化できないでしょ。

ぶっちゃけ、「もはや何も聞く耳が持てない、数字も読めない、理解できない、単位もデタラメ」みたいな状態で何かと戦っているような一部の人が大きな声で変な行動をしてるわけ。
「言ってる事がおかしい、それ間違ってるよって」指摘された時に、指摘するのは圧力だ恐怖を感じる、表現の自由の侵害だ!って反応になるような【脳】と形容される一部の人たちが極端におかしいだけ、そんなのが原発最大の問題点なわけない。

明らかにおかしい例ってのはこんなの
さすがに美味しんぼでもあえて忌避した話題なのかもしれないけど、でもこんな事を書く人がいうには、「私は福島から九州に避難した避難民」「鼻血は東北の放射能のせい」なんだそうです。

小学校高学年の息子は東北に里帰りする度に
洗面器いっぱいもの鼻血を出すことがこれまでに2度ありました。
よく田んぼで見かける大きなヒルのような血の塊が
これでもかというほどに短時間に洗面器をいっぱいにします。

全血液量は体重のほぼ 1/13、洗面器がどんなサイズなのかはわからないですけど、もしよくある湯桶サイズなら約 3〜4L くらいで、仮に体重 45kg の子供なら約 3.45L で全血液量で、その半分以下の失血で死んでますよ。
それを 2回とか体重 100kg の人でも死ぬレベルだし、明確に作り話。

この中帰連なみの話の膨らませ方、本当ならものすごい元気なお子さんですね(白目)
こうやってデマ屋が不安・不信に陥っている人をターゲットにして愚弄してるわけです。
全編こんなので固めてあるブログも多数あります、デマを流通させる意図以外に何の目的があるのかと、もうアフォかと。

大々的にメディアに流さないだけで、地元ではよくわかっているみたい
これね〜、実際に新入学生なんかが騙されてる実態があるという事なんでしょうね。

垂れ流しメディアは流してる人の目的をチェックできないとただの毒
特定の作者や特定の記者が同じ属性の人の声だけ集めて、集団極性化した特異な意見をメディアなどを使って流通させることでそれをスタンダードな意見だと錯誤させたら、そのまま錯誤する人だってじゃんじゃん出てくるわけで。
たとえば基地や車のように原発事故と関係ない事であっても、なんでも使えるやり方、こんなだから一方的な垂れ流しになる双方向性のないメディアはヤバい、必ず一定数の人たちは騙せます、特にフードファディズムに引っかかって信じ込むタイプの人。

リアルの国や地方行政からしてみたら、わけのわからない理屈での苦情や抗議活動、妙ちくりんな報道や出版、何でも反対デモ、続く汚染水漏れやらその影響を受けた風評発生の土壌なんかが常にあるわけで、県産品の理不尽な価格下落なんかにも晒されているわけで、既にリスク・コミュニケーションどうするんだと頭かかえる事態になってると思います。
そもそも反原発でキチガイ行動してる人が緩やかな脱原発を目指そうとする動きにも誤解を与えて、台無しにしてしまってるんです。

というか、ぶっちゃけ事故はこわいですよ、でも現実的には事故が起きなければ他と比べて環境へのインパクトが少ないのが原発で、脱原発したいならそれに変わる現実的な代替案がなければできないし、極左と一緒になってアホみたいなデモをやって騒いだって法が変わるわけでもないし、せいぜい公安調査庁の「内外情勢の回顧と展望」やら「警察白書」にそういう連中として掲載してもらえるだけ、ただの迷惑人間。
読んでみてください、しっかり載ってます。

代案もなく騒いだり暴れたりデマを流すだけの劇団
仕組みを変えたかったらデマデータやわざと読み間違えたようなデータじゃなく、正確な情報と代案を立法府に持っていく議員を選ばないとダメ。

日本の選挙権すら持っていない

そうすると日本の選挙権すら持っていないようなのをフル動員して騒いでいる人たちがどれだけバカな事をやってるのかわかるはずで、それに乗っかる方がおかしいし、メリットなし。
ひょっとしてこれはわざと外患誘致やってんのかと、それでもマクリーン事件なんかで最高裁判例もあることだし。
あることないことぎゃーぎゃー言ってないで落ち着いてお茶でも飲んでろって話。

もしかしたら作者も極左関連の人と接するうちに一方的におかしな情報を注ぎ込まれて、だんだん乗せられていってしまったのかもしれないし、描かされたのかもしれない。
だってブログとか見てると基本いい人で、ところどころあれ?ってとこがあるんですよね、悪意はないかもしれないですけど、人の話を鵜呑みにしてる。

鼻血だって多いとか増えたとかいえないじゃん。

食べ物が心配ですか?

福島の食べ物が心配な人はここでチェックできますよ
農林水産物モニタリング情報
http://www.new-fukushima.jp/monitoring/

もう人が住めない場所ですか?
自分でハッピーを選択していればハッピーみたいですよ。

もーねー。(´・ω・`)

お買いもの忘れはないですか?

  • コメント ( 26 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 美味しんぼは、昔は読んでましたが、今は全然読んでませんね
    しかし、酷いですよね
    真面目に読んだ人は、
    「福島ってそんな事になってるの?
    もう、東北には行かない方が良いよね」
    ってなっちゃいますよね

    一応、編集部がお詫びの言葉を書いてますが、
    作者からの言葉は無いんですよね?

    ほんと、昔読んでいただけに
    現在の話の内容は残念ですね

    • ほんとおかしいです。
      取材先の皆様の実体験や作者の実体験っていったいどうなってるんでしょうね?
      福島にいる人は全員こうなってるんでしょうか(笑)

  2. 開きなおったな…。
    リンクしたくないので紹介だけ。
    エイチttp://kariyatetsu.com/

  3. 何か、話は続いているから最後まで読んで!
    って事みたいですね
    でも、これまでの話の内容から
    実は・・鼻をほじりすぎて鼻血が出てました、テヘッ
    とはならないですよね
    きっと、輪をかけて酷い話になりそうな感じがします
    今、流行りの炎上商法なんでしょうね

  4. 双葉町抗議文きたこれ。
    goo.gl/094z0j

  5. どうせすぐ消されるだろうし載せとこう。
    美味しんぼの“鼻血” 双葉町が抗議
    5月7日 23時18分

    ”美味しんぼの“鼻血” 双葉町が抗議
    小学館の雑誌に連載されている漫画「美味しんぼ」(おいしんぼ)の中に、東京電力福島第一原子力発電所を訪れた主人公らが原因不明の鼻血を出す場面があり、地元の福島県双葉町が「風評被害を生じさせている」として、小学館に対して抗議文を送りました。

    双葉町が抗議したのは、先月28日に発売された「週刊ビッグコミックスピリッツ」に掲載されている、雁屋哲さん原作で花咲アキラさんが描く漫画「美味しんぼ」の内容についてです。
    主人公の新聞記者たちが東京電力福島第一原子力発電所を取材したあと、鼻血が出たり、ひどい疲労感に襲われたりする場面などが描かれているほか、双葉町の前町長が実名で登場し、「福島では同じ症状の人が大勢いますよ」と語っています。
    これについて、双葉町が7日午後5時にメールとファックスで小学館に対して抗議文を送りました。
    抗議文では、「鼻血等の症状を町役場に訴える町民が大勢いるという事実はありません」としたうえで、「復興を進める福島県全体にとって許しがたい風評被害を生じさせているほか、福島県民への差別を助長させることになる」としています。
    この漫画の表現を巡っては、小学館が今月1日付けの「スピリッツ」の公式ツイッターで「多数のご批判とご意見を頂戴致しました。お寄せ頂いた内容すべてを真摯(しんし)に受け止め、今後の誌面作りに活かしてまいります」とコメントしています。
    今回の抗議については7日夜、NHKの取材に対して「担当者がいないのでコメントできない」としています。
    福島県双葉町によりますと、双葉町には、雑誌が出たあとの先月30日から6日までに、「福島県産の農産物は買えない」とか「福島県には住めない」、「事実と異なるので小学館に抗議すべき」などの意見が、電話やメールで数十件寄せられているということです。

    「美味しんぼ」とは
    「美味しんぼ」は、「食」をテーマにした雁屋哲さん原作で、花咲アキラさんが描く人気漫画です。
    芸術家で、希代の美食家でもある海原雄山と、その息子で新聞記者の山岡士郎の、親子の確執や料理を巡るぶつかり合いなどが描かれています。
    昭和58年に漫画雑誌で連載が始まり、単行本は現在までに110巻、刊行され、累計の発行部数は1億2000万部に達しています。
    作品は、食にとどまらず、環境問題のような社会が抱える課題にも踏み込み、東日本大震災のあとは「福島の真実」と題して、原発事故による健康への影響や食品の汚染を取り上げてきましたが、その事実関係を巡って批判も受けていました。”

  6. 環境省環境保健部
    平成26年5月8日

    放射性物質対策に関する不安の声について
    http://goo.gl/ukO0M0
    東京電力福島第一原子力発電所の事故の放射線被ばくが原因で、住民に鼻血が多発しているとは考えられません。

  7. 残念で悲しい…「福島鼻血」漫画で環境政務官
    読売新聞5月8日(木)20時2分

     漫画雑誌「ビッグコミックスピリッツ」の4月28日発売号に掲載された「美味おいしんぼ」(作・雁屋哲、画・花咲アキラ)で、福島県を取材してきた登場人物が鼻血を出すなどの表現があった件について、環境省の浮島智子政務官は8日の記者会見で、「とても残念で悲しいことだ」と述べ、遺憾の意を示した。
     浮島政務官は、「福島の人も一生懸命頑張っている。言論の自由もあると思うが、風評被害対策の観点から影響を考えていただきたい」と述べた。

  8. 毎日新聞 5月9日(金)11時9分配信
    <美味しんぼ>石原環境相、鼻血描写に不快感
    石原伸晃環境相は9日の閣議後記者会見で「その描写が何を意図して、何を訴えようとしているのか全く理解できない」と不快感を示した。

  9. とうとう、国も動き出しましたね
    これだけニュースになっているんですが、
    まだ続くんですかね?
    と、言うか続けられますよね

    作者は、出版社は関係ないので、
    抗議文を送らないでって言っているみたいですが、
    出版して販売したって事は同罪なんですけどね

    まだまだ、大きな問題に発展しそうですね

    • 新しいので、とうとう「被ばくしたからですよ」ってやっちまいましたね。
      大阪の受け入れ瓦礫処理もこの被害だとか示唆する展開になってますよ。
      よくこんなもの出すなあ小学館も…

  10. 「美味しんぼ」問題:前双葉町長が批判 石原環境相発言
    毎日新聞 2014年05月10日 00時02分(最終更新 05月10日 00時51分)

  11. 人には人なりの正義があるというのに、それを悪意とか。その思考回路のほうにブルった。

    • そうですか、悪意があるのか悪意に利用されてしまったのかはわかんないけど、正義感があれば何やってもいいとは思わないですけどね。
      世の中がもしそうだったら、自分にとっての正義感原理主義者の集まりになってテロだらけになりますよ。
      こういうものは今もこれからも時系列に沿った正確な情報が必要なんだし、変な人連れてきて不正確な情報を一般化するようなのは困りますが。

  12. 福島県きたこれ。
    http://goo.gl/UtDATX
    週刊ビッグコミックスピリッツ「美味しんぼ」に関する本県の対応について

    あと、風評よりもこっちが役に立つかと。

    http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11178060/www.enecho.meti.go.jp/about/faq/009/pdf/01_64.pdf

  13. 大阪府きたこれ。
    漫画『美味しんぼ』での本府の災害廃棄物処理に関する記述について

    平成26年5月12日に発売された小学館の週刊ビックコミックスピリッツに掲載された「美味しんぼ」に
    本府の災害廃棄物処理に関連する記述がありましたが、下記のとおり、作中の記述にあるような状況
    は認められず、災害廃棄物の処理は全て安全に終了していますので改めてお知らせします。

    ”作中の記述について
「大阪で、受け入れたガレキを処理する焼却場の近くに住む住民1000人ほどを対象に、お母さんたちが調査したところ、
放射線だけの影響と断定はできませんが、眼や呼吸器系の症状が出ています。」
「鼻血、眼、のどや皮膚などに、不快な症状を訴える人が約800人もあったのです。」
    これについては、大阪市が、処理を行った焼却工場の存在する此花区役所、同保健福祉センター、此花区医師会に
確認をしましたが、処理中においても、その後においても、そのような状況は認められませんでした。
    災害廃棄物受け入れの安全性について
大阪府、大阪市が行った、災害廃棄物の広域処理は、岩手県からの要請を受け、岩手県宮古地区(宮古市、岩泉町、田野畑村)
の災害廃棄物を受け入れました。
受け入れに際しては、宮古地区において放射性物質の濃度を測定するなど安全を確認し、運搬、焼却など処理の各過程でも
空間放射線量率などを測定し安全を確認しています。
その結果各過程の空間放射線量率については全て受け入れの前後で値に変化はなく、安全に処理していることを
確認しています。”

    そもそも福島のものすら入ってないわけで、ソースが大阪おかんの会とかほんとにいい加減な漫画。

  14. 大阪府
    出版社に対する抗議について

  15. 五本木クリニックの院長ブログ
    水分子が放射線で切断されて過酸化水素になって, 鼻血の原因になるのは本当か??!!
    http://goo.gl/GvfTao

  16. 大阪市きたこれ。

    平成26年5月9日付で貴社宛に、『平成26年5月12日発売予定週刊ビッグコミックスピリッツ掲載の「美味しんぼ」の内容の一部訂正』について申し入れを行いましたが、訂正等の対応をいただけなかったため、次のとおり厳重に抗議いたします。

  17. 美味しんぼ「不安 口にできなくなると問題」

    どうせすぐ消されるはず。
    魚拓:http://goo.gl/XFKCz0

    今回のように『不安』を取り上げたことと〜、って、不安を取り上げたんじゃなくてデマらしきものを断定的に書いただけなのになんでこうなる?、と思ったらこれ ATTAC-Japan の人じゃない。
    NHK はどういう理由でわざわざ ATTAC の人に取材しにいってるん?

    公安調査庁 内外情勢の回顧と展望(平成17年1月)
    http://goo.gl/K7AykF
    第4インターて、…ぶっちゃけ新左翼やん。

  18. 「科学的にありえない」美味しんぼ鼻血描写で遠藤啓吾・京都医療科学大学長
    http://goo.gl/JAgrSm
    2014.5.12 22:40
    京都医療科学大学の遠藤啓吾学長(68)=放射線医学=の話

  19. 岩手県きたこれ

    漫画『美味しんぼ』での大阪における災害廃棄物の処理に関する記述について

  20. 美味しんぼ、休載になっちゃいましたね
    結局、最後というか、どんな風にまとまったんですかね?

    大阪市とか他の地域まで巻き込んだ割りには、
    そんな終わり方で良いの?って感じじゃないですか?

    • ん〜、正義のはずなのにやめてしまうとは…
      NHKの取材あたりから、不安を口にしてはいけないのか、表現してはいけないのか、圧力だ民主主義じゃないという流れに持っていきたかったのが見えてきたところなのになー。
      (魚拓:http://goo.gl/2vKjwS)
      これ戦線離脱?
      もっと大事になっていろんなことが周知されたらよかったのに残念。
      デマゴギーオールスター楽しい数珠つなぎ状態を期待してたです。

  21. まだ言ってますね、真性の悪意あるアホか工作員なんじゃないかな。
    「鼻血は出る」と反論=「美味しんぼ」作者、単行本刊行
    時事通信 平成27年2月2日(月)2時32分配信

この記事にコメントする

Return Top