goods and life +

about this blog

つばめが巣を作る建物と作らない建物の違いがわかる inali が書いているブログ

 

profile

某芸大を出てから流浪の民へ。
魔界都市京都からさらに流転して近くのどこかに生息中。
基本的に Mac ユーザーで、今ほぼ触れていないけどレスポールエバンジェリスト。
Mac Pro (Early 2009) の後期モデルを延命しつつ、しぶとく使っています。
気づけば古すぎてOSもアップグレードできない、OS X El Capitan で様子見中。
ごにょごにょしたら macOS High Sierra になりました。
さらにごにょごにょして macOS Mojave になりました。
楽しいギミックやら使わない新機能よりも、メモリ管理が良くなってて快適です。

あと、ライカのレンズが好き。
こういう感じの写真を撮ります。
主にご年配の方を中心として、洛中周辺での高品質なプライベートフォトをお承けしております。

 

author

icon-camera-retro I’ll shoot a lot of atmosphere.

なかの人:inali
なにもなにも ちひさきものはみなうつくし。

変な時間 + 行動が生み出す「なにか」と KeyMission
だいたい変な時間帯に「何か」がやってくる、というか出会える。
きっとこの世は通過する場所で、二度とないはずの空間や瞬間を大きくやり過ごすことばっかの繰り返しで、だいたいその時間は戻ってはこないで流れていってしまう。

できる事なら時間には縛られずに、その「なにか」をとどめたい。
そんな役割があってもいいんじゃないかという気がしてる。

Inspiration
「胸かきむしられるような何か」に魅入られています。
胸かきむしられるような感覚の根源、それは何か?、しらんけど。
そういうものの片鱗やシグナルをうまいこと捉えたいですね。

Like my work and want to support me? Do it for free :)
Whenever you go for a shopping just click on those links and buy whatever you want and I will get a small commission for it without you having to pay one single penny extra: amazon.co.jp, or rakuten.co.jp.

お金ならうなってるぜ、お前はこれを使えよ、って方は投げ銭でもしてみてください。
物好きな篤志家によって投げられた道具は使いたおして還元します。

 icon-picture-o Photography
※ブログに使ってる写真は Adobe Ps で画質を Web用に圧縮したうえに EWWW Image Optimizer プラグインで自動的に再圧縮されていて、jetpack の Photon でも再圧縮されているかもしれないし高画質ではなくて、よく見るとブロックノイズが出てたりもする程度になっていますが、これは遅くて重いかもしれないサーバからの読込みや表示時間を少しでも速くするためのつもり。

 

今まで何してたか…

いろいろとやってきたんですけど、いろんな事情でたまたまそうする以外なかっただけの道だったのかもしれない。

ちょっと前は某ショップ大賞 カテゴリーベストショップ賞を 3年連続で受賞することができたりもしましたが、スマホの時代に変わって、いよいよ瞬間的な欲求にうまく応えられるもの以外はもう作る価値がないんじゃないかなと感じています。
みんななかなかうまく先が読めずにいて、ちゃんと使用時期までのタームを考えて計画的に発注してくださるというパターンがどんどん減っている感じでした。

いかにも瞬間的な欲求化というか、気がついたらもう時間がないというか。
オーダー品なのに制作にかかる時間や、出荷から配送〜到着、入庫、検品などに必要な時間もまるで考えない、すぐないと困る、みたいな感じの大人が増えててヤバいですね。

あと、e-コマースって資本力を持ったところが後から同じジャンルに複数参入してくることも多くてやり方も同じだったり、ぶっちゃけマネやパクリでもそれは誰にも止められないし、扱う商材によっても当たり外れやら流行り廃りやら淘汰圧があってなかなかに難しいところ。

既製品への加工や販売よりも、他で手に入らないもの、もっと人に喜んでもらえるような普遍的で直接的で深い満足感のあるもの、それでいてサスティナブルなことをやりたいかなと思ってはいますけど、果たしてそんなものがまだあるのかどうかって?
モノではなくて、体験か?、その両方か。
まあ体験があって、それがカタチや恒久的なマテリアルとして残るものやろうな、知らんけど。

 

Return Top