goods and life +

法テラスに相談してみました

さて、どうしたものか…(´・ω・)y─┛

商品画像を法人の同業者に無断盗用されてる件、ちょっと法テラスに相談してみました。

法テラス http://www.houterasu.or.jp/(日本司法支援センター:国が設立した公的法人です)

なにを聞いたかというと、DMCA の件。
ここ→ ウェブ検索およびその他のすべてのプロダクトに対する著作権侵害通知のような
手続きで、Googleに著作権の侵害の申し立てが出来るようになってます。

その中の項目に、

「私は、不実記載における罰則および偽証罪の適用に関する事項を確認の上、本状に記載されている情報に偽りがなく、本状で著作権の侵害を申し立てた著作物の著作権所有者、または著作権所有者からの委託を受けた代理人であることを誓います。」

…という文章を記載し、サインするよう書いてあるわけです。

Σ(°Д°;
そこで、inali自身が「著作権の侵害を申し立てた著作物の著作権所有者」となりうるのか?
という素朴な疑問点?(ノ・ω・)ノ?が出てきたんですよね…

使用している素材そのものが、メーカーから(もっぱら商品のカタログ化やウェブでの使用のために)有償で購入したものをinaliが自分とこのサイト専用にカスタマイズして制作したものや、実際の商品をinaliが撮影して加工したものだから、この場合、無断盗用されている著作物の著作権所有者はメーカーさんなのか、それともinaliなのかってのがよくわかんないなーと思ったからです。
わかる人います?いたら教えてね!

もし100%の確度で、日本の法律ではその画像の著作権所有者はinaliですよって事だったら
さっさとGoogleにFAX出来るんですが…o(`ω´*)o

(Googleの場合FAXをアメリカに送るのでアメリカの法律での運用になっちゃうのかな?)

法テラスの相談を受けてくれた方はとても丁寧にアドバイスをくれましたが、そこではっきり
と言える事は「inaliには無断盗用されている画像の使用差し止めの請求権がある」てことです。

そこで著作権制度や関連法規により詳しいですよと紹介していただいたのが
社団法人 著作権情報センター http://www.cric.or.jp/
電話相談もあって、著作権に関する企業の実務家OBが相談を受けてくれるそうです。
は~、月曜日に電話してみるか…

てことで、著作権相談室に電話してみた

URL :
TRACKBACK URL :

この記事にコメントする

Return Top