goods and life +

Yahoo! JAPANがGoogleのシステムを利用しても変わらないもの

Yahoo! JAPANがGoogleのシステムを採用しても変わらないものって何?

Yahoo! JAPANがYahoo!検索において提供している検索エンジンと検索連動型広告システムについてグーグルのシステムを採用することを決定しましたが、提携後も変わらない部分があります。
今回の発表はアナウンスが少なく、しかも急な発表だったためか、スポンサードサーチ強化のための広告配信システム変更について妙な誤解も広がっているようですが、ちょっと要点を整理すると

いろはのイ
Yahoo! スポンサードサーチが Google のAdWords に統合されるわけではありません
なので、AdWords に出稿してもYahoo! JAPAN の検索結果に出るわけではないです。
スポンサードサーチと AdWords の間で顧客情報や営業情報の共有などもありません。

いろはのロ
Yahoo! JAPAN の広告配信システム全体がGoogle に切り替わるわけではありません。
切り替わるのは検索広告の『配信システムの部分だけ』
です。

日本語の検索において、Google Inc. の広告配信システムの方が優秀だという判断から、Yahoo! スポンサードサーチのサービスの背後で利用されている「米国Yahoo! Inc. 製の検索連動型広告配信システムの部分」を米国Google Inc.が提供するシステムへ切り替える、ということなのです。
Yahoo! JAPAN が Google の検索連動型広告配信システムを採用しても、Google の検索連動型広告が独占的に高いシェアを持つことになるわけではないです。

いろはのハ
スポンサードサーチは、Yahoo! JAPAN独自の広告配信先(提携パートナーネットワーク)を持ち、独自のサポート体制、審査基準、営業体制を保有する、グーグルの AdWords とは全く別のサービスで、検索広告の契約や掲載基準などの変更はなく、グーグル日本法人との関係も今までと変わりません。
Yahoo! スポンサードサーチは Google の提供する AdWordsとは独立したサービスとして今後もグーグルと競合しますし、広告出稿主はそれぞれのサービスをこれまでの通りに利用できます。

ディスプレイ広告と興味関心連動型広告「インタレストマッチ」については今回の変更対象に含まれません。引き続きYahoo! JAPAN 独自の配信システムを利用します。

(*´・∀・)(・∀・`*)ヘー
URL :
TRACKBACK URL :

この記事にコメントする

Return Top