goods and life +

今からでは誰も撮れない、過去という時間

良くも悪くも、ターゲットとしてまるで意図しない客層までが観光で生活圏に押し寄せる、押し寄せて大騒ぎするという狂ったような状況というものは、今は例のウイルスのせいで世界中で木っ端微塵になくなっています。

雑踏化も無人状態も、両極端なのはガチで困ったことですね。
祇園の花街にとっても、そのどちらの状況も不本意なことなのはいうまでもなくて、じゃあどうしたら元々の不本意な状況じゃない世界を取り戻せるのか、いろいろ頭を痛めていることだと思います。

ひと昔前はどんな情景だったのか?
昭和の時代の雰囲気。
溝縁ひろし先生の膨大な祇園甲部の昭和の写真からセレクトされた写真集が、3月に発売されています。
昭和48年(1973)から、昭和64年(1989)までの京都・祇園甲部の写真集です。

ごった返す観光客など写っていない、芸妓・舞妓が⾏き交う花街の日常の風景。
コロナウイルスが蔓延する以前は、弥栄会館ギオンコーナーの中に都をどりのポスターやその原画の展示と同じように、こういった時代のモノクロの写真も展示されていたりもありましたが、今はもうずっとお休みですよ。

人物だけでなく、街ごと含めての情景として捉えるドキュメンタリーというか、そこの日常の生活風景。

自分もそんなふうに静かに場所に溶け込んで、記録的な眼で、人も町の風情も描写としては町ごと含んだポートレイトみたいな感じになるようにうまくおさめてみたいという人間のうちの一人ですが、そこはもう時代も違うし今だとああいうのもなかなか撮れない、さらにそんな雰囲気でもなくなっているし、まずどうしようもないので、こういった本が出版されるのはなんかちょっと嬉しいです。
今はもう京都タワーの地下の浴場までなくなっちゃう勢いですからね。
あと、MARC RIBOUD が撮っていた京都もいいですね。

お買いもの忘れはないですか?

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


※スパム対策のため、日本語を含まない投稿は無視されます。

Return Top