goods and life +

【きてます】macOS Monterey 12.7.3、Safari 17.3、macOS Sonoma 14.3、iOS 15.8.1

OCLP を使っている Mac Pro 5,1 (Early 2009) の macOS Monterey 12.7.2 から「ソフトウェア・アップデート」を表示させてみると、macOS Sonoma 14.3 および、ほかにもアップデートがあります。が出てきました。

"ほかにもアップデートがあります。" の「詳しい情報…」の青い文字をクリックすると、このMac用のアップデートがあります。

※ 今回も前回と同じ条件で OpenCore Legacy Patcher は バージョン1.3.0 のまま、というか、まだバージョン 1.3.0 が Latest になっている状態です。

macOS Monterey 12.7.3(11.49GB)と Safari 17.3(151.5MB)が来ているので、「今すぐインストール」をクリックして普通にアップデートしておきます。
macOS Monterey 12.7.3 — 再起動が必要です
このアップデートには重要なセキュリティ修正が含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

Safari
このアップデートには重要な問題の修正およびセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222


インストールが終わってログインすると、OCLP によって、いま without Root Patches で動いてるで、パッチ当てますか?って感じで 表示されます。

OK して Root Patching を進めます。
必要なパッチがあたって再起動すると、すべてが今まで通りに動作する状態となります。

バージョン: macOS 12.7.3 (21H1015) になりました。

OCLP 開発の努力のおかげで、今回も特に問題なく動いてくれますね。

Safari 17.3のセキュリティ内容について
https://support.apple.com/en-us/HT214056

macOS Monterey 12.7.3のセキュリティ内容について
https://support.apple.com/en-us/HT214057


久しぶりに iPod touch (7th generation) に iOS 15.8.1(118.6MB) が来ています。
重要なバグ修正とセキュリティアップデートが含まれている模様。
このアップデートには重要なバグ修正とセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。
Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

ケーブルで Mac と繋いでおいて Mac側の Finder からアップデートをダウンロードして展開を行うと安定して効率がいいし、こうすることによって、ダウンロードやインストールに多少時間がかかったとしてもバッテリーなどの心配もなく無駄なトラブルも避けられます。

iOS 15.8.1、iPadOS 15.8.1のセキュリティ内容について
https://support.apple.com/en-us/HT214062

今回のアップデートで、例の YouTubeアプリの再生時の不具合なんかもしっかり治りましたね、よきよき。


Mac Pro 5,1 (Early 2009) の macOS Sonoma 環境を立ち上げてみてみます。
macOS Sonoma 14.3 (13.37GB) がきていますね。

この間と同じく、そのまま「今すぐアップデート」をクリックしてみます。
普通にダウンロードが始まります。

すると…
OpenCore Legacy Patcher は macOSアップデート 14.3 (23D56) がダウンロードされていることを検出し、post-update をお知らせしてくれます。
OKすると KDK Build 23D56 がダウンロードされます。
この post-update プロセスは終わればそのまま自動的に消えてくれます。
(Sonoma のダウンロードにはもう少し時間がかかりますので、続行されています)

macOSアップデートのダウンロード・インストールが終わったら勝手に再起動するので、ログイン画面が出るまで放置しておきます。
インストールが全部終わってログイン画面が出たらログインします。

Monterey の場合と同じように、ルートパッチ無しで実行されてるけどパッチ当てますか?、みたいな表示が OpenCore Legacy Patcher の機能によって自動的に表示されます。
OK して Root Patching を進めます。
パッチが終わったらリブート。

macOS Sonoma 14.3(23D56)になりました。
前回と同じく、Bluetooth など含め特に動作に不具合はない感じでよきよき。

macOS Sonoma 14.3のセキュリティ内容について
https://support.apple.com/en-us/HT214061



EtreCheckPro.app も 6.8.4 にバージョンアップされていますね。

相変わらず 旧シルバー Mac Pro は普通にちゃきちゃき動きますね、ありがたいことです。
既存のハードウェアをセキュアな環境で最大限に活用する持続可能なソリューション、よい感じ(しらんけど)

そんじゃあね〜…(´・ω・`)



お買いもの忘れはないですか?

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※スパム対策のため、日本語を含まない投稿は無視されます。

Return Top