goods and life +

アーカイブ : 2016年04月

今ほど川鵜を防ぐ白いロープの中のメルヘンが必要とされている時代はない

今ほど川鵜を防ぐ白いロープの中のメルヘンが必要とされている時代はない

白縄の季節(*゜▽゜*)♪ 白いものを巻くと川鵜は防げる?伝説の時期がやってきた。 こんなロープでほんとうに川鵜対策ができるのか?、知らんけど。 そういえばなぜか川鵜はみかけないけど。 ごっつい鳥も含めて自由にやっているようにしか見えないんだけど。 残ってる桜が減っても、この時期はもう昆虫も出てきてちょっと華やか。 川の方から...

デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 6.19キタ!

デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 6.19キタ!

デジカメ RAW 互換性アップデート 6.19 (*゜▽゜*)♪ ソフトウェア・アップデート デジタルカメラ RAW 互換性アップデート バージョン6.19 OS X El Capitan に以下のカメラの RAW フォーマットファイルとの互換性を追加します: ・Fujifilm X-E2S ・Fujifilm X70 ・Le...

やっぱり夏でも冷たい京の名水ありますが好き

やっぱり夏でも冷たい京の名水ありますが好き

夏でも17〜18度(´・ω・`) 夏でも冷たい京の名水「錦の水」がどこにあるかというと、錦天満宮。 錦市場のところ。 錦市場は今じゃフィレンツェのサンロレンツォ中央市場とも友好協定があったりもして。 美味しい魚最高、つっても魚屋さんは減ってる気もせんでもないけど。 天満宮といえば牛。 撫でられてテカテカの撫で牛。 錦天満宮の境...

レイジ・アゲインスト・ザ・人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し

レイジ・アゲインスト・ザ・人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し

急変もありだ(´・ω・`) 長くは続かないこの世の定理。 いろはにほへどちりぬるを…諸行無常 諸行無常(しょぎょうむじょう、パーリ語: सब्बे संखारा अनिच्चा, sabbe saṅkhārā aniccā)とは、仏教用語で、この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在...

お世話になった人に届けたいウソみたいな季節が終了

お世話になった人に届けたいウソみたいな季節が終了

枝垂桜終了やわ…(´・ω・`) ちょい用事で花見小路南側を覗いたらずっとこれ、こんな感じ。 なんじゃこれ? 奥の方に見えてる建仁寺のあたりの桜とか観ようかなと思ったけどやめた。 というか、こんなの普通に歩けないので断念(笑) ちょっとお茶を飲んでもう少し待って白川の方に行ってみると、巽橋詰まってるし(笑) でも潜り込んでみる。...

晴れときどき枝垂を見に行ったら遅すぎたでござる

晴れときどき枝垂を見に行ったら遅すぎたでござる

遅かった…(´・ω・`) そろそろ産寧坂の井和井さんと明保野亭さんの間あたりにある大きめの枝垂桜が綺麗だろうなーとか思って、夜の人混みの中をウロウロするのにも重宝する Leica D-LUX (Typ 109) を持ってお散歩に出たところ… なんだか八坂神社にクレイジーな人だかり! クレイジーな人だかり!、2回言いました。 夜...

倒置とダブルミーニングで歌ってみろ伝説

倒置とダブルミーニングで歌ってみろ伝説

花=桜は常識な(´・ω・`) 花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに 古今和歌集(巻二)春下・113、百人一首(9番)ですけど。 この歌けっこう凝ってますよね。 古典で花とだけいえば桜。 で、京都の桜もそろそろ佳境を過ぎようとしている感じかな…。 京都駅からすぐの七条あたりの川端通と鴨川の間。 あ...

不覚にも caution ではなくwarning に萌えてしまった

不覚にも caution ではなくwarning に萌えてしまった

Hello April (´・ω・`) 热烈欢迎? 平日でも普通にごった返して、異常に賑わってしまう伏見稲荷大社ですけど。 そろそろ稲荷祭のシーズン。 ところで、神社には御手水ってのがあるんですけど。 ここでわけのわかんないことをやっていると Give oneself away てことで。 そこで、こういう感じで使い方というか...

Return Top