goods and life +

inali でもわかる Ubuntu 11.04のインストールと日本語化-2

VMWare Fusion 4 で動く Ubuntu の日本語化だよ (*゜▽゜*)b

(日本語化といっても日本語環境の設定のことで、OSの中は日本語化されてるんですけどね!)
Mac の仮想環境で動かす Linux の Ubuntu 。

Ubuntu 11.04 の日本語化

インストールが終わったらの仮想マシンのライブラリから Ubuntu を立ち上げましょう。
Mac がインターネットに繋がっている状態で設定をしていきます。

ログイン

まずログイン画面ですが、まだキーボードや入力の設定などがデフォルト状態のままになっていますので、ここの入力にも最初はひと癖あります。
インストールする時に設定した自分のパスワードに数字を使っている場合、テンキー付きの Apple のアルミキーボードでは、キーボードのテンキーから数字を入力すると入らなかったりします。

その時は、テンキーのところにある clear キーを一回押してから数字を入力します。
この clear キーがなんか caps lock キーの役目になっているみたいです。
テンキーを使わず、キーボードのファンクションキーの下に並んでいる数字で入力する場合は clear キーを押す必要はありません。
この辺りの情報が出てこないので inali は焦りましたのΣ(°Д°;

時刻

ログインしたらツールバー右上にある日付と時刻のあたりをクリックして、「時刻と日付の設定」をします。
場所を日本地図に合わせて、時計やカレンダーの表示を設定できます。

言語

次に、ツールバーにある「システム」→「システム管理」から「言語サポート」を開きます。

「言語」のタブから「日本語」を選び、ドラッグして一番上にもっていきます。
「言語のインストールと削除」から言語パックをインストールすれば各言語を選択できるようになります。

下の方にあるキーボード入力に使うIMシステムがnoneになっている場合、とりあえずibusを選んでログアウトし、再度ログインします。

もう一度「システム」→「システム管理」から「言語サポート」を開きます。

「地域フォーマット」のタブから「日本語」を選び、一旦ログアウトしてログインすると有効になります。
(※「システム全体に適用」をクリックすると再起動後に有効になります。)

ここら辺で日本語での表示がされてきます。

ツールバーにある「システム」→「設定」→「キーボード・インプットメソッド」から「IBusの設定」を開きます。
「インプットメソッド」のタブを開け、インプットメソッドの選択で日本語を選び、使うIMを指定します。

※最初から日本語-Anthy というものが入っていますが、あとから Mozc などの別の IM を追加することができます。

Anthy での入力の場合

アップルのアルミキーボード(JIS)でローマ字入力する場合…
かな→英数、または、英数→かなに切り替える時は「control」+「Space」で切り替えることができます。

入力時にかなキーを押して入力すると「かな」、かなキーをもう一度押して入力すると「カナ」
更にかなキーをもう一度押して入力すると「カナ」
かな→カナ→カナ→かな、と切り替えできます。

control」+「Space」でかな→英数に切り替えて、

英数入力時に英数キーを押して入力すると「ABC」英数キーをもう一度押して入力すると「abc」
更に英数キーをもう一度押して入力すると「ABC」に戻ります。
ABC→abc→ABC、と切り替えできます。

使い慣れたアルミキーボード(JIS)のかなキー英数キーが使えるので便利ですね。

キーボード

次に、ツールバーにある「システム」→「設定」→「キーボード」→「キーボードの設定」から「レイアウト」を開きます。

ローマ字入力をする場合、「USA」を選んでおきます。ここが日本になっていると「かな」入力となります。
(inali はかな入力ができません。ローマ字入力しかした事が無いので、「かな」入力にしてしまうとあいうえおの並びがどこにあるのかわからないのでイー!ってなります)

inali の場合は、
システム→設定→キーボード→キーボードの設定→レイアウト→「USA」(ローマ字入力)
キーボードの型式(M)→ベンダー(V):アップル→型式(M)アップルのアルミ(JIS)
オプション→キーボードレイアウトのオプション→Alt/Windowsキーの挙動→Control is mapped to Win keys
という感じになります。

Alt/Windowsキーの挙動Control is mapped to Win keys を選んでおくと、
Windows や Linux での ctrl + c を、Mac のショートカットでおなじみの command + c で、
ctrl + acommand + a で、ctrl + vcommand + v で操作できます。

アップデート

Ubuntu のアップデートを行うのはとっても簡単です。

システム管理からアップデートマネジャーを開けて更新するだけで、いつでも最新の状態を保てます。

ソフトウェアのダウンロード

ツールバーの左端のマークをクリックすると、一番下に Ubuntu ソフトウェアセンターがあります。
いろんなアプリケーションが入手できて、簡単にインストールができるようになっています。
Mozc などの IM を入れる場合も、ここから探してインストールできます。

Ubuntu ソフトウェアセンターにはいろんなジャンルのアプリケーションが豊富。

Ubuntu もいろいろ使えそうですね(*゜▽゜*)b

URL :
TRACKBACK URL :

この記事にコメントする

Return Top