goods and life +

【きてました】macOS Sonoma 14.4、macOS Monterey 12.7.4、Safari 17.4、OpenCore Legacy Patcher 1.4.2

まあぶっちゃけ Apple のアップデートはちょっと前にすでに来ていたんですけどね。

ただ、OpenCore Legacy Patcher のバージョン 1.4.0 や 1.4.1 では、Mac Pro 5,1 (Early 2009) の macOS Monterey 12.7.4 アップデートでは Early 2009 に最初からついている Wi-Fi、Bluetooth の純正部品だとレガシーワイヤレスの件がまだ未解決だったので、アップデートしてしまうとネットワーク関係が死ぬ感じで、解決版の OCLP 1.4.2 が来るまでしばらく待っていたわけです。

で、やっと macOS Monterey 12.7.4(21H1123)になりました。
OCLP 1.4.2 で、ネットワーク関係の問題は無事に解決されています。
バージョン 1.4.0 や 1.4.1 だと、Wi-Fi や Bluetooth のみならず、Ethernet まで不調になる感じなので、Mac Pro 5,1 で macOS Monterey 12.7.4 にアップデートする場合には、現時点最新の OCLP 1.4.2 を使ってくださいね。

ただし、OpenCore Legacy Patcher 1.4.0 の時点であっても macOS Sonoma 14.4 だとレガシーワイヤレスの件はなんのトラブルもなくて、インストール・アップデートのあとの動作にも問題は一切ない感じ。
で、その時点でも macOS Sonoma 14.4(23E214)は正常動作していました。

もしかしたらこっちの Mac Pro 5,1 (Early 2009) には Intel の Wi-Fi を miniPCIe に突っ込んでいるからなのかもしれないし、あるいはそうではなくて、そういうことはぜんぜん関係ないのかもしれない。
そういえば、くっついたままの純正の Bluetooth もロジボの Ethernet も Sonoma だと何も問題は出なかったし、普通に使えていたし、ネットワーク関係が死ぬ問題は macOS Monterey 12.7.4 にアップデートをおこなう場合だけのことだったのかもしれない、しらんけど。

その後 Sonoma を起動すれば自動的に OCLP 1.4.1、OCLP 1.4.2 という感じで OCLP のアップデートのお知らせが逐次表示されたので、その都度 OCLP も入れ替えていて、今のところはどのバージョンでも問題は出ていないですね。

OpenCore Legacy Patcher 1.4.2

OSアップデートの方法やインストールの手順などはいつもと同じです。



で、それよりもさらにちょっと前にこっそりと iOS 15.8.2 も来ているんですけど、iOS 15.8.2 および iPadOS 15.8.2 アップデートには CVE の公開エントリはありません。
ていうか、もういい加減に新しいチップを積んだ iPodtouch の新世代を出してくれやって感じなんですけど、なんか出ないんですよねこれが。

あと、このサイトの Amazon のリンク表示が役に立たずぐるぐるしてるのは、どういうわけか先月はリンクから全く何も購入されていないゆえのイヤキチなだけなので、もし誰かが何かを購入されて着荷が完了していると自動的に元の Amazon リンクの表示に戻るんだと思います。

相変わらず 旧シルバー Mac Pro は普通にちゃきちゃき動きますね。
OpenCore Legacy Patcher の開発によって、いつも安全な最新バージョンが問題なく使えてありがたいことです。
既存のハードウェアをセキュアな環境で最大限に活用する持続可能なソリューション、よい感じ(しらんけど)

そんじゃあね〜…(´・ω・`)



お買いもの忘れはないですか?

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

海外からのスパム対策のため、日本語を含まない投稿は無視されます。

Return Top