goods and life +

【きてます】OpenCore Legacy Patcher 1.5.0

いくつかの注目すべき改善が行われている OpenCore Legacy Patcher v1.5.0 がリリースされています。
いろいろ良くなっている感じで、よきよき。

てことで、Mac Pro 5,1 (Early 2009) の macOS Sonoma 14.5 で使っている OpenCore Legacy Patcher 1.4.3 からアップデートしてみます。

1.5.0 Changelog の中身も、今までよりもかなり充実しています。

ダウンロード&インストールをクリックして進めます。



OpenCore Legacy Patcher 1.5.0 になりました。

ビルド&インストールしてリブートし、Root Patching をあててリブート。
前回と同じく、特に動作に不具合はない感じ、macOS Sonoma は Mac Pro 5,1 (Early 2009) でも軽快に動きますね、ありがたいことです。

macOS Ventura のときはイマイチだった EPSON のドライバ類もなぜか macOS Sonoma だとうまく動作する感じ。

macOS Monterey も問題なし
で、今回の OCLP v1.5.0 では従来のワイヤレス カードの WiFi ネットワークへの自動接続が機能しなくなる可能性とかいう警告もなくなったので、試しに Mac Pro 5,1 (Early 2009) の macOS Monterey の方にも同じように OCLP v1.4.2 から アップデートを適用してみました。

ダウンロード&インストールをクリックして進め、ビルド&インストールしてリブートし、Root Patching をあててリブート。

再起動しても macOS Monterey 12.7.5(21H1222) での Legacy Wireless の問題は出ませんね、よかった…
OCLP v1.4.2 から 1.4.3 にはせずに、次期バージョンをじっと待っていた甲斐がありました。

EtreCheckPro でみても、パフォーマンスは Excellent だし、べつに今どきのマックと比べても特に性能が低くて困るだとか使えないとか全然ないですね。
2D くらいがメインだと億超え画素数の RAWデータの現像や編集ももっさりすることもなくごく普通に動きます。




既存のハードウェアをセキュアな環境で最大限に活用する持続可能なソリューション、よい感じ(しらんけど)

そんじゃあね〜…(´・ω・`)


お買いもの忘れはないですか?

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

海外からのスパム対策のため、日本語を含まない投稿は無視されます。

Return Top