goods and life +

32ビット版アプリにも対応する最後のバージョンが Mojave

最後のバージョンが Mojave、二回言いました…(´・ω・`)

ぜんぶを 64ビットで動かそうっていう macOS Catalina 以降、32ビットの App は macOS との互換性がなくなります。
あたりまえだけど。
macOS Mojave は 32ビット版の App に対応する最後のバージョンの macOS で、旧シルバー Mac Pro にとっても、事実上最後の macOS 。(毎度のごとくごにょごにょしたら macOS Big Sur も動いている様子ですが)

 

もし今 32ビット版の App を使っている場合、そのアプリのデベロッパが64ビット版の提供予定を明示していない限りは迂闊には OS のアップデートはできないんだけど、機能拡張のソフトウェア・アップデートの詳細の中のチェック項目に気をつけていないと macOSアップデートを勝手にインストールされてしまうかもしれない無慈悲な仕様になっているから…。

 

このチェックを忘れずに外しておきましょう

 

 icon-check-square-o macOSアップデートをインストール
まあここのチェックを忘れずに自分で外しておきましょう、というか先に言えって感じで。

 

 icon-warning 32-bit のアプリケーションがどれだけあるだろう?
「システム情報」のサイドバーの下の方にある「ソフトウェアの項目」の中の「レガシーソフトウェア」をクリックすると、32-bit のアプリケーションが表示されます。

「システム情報」を表示するには、optionキーを押しながらメニューバーの icon-apple マークをクリックすると、一番上に項目が表示されます。

「レガシーソフトウェア」のところに表示される App は人それぞれ、何をやっているか何を使っているか個々の環境によって違うんですけどね。

 

たとえば、EIZO の ColorNavigator 7 の v7.1.0 は macOS Sierra から macOS Catalina まで対応しているんですけど、macOSCatalina では Datacolor の Spyder 4 と EIZO の EX2 が非対応になる無慈悲な罠があって、今まで使えていたキャリブレーションセンサーが使えなくなったり。
故障したり買い換えようと思っていた人以外、わざわざ使えなくなる事に特になんのメリットもないんだけど、新しいOSを使うなら買い替え時。

キャリブレーションセンサー
EIZO の CX1、EX1、EX2、DataColor の Spyder3、Spyder4、これらの製品は生産終了済みで、32-bitドライバで動作するセンサーだからもうしようがないですけど、Web上ではユーチューブやブログで Spyder4 の組織的な宣伝みたいな感じで文章や動画コンテンツでのヨイショが展開されてそのまま放置の状態なので、いまになってわざわざ Spyder4 を購入してしまう人もいるかもしれません。

inali が使っているのは EX3 で、macOS Mojave環境では普通に対応。
EX3 と Spyder5 は macOS Catalina にも後日対応予定となっており、まだ安心です。
ただ、ColorEdgeをハードウエアキャリブレーションするための専用測色センサーとして EIZO が現行で販売しているのは EX4 となります。

EX3 を購入した時と比べて、販売価格も多少安く変わっていました。
前機種からは測定精度が向上しており、測定にかかる時間も5分の1程度に短縮されているってことでいい感じです。

で、macOS Catalina まで対応しているはずの最新の ColorNavigator 7 の v7.1.0 をインストールしていても、「システム情報」の「レガシーソフトウェア」の中の EIZO Corporation の mdsubprocess、これがどうやらまだ 32-bit。
ColorNavigator は起動時の自動アップデートにチェックを入れておくと吉。

 

パス:/Library/Application Support/EIZO/ColorNavigator 7/plugins/com.eizo.framework.sensorcontrol/mac/mdsubprocess
上位プロセス:/Applications/ColorNavigator 7.app/Contents/MacOS/ColorNavigator 7

 

QuickColorMatch も同じく。

パス:/Library/Application Support/EIZO/QuickColorMatch/plugins/com.eizo.framework.sensorcontrol/mac/mdsubprocess
上位プロセス:/Applications/Quick Color Match/QuickColorMatch.app/Contents/MacOS/QuickColorMatch

 

Epson の ColorBase2.app や Imaging WorkShop、UniColor Pro.app も 32-bit。
sekonic などを使っている場合も機種によっては注意が必要。

あと永続版ライセンス製品の Adobe CS6 は64-bit に対応のはずだけど、総合的にはコンポーネントなどの中身がちぐはぐなことになってるので macOS Catalina では使えないのです。
CS6 はもう Adobe がサポートすら終了させてやってないですから、対応されないし、Lens Profile Creator のアップ機能も終了させてますから作っても無駄。

 

こんな感じで、ライセンス認証コンポーネントやインストーラーなどがすべて 32-bitになっています。
SwitchBoard、Adobe Lens Profile Creator、UpdaterStartupUtility、Adobe Application Manager.app、CS6ServiceManager.app、AAM Registration Notifier.app、AAM Updates Notifier.app、Adobe Acrobat Pro、dynamiclinkmediaserver.app、Adobe Extension Manager CS6、AdobeIPCBroker.app、adobe_licutil.app、dynamiclinkmanager.app、Akamai NetSession なども 32-bit です。

 

 

古いバージョンがインストールされている Mac を macOS Catalina にアップデートした場合、アップデート後にはアプリケーションの再インストールやアクティベーションができなくなるどころか、アンインストーラーすら機能しなくなる無慈悲さ。

アンインストーラーで削除する場合はアップデートする前に行う必要があり、アップデート後に古いバージョンをアンインストールする場合は、インストールレコードを削除する Creative Cloud Cleaner Tool を使用する必要があるので、だったらそもそもとして現行の CC が入ってないとダメだろうし、面倒ですね。

macOS Catalina にアップデートしてもそこで走らせる仮想環境で PsCS は動くだろうけど、年々大きくなっていく状況にある写真のデータなどをわざわざ GPUを叩けない仕組みの仮想環境でとか、そんな馬鹿馬鹿しい事をするとか普通に有りえんですしね。

以前、Adobe CS6 を使っている環境に Leica D-Lux で貰った Lr 5製品版やら、CC の試用版を入れたところ、ライセンス認証コンポーネントの類が新しい方のものを読み込むのか、何かにぶつかるのか、試用後の旧バージョンの PhotoshopCS6 の挙動が激しくおかしくなったことがあります。
Adobe Photoshop Elements 2020 の試用版ではこういった問題は起こりませんでしたが。

(ちなみに Adobe Photoshop Elements 2020 も CameraRaw の最新のものがどうなのか試しておきたいがために試用してみたんですけど、キャリブレーションの処理のバージョンは新しくなってそこはある部分良くなってるのだろうけど、肝心の編集機能が誰向けなのよって方向になっていて、とてもプロが使うものではないというかファミリー層向け。
単に処理のバージョンの違いによるところに関して、体験版で確かめたかっただけのことなんですが。

以前、Adobe Photoshop Lightroom 5 の UI の作りや動作、それに起因する作業のやりにくさ、製品のスペックと関係ないところの使い心地に対する違和感に閉口してしていた自分が Photoshop Elements に耐えられるわけもなく。
それでももし、Elementsでも使われる Camera Raw のプロセスバージョンの具合がすごくよくなっていて、現行のプロセスバージョン5 と CS6 までの 2012(これが実はプロセスバージョン3にあたる)の間に、実感として埋められないような差があるのならば、Elements と違ってまともに使いやすい Ps のお布施サブスクリプションコースも有りかな、とも考えたのですが。)

 

 

仕事環境として出来上がってる人はむやみなOSのアップグレードはやめておいて様子見、新しいハードの人はどんどん新しいソフトを使ってバグ発見したり潰したりしてみんなに貢献していただけると幸いです。
要するに、つまるところ人柱。

いまさらだけどね…(´・ω・`)

お買いもの忘れはないですか?

この記事にコメントする

Return Top