goods and life +

32ビット版アプリにも対応する最後のバージョンが macOS Mojave

最後のバージョンが macOS Mojave。
2回言いました…(´・ω・`)

ぜんぶを 64ビットで動かそうっていう macOS Catalina 以降、32ビットの App は macOS との互換性がなくなります。
あたりまえだけど。
macOS Mojave は 32ビット版の App に対応する最後のバージョンの macOS で、旧シルバー Mac Pro にとっても、事実上最後の macOS 。(毎度のごとくごにょごにょしたら macOS Big Sur もすでに wi-fi 以外動いている様子ですが)

 

もし今 32ビット版の App を使っている場合、そのアプリのデベロッパが 64ビット版の提供予定を明示していない限りは迂闊には OS のアップデートはできないんだけど、機能拡張のソフトウェア・アップデートの詳細の中のチェック項目に気をつけていないと macOSアップデートを勝手にインストールされてしまうかもしれない無慈悲な仕様になっているから…。

 

このチェックを忘れずに外しておきましょう

 

 icon-check-square-o macOSアップデートをインストール
まあここのチェックを忘れずに自分で外しておきましょう、というか先に言えって感じで。

 

どうやら OS の方向性がどこ向けサービス?て感じなためか、あまり人気があるようにはみえないけど。
放っておけば、意図せずに OS アップデートで入ってしまうかもしれない。

macOSCatalina

80円しか入ってないのは秘密だけど、OS はお金取らないからなあ…。

 

 icon-warning 32-bit のアプリケーションがどれだけあるだろう?
「システム情報」のサイドバーの下の方にある「ソフトウェアの項目」の中の「レガシーソフトウェア」をクリックすると、32-bit のアプリケーションが表示されます。

「システム情報」を表示するには、optionキーを押しながらメニューバーの icon-apple マークをクリックすると、一番上に項目が表示されます。

「レガシーソフトウェア」のところに表示される App は人それぞれ、何をやっているか何を使っているか個々の環境によって違うんですけどね。

 

32-bitドライバで動作するハードも使えなくなる。
たとえば、EIZO の ColorNavigator 7 の v7.1.0 は macOS Sierra から macOS Catalina まで対応しているんですけど、macOSCatalina では Datacolor の Spyder 4 と EIZO の EX2 が非対応になる無慈悲な罠があって、今まで使えていたキャリブレーションセンサーが使えなくなったり。
故障したり買い換えようと思っていた人以外、わざわざ使えなくなる事に特になんのメリットもないんだけど、新しい OS を使うのなら買い替え時です。

キャリブレーションセンサー
EIZO の CX1、EX1、EX2、DataColor の Spyder3、Spyder4、これらの製品は生産終了済みで、32-bitドライバで動作するセンサーだからもうしようがないですけど、Web上ではユーチューブやブログで Spyder4 の組織的な宣伝みたいな感じで文章や動画コンテンツでのヨイショが展開されてそのまま放置の状態なので、いまになってわざわざ Spyder4 を購入してしまう人もいるかもしれません。

inali が使っているのは EX3 で、macOS Mojave環境に対応。
EX3 と Spyder5 は macOS Catalina にも後日対応予定となっており、まだ安心です。
ていうか、ぶっちゃけ Macのシステム側から見たら、繋がれた EIZO の EX3は USB Device: Datacolor Spyder5 となっていて、Spyder5 そのものなんですよね。(笑)
ただ、ColorEdge をハードウエアキャリブレーションするための専用測色センサーとして EIZO が現行で販売しているのは EX4 となります。

 

 

EX3 を購入した時と比べて、販売価格も多少安く変わっていました。
前機種からは測定精度が向上しており、測定にかかる時間も5分の1程度に短縮されているってことで、いい感じです。
ただし、EX4 は ColorEdge をキャリブレーションするための専用測色センサーなだけあって、ColorNavigator 7、Quick Color Match専用品なので、Datacolor 社製の Spyder ソフトウェアには対応していません。
それと、環境光測定はできません、あとグレイバランスを調整できません。

それに対応しているのはこちら、SpyderX Pro と Elite はどちらも3段階の環境光調整を行う機能も備えています。

 

 

で、macOS Catalina まで対応しているはずの最新の ColorNavigator 7 の v7.1.0 をインストールしていても、「システム情報」の「レガシーソフトウェア」の中の EIZO Corporation の mdsubprocess、これがどうやらまだ 32-bit。
ColorNavigator は起動時の自動アップデートにチェックを入れておくと吉。

パス:/Library/Application Support/EIZO/ColorNavigator 7/plugins/com.eizo.framework.sensorcontrol/mac/mdsubprocess
上位プロセス:/Applications/ColorNavigator 7.app/Contents/MacOS/ColorNavigator 7

QuickColorMatch も同じく。

パス:/Library/Application Support/EIZO/QuickColorMatch/plugins/com.eizo.framework.sensorcontrol/mac/mdsubprocess
上位プロセス:/Applications/Quick Color Match/QuickColorMatch.app/Contents/MacOS/QuickColorMatch

 

Epson の ColorBase2.app や Imaging WorkShop、UniColor Pro.app も 32-bit。
sekonic を使っている場合も、機種によっては対応への注意が必要です。

 

Adobe CS6 も使えなくなる
あと、永続版ライセンス製品の Adobe CS6 は 64-bit に対応のはずだけど、CS は総合的にはコンポーネントなどの中身がちぐはぐな混ぜ混ぜになっているので macOS Catalina では使えないのです。
動作するバイナリーを完全に分けておいて欲しかったですねえ。
CS6 はもう Adobe がサポートすら終了させてやってないですから、対応もされないし、Lens Profile Creator のアップ機能も終了させており、内部では継続するというアナウンスだけど、いままでもそういろんなレンズが対応されてきたかのというと別にそうでもないし、実質は休止なのでしょうね。

 

※こんな感じで、ライセンス認証コンポーネントやインストーラーなどがすべて 32-bitになっています。
(SwitchBoard、Adobe Lens Profile Creator、UpdaterStartupUtility、Adobe Application Manager.app、CS6ServiceManager.app、AAM Registration Notifier.app、AAM Updates Notifier.app、Adobe Acrobat Pro、dynamiclinkmediaserver.app、Adobe Extension Manager CS6、AdobeIPCBroker.app、adobe_licutil.app、dynamiclinkmanager.app、Akamai NetSession なども 32-bit です。)

 

 

やってまったら後の復旧も面倒です。
古いバージョンがインストールされている Mac を macOS Catalina にアップデートした場合、アップデート後にはアプリケーションの再インストールやアクティベーションができなくなるどころか、アンインストーラーすら機能しなくなる無慈悲さ。

アンインストーラーで削除する場合はアップデートする前に行う必要があり、アップデート後に古いバージョンをアンインストールする場合は、インストールレコードを削除する Creative Cloud Cleaner Tool を使用する必要があるので、だったらそもそもとして現行の CC が入ってないとダメだろうし、面倒ですね。

 

仮想環境で動いたってダメです
macOS Catalina にアップデートしてもそこで走らせる仮想環境で CS は動くだろうけど、CPU計算 しか食わないイラレならともかく、年々大きく重く、処理にかかるリソースが必要になっていく状況にある写真のデータのごにょごにょなどをわざわざ GPU を叩けない仕組みの仮想環境でとか、そんな馬鹿馬鹿しい事をわざわざやるとか普通に有りえんですしね。
十分なメモリと性能の良い GPU と速い CPU と、メモリ展開が足らん場合にできるだけスピードを落とさない速度で動く仮想メモリがフルに使える専用ハードが必要なくらいの Ps を仮想環境で動かすとかないです。

 

バージョン違いの混在も好ましくない
以前、Adobe CS6 を使っている環境に Leica D-Lux で貰った Lr 5製品版やら、CC の試用版を入れたところ、ライセンス認証コンポーネントの類が新しい方のものを読み込むのか、何かにぶつかるのか、試用後の旧バージョンの PhotoshopCS6 の挙動が激しくおかしくなったことがあります。
Adobe Photoshop Elements 2020 の試用版ではこういった問題は起こりませんでしたが。

 

ちなみに Adobe Photoshop Elements 2020 も CameraRaw の最新のものがどうなのか試しておきたいがために試用してみたんですけど、キャリブレーションの処理のバージョンは新しくなってそこはある部分良くなってるのだろうけど、肝心の編集機能が誰向けなのよって方向になっていて、とてもプロが使うものではないというかやはり元々ファミリー層向け製品、単に処理のバージョンの違いによるところに関して、体験版で確かめたかっただけのことなんですが。

Adobe Photoshop Lightroom 5 の UI の作りや動作、それに起因する作業のやりにくさ、製品のスペックと関係ないところの使い心地に対する違和感に閉口してしていた自分が Photoshop Elements に耐えられるわけもなく。
これはビューワーなのか編集なのかプリセットでポンのお遊び道具なのか?って感じで。
もともと、Bridge と Ps とサードパーティのもので事足りるんですよね、サードパーティの編集ソフトもピンキリで、使っても納得いかないのも多いですけど。

それでももし、Elementsでも使われる Camera Raw のプロセスバージョンの具合がすごくよくなっていて、現行のプロセスバージョン5 と CS6 までの 2012(これが実はプロセスバージョン3にあたる)の間に、実感として埋められないような差があって、作業プロセスがぐんと楽になる部分ができるのならば、Elements と違ってまともに使いやすく、レイヤーの扱いも洗練されている Ps のお布施サブスクリプションコースも有りかな、とも考えたのですが。

 

できればもう脱 Adobe したい
最近はできることなら Adobe 依存をやめたいと考えていて、ただ単に、じゃあこれを使えば完全に代わりになるよってソフトが存在しないだけ。いろいろあるけど、どれもこれも Ps と比べたら使いにくい、あれがない、これはいらんって感じなのが実際のところ。
編集面では似たようなことができるものはたくさんあるけど、肝心なところがわりと抜けてたりするんですよね。
Ps がなくても他の編集ソフトのハブになる母艦になるような代わりが現実にはまだないってだけの依存です。

箒をまたいで空を飛ぶ合成写真の婆さんとか、霞がとれるだとか、だいたいあのあたりの頃からの Adobe のノリやら方向性がもう生理的にアレになってきたのかもしれない。
どちらかというと、ユーザーの多いモバイルデバイスのライトユーザーをメインターゲットにシフトしたいんじゃないでしょうか?
iPadなんかでちょちょっと色味を変えたり、切ったり貼ったり消したりプリセット当てたりしてポン、みたいな方に力入れたいんじゃないでしょうか。
それと比べたらハイエンドのデスクトップ機で自分やクライアントの目的に沿ったものにするためだけに調整する人は圧倒的に少数派なんでしょうし、旨味がないと言うか。
実際に対象ユーザーも今までとは違ってきているのかもしれませんね、知らんけど。

まあそんなことより、画像処理でやることはほとんど決まってるんだから、速さにつながってくる正確な作業のやりやすさやを求めてしまう。
スライダーなどを動かすのにマウスや指などではなく専用のキーボードや卓の別体ハードで、たとえばボリューム調整を動かしながらも画面は見たままで、加えている微細な変化をリニアに見極められるような、そういうものの方が欲しいんですよね。
キーバインドのショートカットだけでなくて、そういうものもやれば作れると思うんですがマーケットが小さいんでしょうね。

 

 

仕事環境として、ワークフローも出来上がってる人はむやみなOSのアップグレードはやめておいて様子見、新しいハードの人はどんどん新しいソフトを使ってバグを発見したり潰したり、あそこのパネルやタブにあったはずのあれはどこに行ったんかとか、くだらないことで悩んで探したり見つけたりしてみんなに貢献していただけると幸いです。
要するに、つまるところ人柱。

いまさらだけどね…(´・ω・`)

お買いもの忘れはないですか?

*
*
* (公開されません)

Return Top