goods and life +

Photoshop または Lightroom の旧バージョンを所有している場合

DNG Converter の毎度の更新はありがたいのです(´・ω・`)

デジタルカメラで撮影された写真の RAW 現像を行なうのに、画像編集ソフトの最新バージョンを追いかけ続ける必要があるのか、ないのか?
…しらんけど。


Photoshop または Lightroom の旧バージョンを所有している場合
最新のカメラサポートを入手するだけの目的で Photoshop または Lightroom の新しいバージョンを購入する必要はありません。

アドビでは、Adobe DNG Converter を介して、Photoshop CS、CS2、CS3、CS4、CS5 および CS6 ならびに Lightroom 1、2、3、4、5 に対する最新のカメラの後方互換性を無償で提供します。このツールを使用することで、カメラ固有の RAW ファイルをサポート対象カメラから、さらに汎用性の高い DNG RAW ファイルまでに簡単に変換することができます。

Photoshop または Lightroom がカメラをサポートしていない

Adobe Digital Negative Converter
カメラ固有の RAW ファイルを汎用的な dng 形式に変換し、旧バージョンの Photoshop、Lightroom、Bridge、After Effects、Photoshop Elements で使用できるように下位互換性が提供されています。
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/adobe-dng-converter.html

 

かもしれない論
生データとなったものの撮影条件や結果は一枚一枚違うかもしれないし、インプットの条件がそもそもぜんぶ違っているかもしれない。
フィルムの場合は特性を持たせたものの有機感光なので、基本、物理的にベースは出たとこだけど、実際は焼き方で色々変わってくるし意図をもって作品として整えていく部分だってあるかもしれない。

デジカメが作るJPEGは、センサーが捉えた生データをボディ内に内蔵された小さなチップが、時間をかけたらダメ、次の撮影に間に合わない、電池を食ったらダメ、すぐ電池なくなるからっていう厳しい制約の中でサクッと加工してさらに圧縮して8bitにしたもので、それが優秀だったりするが、撮って出しといってもそれはもういろいろと加工された末のものなので、JPEG と RAW を見比べた時に、あれ?って思うこともあるだろうし。

いくら下ごしらえや味付け、調理自慢のメーカーのエンジンといっても、いつも大正解の思った通りだったのかというと、ときに何かクリエイティブなエンハンスや補正や、もっとローレベルな修正が必要になることやらあるかもしれない。
あと記憶色やら印象色やら一般的な平均的な思い込みの無意識な縛りから一旦離れて、自分の脳指紋とパラメータを擦り合わせてみることによって、二重像が合致するようなデライトな気づきがあるかもしれない。

1ピクセルに対して 14bit や16bit の分解能の生データに人がアクセスして整えるんじゃ…(´・ω・`)

お買いもの忘れはないですか?

この記事にコメントする

Return Top