goods and life +

Photoshop または Lightroom の旧バージョンを所有している場合

DNG Converter
毎度の更新はありがたい(´・ω・`)

デジタルカメラで撮影された写真の RAW 現像を行なうのに、画像編集ソフトの最新バージョンを追いかけ続ける必要があるのか、ないのか?
…しらんけど。


Photoshop または Lightroom の旧バージョンを所有している場合
最新のカメラサポートを入手するだけの目的で Photoshop または Lightroom の新しいバージョンを購入する必要はありません。

アドビでは、Adobe DNG Converter を介して、Photoshop CS、CS2、CS3、CS4、CS5 および CS6 ならびに Lightroom 1、2、3、4、5 に対する最新のカメラの後方互換性を無償で提供します。このツールを使用することで、カメラ固有の RAW ファイルをサポート対象カメラから、さらに汎用性の高い DNG RAW ファイルまでに簡単に変換することができます。

Photoshop または Lightroom がカメラをサポートしていない

Adobe Digital Negative Converter
カメラ固有の RAW ファイルを汎用的な dng 形式に変換し、旧バージョンの Photoshop、Lightroom、Bridge、After Effects、Photoshop Elements で使用できるように下位互換性が提供されています。
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/adobe-dng-converter.html

※『旧バージョンの Photoshop、Lightroom、Bridge、After Effects、Photoshop Elements で使用できるように下位互換性が提供されています』、『最新のカメラサポートを入手するだけの目的で Photoshop または Lightroom の新しいバージョンを購入する必要はありません』、とはいうものの、ここ最近の Adobe DNG Converter のシステム要求は macOS 10.13-10.15 となっています。
最低限が High Sierra ってことで、いつまでも古い OS を使っていると実質使えないです。

 

最新の Adobe Digital Negative Converter はカメラやスマホの新機種が出たあとしばらくしたら更新されているのが普通なので、適宜自分でダウンロードして使います。

Adobe Digital Negative Converter

 

最新機種のカメラのメーカー独自形式の RAW を DNG に変換することにより、サポートの終了した永続ライセンス版の CS6 の Camera Raw 9.1.1 でも開くことができます。
※ただし、だからといって、Camera Raw 9.1.1 で最新の Camera Raw プロセスバージョンが使えるようになるわけではないのです。

 

プロセスバージョンとはなにか?
Camera Raw プロセスバージョン

https://helpx.adobe.com/jp/camera-raw/using/process-versions.html
プロセスバージョンは、写真の補正とレンダリングをおこなうために Camera Raw で使用するテクノロジーです。使用するプロセスバージョンに応じて、「基本補正」タブの使用時および部分補正の実行時に利用できるオプションおよび設定が異なります。

プロセスバージョン 1(2003)
Camera Raw 5.x 以前で使用されていたオリジナルの処理エンジンです。

プロセスバージョン 2(2010)
Camera Raw 6 で編集される画像には、初期設定で PV2 が使用されていました。PV2 では、以前のプロセスバージョン 1 に比べて、シャープさが増し、ノイズが軽減されています。

プロセスバージョン 3(2012)
Camera Raw 7 で初めて編集される画像には、プロセスバージョン 3 が使用されます。PV3 には、コントラストの強い画像に対応した新しいトーンコントロールおよびトーンマッピングのアルゴリズムが導入されています。PV3 を使用すると、基本補正パネルでハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベル、露光量およびコントラストを調整できます。ホワイトバランス(色温度と色かぶり)、ハイライト、シャドウ、ノイズ、モアレに部分補正を適用することもできます。

プロセスバージョン 4
Camera Raw 10 で初めて編集される画像には、プロセスバージョン 4 が使用されます。PV4 では、範囲マスク機能のサポートが追加され、画像ノイズをより適切に処理する自動マスクが改善されています。PV3(2012)画像は、自動マスク調整が適用されていない場合に、自動的に PV4 にアップグレードされます。

プロセスバージョン 5
Camera Raw 11 で編集された新しい画像は、プロセスバージョン 5 を使用します。PV5 では、高 ISO レンダリングが改善され、低照度画像のシャドウに表示される場合があるパープルの色かぶりを除去しやすくなりました。また、PV5 には改善されたかすみの除去スライダーがあります。これにより、かすみの除去スライダーを左に移動することで、クリエイティブな理由によるかすみの追加も簡単にできます。

Camera Raw 9.1.1

ってわけで、Adobe DNG Converter により、カメラメーカー固有の RAW から dng に変換して、永続ライセンス版の CS6 の Camera Raw 9.1.1 で開くことができる状態になったとしても、プロセスバージョン 3(2012) を使った調整となります。

RAW 現像はそこで行える基本的な部分のみにできるだけとどめておいて、シャープネスやコントラスト系の微調整の部分は、より高度なきめ細かいパート分解で調整が行える外部のフォトエディタに渡して連携した方がいいとおもいます。

ちなみに Leica のデジタルの場合は、パナライカ系列と X2 をのぞいて、はじめから撮影データが DNG形式で記録される仕様のカメラなので、DNG Converter は使いません。

あと、最近の Camera Raw プラグインの最新版(これを使うには最新の CC が必要)と macOS 10.15 (macOS Catalina) を使う環境において、ようやく外部 GPU(eGPU)をサポートするようになり、そういうセッティングで使った場合、「ディテールの強化」の処理が高速化しました。

しかし、魔改造 Mac Pro (Early 2009)以降の箱型 MacPro で NVMExpress 運用し、macOS 10.13 High Sierra 環境にして最新の nVIDIA GPU カードと CUDA を使い、永続ライセンス版の Ps CS6 を運用する、あるいは macOS 10.14 Mojave を OS に使い、Radeon RX 580 を積んで永続ライセンス版の Ps CS6 を運用する方が、eGPU よりも処理速度はもっと速いということになります。
これは、Thunderbolt 3 よりも Mac Pro (Early 2009)以降の箱型 MacPro の Slot-1 の PCIeレーン幅 x16 の方が速いためです。

仮想メモリとして割り当てる部分の NVMExpress のフォーマットは Apple_HFS でないとダメです。
これは、CS の時代には Apple_APFS は存在していないためです。
あと、PCIe の GPU の VRAM(総量)が 8GB あったとしても、Ps CS6 の OpenGL メモリとしてはそもそも 2047 MB しか使われていません。

 

かもしれない論
生データとなったものの撮影条件や結果は一枚一枚違うかもしれないし、インプットの条件が元からぜんぶ違っているかもしれない。
フィルムの場合は特性を持たせたものの有機感光なので、基本、物理的にベースは出たとこだけど、実際は焼き方で色々変わってくるし意図をもって作品として整えていく部分だってあるかもしれない。
決まったビジョンがあるなら、そもそも着せ替えプリセットでは話が合わないかもしれない。

デジカメが作るJPEGは、センサーが捉えた生データをボディ内に内蔵された小さなチップが、時間をかけたらダメ、次の撮影に間に合わない、電池を食ったらダメ、すぐ電池なくなるからっていう厳しい制約の中でサクッと加工してさらに圧縮して8bitにしたもので、それが優秀だったりするが、撮って出しといってもそれはもういろいろと加工された末のものなので、JPEG と RAW を見比べた時に、あれ?って思うこともあるだろうし。

いくら下ごしらえや味付け、調理自慢のメーカーのエンジンといっても、いつも大正解の思った通りだったのかというと、ときに何かクリエイティブなエンハンスや補正や、もっとローレベルな修正が必要になることやらあるかもしれない。
あと記憶色やら印象色やら一般的な平均的な思い込みの無意識な縛りから一旦離れて、自分の脳指紋とパラメータを擦り合わせてみることによって、二重像が合致するようなデライトな気づきがあるかもしれない。

1ピクセルに対して 14bit の分解能の生データに人がアクセスして整えるんじゃ…(´・ω・`)

お買いもの忘れはないですか?

*
*
* (公開されません)

Return Top